掃除機の吸引力が落ちる原因と吸引力を上げる方法

春は、花粉などのアレルギーが起こりやすい季節です。どうすれば、家に入ってくる花粉やほこりを上手に取り除(のぞ)けるでしょうか。1つの方法は、毎日の掃除機かけです。最近、掃除機の吸引力が弱くなったと感じますか?掃除機は頻繁に使うため、吸引力が低下すると不便です。吸引力が弱った掃除機を使うなら、普段より何倍もの体力を消耗するでしょう。

それでは、掃除機の吸引力を簡単に上げる秘けつをご紹介します。

  1. 掃除機の吸引力が落ちる原因
  2. 掃除機の吸引力を復活する方法
  3. 掃除機の寿命と処分の方法

1.掃除機の吸引力が落ちる原因

1-1.原因を調べる前に

吸引力が落ちているなら、確認するべき点があります。コードレスの掃除機であれば、充電は十分でしょうか?また、紙パックを使用しているなら、紙パックの中のごみを確認してください。ホースや、パイプ、パワーブラシなどに異物が入っていませんか?ホースやパイプを覗(のぞ)いて、確認しましょう。思わぬ小さな原因が、吸引力の低下の原因となるケースが多いのです。

1-2.汚れやごみの詰まり

掃除機の吸引力が弱くなる1番の原因は、汚れやごみの詰まりです。本体だけではなく、ヘッドやホースなど掃除機の各部分の汚れやごみの詰まりを確認してください。特にフィルターの部分や、ごみパック付近は注意が必要です。小さなほこりやごみがフィルターにこびりついていることがあります。フィルターの目詰まりは吸引力を弱めるのです。また、掃除機のヘッド部分のパワーブラシに、髪の毛や糸くずなどが巻きついていることもあるでしょう。パワーブラシはスムーズに動かなくなり、吸引力も弱まります。

1-3.掃除機の故障

掃除機の部品の故障も、吸引力の低下の原因です。どの部分が故障しているか調べてみましょう。掃除機の本体を見て、モーターの不具合がないか調べてください。掃除機の長期間の使用により、モーター部分が焼けるケースもあります。また、サイクロン式掃除機も、長期間の使用により強い遠心力が働くことで、モーターが故障するケースもあるのです。さらに、ヘッドやホースの故障も吸引力を弱める原因でしょう。ヘッド部分の故障のほとんどは、パワーブラシの不具合です。また、同じホースを長期間使用しているなら、穴があくこともあります。そこから空気が漏れ、吸引力が低下するのです。

ゴミがフィルターに詰まっても、吸引力が落ちるんですね。
はい。特に紙パック式は吸引力が落ちやすいでしょう。

2.吸引力を復活する方法

2-1.掃除機の汚れやごみを取り除く

掃除機の汚れを徹底的に取り除いてください。まず、本体を掃除しましょう。水、または中性洗剤をうすめた水にやわらかい布を浸します。布をかたくしぼってから、掃除機の本体の汚れを拭き取りましょう。タイヤなどの汚れも拭いてください。同じように、ヘッド部分の汚れを拭き取ります。パワーブラシに髪の毛や糸くずがからみつている場合、ハサミなどを使って、上手に取り除いてください。フィルターの掃除は、サイクロン式か紙パック式によって違います。説明書を読みながら、指示に従って掃除しましょう。その後、フィルターをよく乾かしてから、本体に装着して吸引力を確かめてください。

2-2.故障した部品の交換

掃除機の部品の故障や消耗がある場合は、メーカーに問い合わせて新しいものを購入しましょう。故障したまま使っていると、事故の原因にもなりかねません。小さな部品の交換であれば、安く済むでしょう。ただ、交換したい部品の購入や修理費用が高い場合もあります。高額な出費になるのであれば、古い掃除機をそのまま使うより、新しい掃除機に買い替えたほうがよい場合もあるでしょう。

2-3.定期的なメンテナンスを心がける

定期的な掃除機のメンテナンスにより、強い吸引力を保つことができます。週に1度の簡単な掃除を心がけましょう。そして、できるなら月に1回、掃除機の細かい汚れを掃除します。このときに、フィルターの細かい部分の掃除をしましょう。定期的な掃除をするなら、掃除機の小さな故障などにも早く気付くので、致命的な故障を避けられます。1年に1回の大掃除のときには、掃除機もすみずみまできれにしましょう。

定期的な掃除機のメンテナンスが大切なんですね。
はい。そうすることで故障を防ぐこともできます。

3.掃除機の寿命と処分の方法

3-1.掃除機の寿命

掃除機の寿命は、掃除機を使う環境やメンテナンスの頻度、掃除機を使う回数でも変わるでしょう。しかし、一般的には寿命は7年と言われています。掃除機のメーカーによって違いはありますが、掃除機の部品保有期間は6年です。部品保有期間が過ぎた場合、掃除機が故障しても部品を取り寄せることができません。ですから、部品保有期間が終了したときが製品の寿命と考えることもできるでしょう。掃除機の寿命を早めないためにも、よいメンテナンスを心がけることが大切です。

3-2.まだ使える掃除機の処分方法

まだ使えるものの、もっと強い吸引力の掃除機に買い替えたい場合、不用品回収業者に引き取ってもらえます。よい状態のものなら、買い取ってもらえるでしょう。新しい掃除機を購入する資金にあてることもできます。自分で重たい掃除機を持っていかなくても、業者が回収にくるので安心です。気軽に電話相談してみましょう。

3-3.使えない掃除機の処分方法

壊れた掃除機の処分も不用品回収業者に相談しましょう。仕事で休みが取れない人でも、年中無休の業者に連絡して週末や祝日に取りに来てもらえるので安心です。引っ越しなど処分を急いでいる場合も、即日対応してくれます。詳細は、無料の見積もりサービスで問い合わせてください。家にあるほかの不用品と一緒に回収を依頼するなら、費用も節約できます。

掃除機は6年前後で寿命を迎えることもあるんですね。
はい。しかし、メンテナンスを定期的にしていれば、10年ほど持つこともあります。

まとめ

掃除機の吸引力が落ちる原因や、吸引力を復活する方法をお伝えしました。掃除機の吸引力が弱くなると、掃除がとても大変です。まず、吸引力を復活する方法を試してください。掃除機の汚れやごみを取り除くと、吸引力が復活することもよくあります。メンテナンスも大切です。掃除機の寿命をのばし、吸引力もよい状態に保つことができます。また、不要になった掃除機の処分は積極的に業者の助けを借りましょう。