年末が近づくにつれて、「そろそろ大掃除を始めないと」と考える人も多いことでしょう。その一方で、掃除機・雑巾など普段の掃除グッズではなかなか取れない汚れに悩む方もいると思います。普段ではなかなか手の回らない場所を掃除する際、お掃除グッズや専用の洗剤を使うと便利です。

今回は、人気の掃除グッズや洗剤を紹介しましょう。

  1. 家中に使える便利な洗剤や掃除グッズ
  2. キッチン掃除におすすめのグッズ
  3. 浴室掃除におすすめのグッズ
  4. トイレ掃除のおすすめグッズ
  5. 網戸やベランダなどの掃除におすすめグッズ
  6. ​汚れ防止のおすすめグッズ
  7. 掃除のおすすめグッズに関するよくある質問

この記事を読めば、大掃除をスムーズに行うためのグッズが見つかるでしょう。落ちにくい汚れや普段あまり掃除ができない場所の汚れを落とすグッズを探している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


「汚部屋(おべや)を何とかしたいが、方法が分からない」「汚部屋を片付けようと何度もがんばったが、いつも途中で挫折する」と悩んでいる人はいませんか? 床が見えないほどものやゴミが散らかった「汚部屋」を片付けるには、手順が大切です。

今回は、汚部屋を片付ける手順や方法を紹介しましょう。

  1. 汚部屋を片付ける手順が重要な理由
  2. 汚部屋の片付けをする前の準備
  3. 汚部屋の片付け手順その1:明らかなゴミを捨てる
  4. 汚部屋の片付け手順その2:不用品と必要なものを仕分けする
  5. 汚部屋の片付け手順その3:必要なものだけ収納して掃除をする
  6. ゴミの捨て方で悩んだ場合は業者に依頼する
  7. 汚部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読めば、汚部屋をキレイにするやり方がよく分かります。汚部屋を何とかして片付けたいと思っている人は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


「トイレブラシにカビが生えて困っているので、簡単に除去する方法を知りたい」とお考えでしょうか? トイレブラシにカビが生えると、見た目が悪いだけでなく臭いも気になりますよね。実は、トイレブラシのカビを放置すると、健康被害をもたらす可能性があるので注意が必要です。トイレブラシにカビが生えているのを発見したら、できるだけ早く除去するようにしましょう。しかし、どんな方法で除去すればいいのか、予防するにはどんな点に気を付けるべきかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、トイレブラシのカビについて詳しく解説します。

  1. トイレブラシのカビを放置する危険性
  2. トイレブラシのカビを取り除く方法
  3. トイレブラシのカビを予防する方法
  4. おすすめのトイレブラシを5つ紹介
  5. トイレブラシを使わないという選択もある
  6. トイレブラシのカビに関するよくある質問

この記事を読むことで、トイレブラシのカビ対策がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


寒くなると、着る毛布が大活躍します。その一方で、「着る毛布の洗濯方法を知りたい」「洗濯で風合いを保つコツが分からない」とお考えの方もいるのではないでしょうか。自己流で着る毛布を洗濯して、ゴワゴワしたり保温性が落ちてしまったりしては困りますよね。そこで、今回は、着る毛布の洗濯方法を詳しく解説しましょう。

  1. 着る毛布とはどんなもの?
  2. 着る毛布は洗濯が必要
  3. 着る毛布を洗濯する方法
  4. 着る毛布の上手な使い方
  5. 着る毛布の洗濯についてよくある質問

この記事を読むことで、着る毛布の洗濯方法についてよく分かり、上手に洗うことができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

続きを読む


食器の油汚れは、なかなかきれいに落ちないのでうんざりしますよね。実は「食事のあと片付け」「食器洗い」は、嫌いな家事トップ3に入るのです。特に、カレーやシチュー、パスタやフライなど皆が大好きなメニューは、食器に油汚れが残ります。家族が喜ぶメニューでも、食後に食器洗いをすることを考えると、作るのも億劫になるものです。

そこで、油汚れを素早くきれいに落とす方法をご紹介します。

  1. 食器の油汚れについて
  2. 食器の油汚れを取る方法
  3. 落ちにくい油汚れについて
  4. 食器の油汚れをナチュラルな洗剤で落とす
  5. 食器の油汚れに関するよくある質問

この記事を読んでいただければ、食後の食器洗いが確実に楽になります。ぜひお役立てください。

続きを読む


「キッチンのぬめりを何とかしたい」「キレイに掃除する方法を知りたい」とお考えではないでしょうか? キッチンは、調理をする場所ですから、常にキレイで清潔な状態にしておきたいですよね。そのためにも、ぬめり掃除や対策をしっかりしておく必要があります。

今回は、キッチンのぬめりの掃除方法や予防するコツなどを詳しく解説しましょう。

  1. キッチンのぬめりの正体や原因
  2. キッチンのぬめりを取る方法
  3. キッチンのぬめりを防止する方法
  4. キッチンのぬめりに関するよくある質問

この記事を読むことで、キッチンのぬめりの正体についてよく分かり、効率よく掃除・予防ができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

※この記事は約5分で読むことができます。

続きを読む


重曹は、洗濯に使うことができます。重曹には黄ばみや臭いを取り除く効果があり、衣類を柔らかくする作用も期待できるのがメリットです。重曹を使った洗濯方法を覚えておき、普段の洗濯に役立ててください。

本記事では、重曹を使った洗濯方法についてご紹介します。

  1. 洗濯にも重曹を使う
  2. 重曹を使った洗濯方法
  3. 重曹を使った洗濯の注意点
  4. 重曹を使った洗濯でよくある質問

この記事を読むことで、重曹を使った洗濯方法についてよく分かります。重曹は掃除以外にも使うことできる便利なアイテムです。洗濯に応用する方法を覚えておきましょう。

※この記事は約4分で読むことができます。

続きを読む


キッチン(台所)は、ゴミ箱・排水口・冷蔵庫などから嫌な臭いがすることがあるため、きちんと対策を整えることが大切です。キッチンの不快な臭いが家に広がる前に、臭いの原因や解消方法を覚えておきましょう。

本記事では、キッチンの臭いについてご紹介します。

  1. キッチンの臭いは何が原因?
  2. キッチンの臭いを解消するには?
  3. キッチンの臭いを予防する方法
  4. キッチンの臭いに関するQ&A

この記事を読むことで、キッチンの臭いについてよく分かります。解消方法と併せ、 臭いの予防方法も覚えておきましょう。

※この記事は約7分で読むことができます。

1.キッチンの臭いは何が原因?

キッチンの臭いは、何が原因となって起こるのでしょうか? 原因と併せ、掃除の必要性について考えていきます。

1-1.キッチンのいろいろなところに原因がある

1-1-1.生ゴミ

生ゴミは腐敗しやすく、悪臭の原因になりやすいものです。生ゴミから出た水分がゴミ箱の中に残り、臭いがこもる場合もあります。生ゴミは水分をしっかりきってから密閉し、こまめに捨てるようにしましょう。水分が付着した場合は、すぐに拭き取って残さないことが大切です。

1-1-2.排水口

排水口は、食品カスや油分などが付着するため、ぬめりやカビなどが繁殖しやすい場所です。見える部分だけでなく、排水口の奥に汚れが残っている場合もあるでしょう。歯ブラシなどを使い、奥までしっかり掃除するのがポイントです。つまりがある場合も汚水が逆流しやすく、悪臭が広がってしまうので注意してください。

1-1-3.冷蔵庫

冷蔵庫に長期保管している食品の腐敗や、液漏れの付着は、庫内で悪臭が発生する原因です。庫内の整理整頓・掃除・除菌を行いましょう。臭いが強い食品は密閉して保管するなど、収納方法も見直してください。

1-1-4.魚焼きグリル

魚焼きグリルには、生臭さが残ります。魚から出る油分も付着するため、使用後は取り外して隅々まで洗うようにしましょう。洗っても臭いが残る場合は、クエン酸やレモン汁などで拭き取れば、臭いが和らぎます。ただし、酸性の液体が網に付着したままだとサビが起こるため、水拭きで仕上げてください。拭き取った後、5分程度空焚(だ)きするといいでしょう。

1-1-5.電子レンジ

電子レンジの使用中は、食品が飛散することがあります。汚れを放置してしまうと悪臭になるため、使用したら掃除をするという習慣を持つことが大切です。水で濡(ぬ)らして絞った雑巾を庫内で1分ほど温め、汚れを柔らかくして拭き取れば、臭いと汚れをすっきり取り除くことができます。

1-1-6.油汚れ

ガスコンロ周辺だけでなく、油汚れは油煙とともにキッチン全体へ広がるものです。油汚れは、ベタつきや臭いを引き起こすため、こまめに掃除をするようにしましょう。調理直後なら、汚れがまだ柔らかく、落としやすい状態です。使ったら壁・ガスコンロ・流し台などをさっと拭き取る習慣を持ち、汚れの定着を防ぐようにしてください。

1-2.一番気になるのが排水口

排水口は複雑な構造になっているため、汚れや食品カスが残りやすい場所です。排水口の臭いは、パイプのつまり・排水トラップの水不足・椀(わん)トラップの取りつけミスなどが主な原因でしょう。排水口の構造は、排水口から排水ホースが伸び、シンク下を経由して下水道へ流れるようになっています。まれに、シンク下の排水ホースと床下をつなぐ連結部分にすき間があり、臭いが漏れているケースもあるものです。排水カバーがしっかり固定されていない場合、臭いだけでなく、害虫が下水道から侵入することもあるので注意してください。

1-3.対処する必要性

キッチンの臭いは、汚れやカビなどが関連して発生するものです。そのため、臭いを放置すると劣悪な環境になり、害虫などの発生も起こります。こまめに掃除をし、衛生的な環境を維持するように心がけましょう。

キッチンの臭いは発生源がいろいろあるんですね。
はい。ですから、原因を突き止めることが大切です。

2.キッチンの臭いを解消するには?

キッチンの臭いを解消する方法と、消臭対策についてご紹介します。

2-1.消毒できる洗剤が臭いに効果的

キッチンの臭い解消には、塩素系漂白剤・重曹などを使う方法がおすすめです。重曹は油汚れを落とす効果があるため、壁やシンクなどもきれいにできます。掃除に使う場合は、重曹を水に溶かしてスプレーボトルに作っておきましょう。また、重曹は生ゴミにふりかけるだけで、消臭効果を発揮する便利なアイテムです。掃除と消臭の両方に使うことができるため、1つ用意しておきましょう。排水口は塩素系漂白剤を使って消毒することで、雑菌の繁殖やぬめりを抑制できます。

2-2.排水口はこまめな掃除が必要

排水口は、水分・温度上昇・食品カスなどを残さないことが、雑菌の繁殖を抑えるポイントです。塩素系漂白剤で殺菌し、汚れやぬめりを洗浄するようにしましょう。つまりがある場合は、パイプ洗浄剤を使うか、重曹と酢で発泡作用を起こして流れを改善する方法がおすすめです。ただし、酢・クエン酸と塩素系パイプ洗浄剤の併用はしないでください。頑固にこびりついた汚れは、歯ブラシなどを使ってこすり洗いをします。トラップのふたなどは、消毒用エタノールで除菌すると、雑菌の繁殖を抑えることができるでしょう。こまめに掃除をするのがポイントです。

2-3.生ゴミは水気を切って捨てること

生ゴミの臭いを予防するためには、雑菌の繁殖を後押しする水分を取り除くことがポイントです。しっかり水気をきり、生ゴミに重曹をふりかけましょう。新聞紙に包んでからビニール袋に入れ、空気に触れないように密閉してください。ゴミ箱は、プラスチック製のものだと臭いがつきやすいものです。底面に新聞紙を敷き、こまめに交換するといいでしょう。夏場は生ゴミの腐敗が進みやすいため、廃棄日まで密閉して冷蔵庫で保管する方法もおすすめです。

2-4.飛散した油はこまめに取り除く

油汚れは、ベタつきや臭いの原因です。調理後の温かいうちに拭き取るようにしましょう。重曹を溶かしてスプレーボトルに入れ、壁やガスコンロの拭き掃除に使ってください。重曹水を吹きつけて5分ほど時間を置いたら、汚れが落としやすくなります。床や換気扇にも油が飛び散るので、忘れずに掃除してください。床にマットを敷いている場合は、定期的に洗濯するようにしましょう。

2-5.魚焼きグリルにはセスキ炭酸ソーダがおすすめ

魚焼きグリルは、網だけではなく、内部の掃除も忘れずに行ってください。頑固にこびりついた油やたんぱく質汚れには、重曹より汚れ落とし効果の高いセスキ炭酸ソーダがおすすめです。焦げつきは、重曹を水で練ったペーストでこすり洗いをします。魚焼きグリルは分解し、パーツごとに洗うようにしましょう。40℃程度のぬるま湯をシンクに張り、重曹大さじ3杯を加えてつけ置きしたら、汚れが柔らかくなって落としやすくなります。ただし、こすりすぎてコーティングがはげないように注意してください。金属製のたわしなど硬いものは使わないようにしましょう。

2-6.ふきんはこまめに交換すること

ふきんは水分を含んだまま放置していることが多いため、雑菌が繁殖しやすいものです。漂白や洗濯をし、しっかり乾かすようにしましょう。また、定期的に新しいものと交換し、雑菌をテーブルや流し台に広げない工夫も大切です。

原因ごとに対策方法が違うんですね。
はい。消臭剤を置けばいいというわけではありません。

3.キッチンの臭いを予防する方法

キッチンの臭いは、普段から意識することで予防できるものです。ポイントを覚えておきましょう。

3-1.雑菌の繁殖を防ぐことが大切

食品カス・水垢(みずあか)などはなるべく残さないようにし、雑菌の繁殖を防ぐことが臭いを予防するポイントです。排水口は温度が上昇しやすく、雑菌の温床になります。掃除をして消毒用エタノールで除菌した後、氷をたっぷり排水口に入れておきましょう。温度が上がりにくくなり、臭いの抑制につながります。掃除は、汚れや臭いが気になってからするのではなく、普段から行うようにしてください。週1回は臭いや汚れのチェックをしましょう。

3-2.換気をして湿気がこもらないようにする

カビや雑菌などの繁殖は、湿気も大きく影響しています。掃除と同時に、室内の換気をする習慣も設けましょう。風が室内をとおり抜けるよう、2箇所以上窓を開けてください。湿気を放出するだけでなく、こもった臭いを逃す効果もあります。

こまめな掃除が大切なんですね。
はい。特に排水口などは臭いがしやすいので注意しましょう。

4.キッチンの臭いに関するQ&A

キッチンの臭い解消や予防に関する質問を集めました。参考にしてください。

Q.排水口の構造による臭いの場合はどうすべきか?
A.排水口の構造に問題がある・排水カバーが設置されていないなどの場合は、業者に修理や交換を依頼しましょう。まれに、排水管から汚水が逆流し、臭いを発している場合があります。きちんと診断してもらいましょう。

Q.生ゴミ処理機も臭い対策に効果があるのか?
A.生ゴミ処理機は、室内でも使うことができるタイプがあり、臭い対策に効果があります。ガーデニングなどを行う家庭だと、生ゴミを堆肥として再利用できるので便利です。ただし、購入に数万〜数十万円かかります。購入時は自治体から助成金が出る場合もあるため、事前に問い合わせてみましょう。

Q.キッチン全体の消臭対策がしたい場合はどうすべきか?
A.口が広く開いたビンなどに重曹を入れ、臭いが気になる場所に置きましょう。重曹が不快な臭いを中和してくれます。こぼれないよう、口の部分をガーゼなどで覆っても問題ありません。重曹は定期的に新しいものに交換してください。

Q.三角コーナーは使わないほうがいいのか?
A.三角コーナーは、一時的に食品カスを入れるスペースとして使用し、調理後はすぐに生ゴミを撤去するようにしましょう。生ゴミを取り除いた後は、三角コーナーをきれいに洗い、よく乾かすことが大切です。

Q.排水口のつまりが原因で臭いが発生している場合、高圧洗浄をすれば改善するのか?
A.高圧洗浄を行うと、排水口のつまりを解消することができます。しかし、高圧洗浄は圧力の調整が難しい場合があり、排水ホースなどを傷つける恐れもあるため、業者に依頼したほうが安心です。

まとめ

キッチンの臭いは、油汚れ・排水口のぬめり・カビ・生ゴミなどが原因となって起こります。生ゴミは腐敗しやすいため、水気をしっかり切って新聞紙に包み、ビニールで密閉しておきましょう。排水口は普段から掃除をし、ぬめりや食品カスが残らないようにしてください。換気もこまめに行い、湿気や臭いがこもらないようにすることもポイントです。キッチンの臭い解消と同時に、予防意識も高めるようにしましょう。

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。


寒い季節に大活躍する薪(マキ)ストーブですが、長く快適に使い続けるためには定期的な煙突掃除が必要です。しかし、「掃除方法が分からない」「薪ストーブの掃除が大変そうで購入を躊躇(ちゅうちょ)している」など、薪ストーブの掃除で悩んでいる方が多いでしょう。薪ストーブの利用者はまだ少ないのですが、きちんとポイントを押さえておけば快適に使うことができます。

本記事では、薪ストーブの掃除方法とポイントについて解説しましょう。

  1. 薪ストーブの煙突掃除が必要な理由は?
  2. 薪ストーブの煙突掃除を自分でする方法
  3. 薪ストーブの煙突掃除を業者へ依頼する方法
  4. 薪ストーブの煙突掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、薪ストーブの煙突掃除の方法とポイントが分かります。悩んでいる方や購入を検討している方は要チェックです。

続きを読む


「お風呂のお湯に茶色い汚れが出てきて困る」「追い焚き配管の掃除方法が分からない」などと、お困りではないでしょうか。風呂の追い焚き機能は、お湯を入れ替えることなくわかし直しができてとても便利ですよね。しかし、追い焚きのたびに配管には汚れた水が入るため、定期的な掃除が必要になります。

そこで今回は、追い焚き配管の掃除方法を詳しく解説しましょう。

  1. 追い焚き配管について
  2. 追い焚き配管の掃除について
  3. 追い焚き配管の掃除方法
  4. 追い焚き配管の掃除をプロへ依頼する方法
  5. 追い焚き配管の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、追い焚き配管の掃除方法についてよく分かり、キレイなお湯で入浴できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

続きを読む