家具にカビが生える原因は? キレイに掃除する方法とコツを紹介

家具にカビが発生した場合、どのように掃除すればいいのか分からずそのまま放置している方が多いのではないでしょうか。しかし、カビを放置するとカビ菌の胞子が空気中に漂ってしまい、健康被害を及ぼす恐れが出てきます。家具に発生したカビは、できるだけ早めに除去しなければなりません。

そこで本記事では、家具にカビが生える原因や除去のポイントなどを解説します。

  1. 家具にカビが生える原因は?
  2. 家具のカビ掃除でやってはいけないこと
  3. 家具のカビ掃除に必要な道具と掃除方法
  4. 家具のカビを予防するポイントは?
  5. 家具のカビに関してよくある質問

この記事を読むことで、家具のカビを除去する方法や予防策が分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.家具にカビが生える原因は?

まずは、なぜ家具にカビが生えてしまうのか、主な原因をチェックしておきましょう。

1-1.湿気が多い場所はカビが発生しやすい

一般的に、カビは高温多湿な場所を好み、どんどん繁殖する傾向があります。家の中でカビが発生しやすいのはお風呂などの水まわりというイメージが強いのですが、湿気の多い場所であればどこでも発生するものです。特に、木製の家具は湿気を吸い込みやすい特徴があります。いつの間にか黒い点々が発生しては、どんどん範囲が広がっているというケースも多いのです。木材に発生したカビは内部に入り込む傾向があるため、見つけしだい、すぐに対処する必要があります。

1-2.家具にたまるホコリなどがエサになる

家具にカビが発生する原因には、繁殖に必要なエサであるホコリや汚れが大きく関係しています。ホコリや汚れが蓄積されている家具ほど、カビが発生し繁殖しやすい環境となるのです。そのため、汚れたらすぐに掃除することを意識しておかなければなりません。特に、家具の表面や天井付近の高い場所はホコリがたまりやすい傾向があります。定期的な掃除がホコリの蓄積を防ぎ、カビの発生を抑えることになるでしょう。

1-3.気温と湿度が上がる梅雨~夏は要注意

カビが発生しやすい梅雨~夏は、特に注意しておかなければなりません。この時期は気温も湿度も上昇しやすくなるため、カビにとっては絶好のシーズンとなります。今まで表面に現れなかったカビでも急速に繁殖するので、いつの間にかカビが増えていることもあるのです。梅雨~夏の時期は、こまめにチェックしたり、湿気と気温を下げたりするなどの工夫をしてください。

湿気とホコリが、カビが生える大きな原因になるんですね。
はい。そのため、梅雨時は普段よりカビが生えやすくなるでしょう。

2.家具のカビ掃除でやってはいけないこと

家具のカビ掃除では、やっていけないことがいくつかあるので説明します。

2-1.カビの発生を放置するのは絶対にNG

家具に発生したカビをそのまま放置するのは、絶対にいけないことです。放置するほどカビはどんどん繁殖し、空気中にカビ菌の胞子が飛び交うことになります。そうなると私たちはカビの胞子が漂っている空気を体内に吸い込むことになってしまうのです。その結果、呼吸困難になったり、アレルギー症状を発症したりするなど、健康に被害を及ぼします。免疫力が低い子どもや高齢者は悪影響を受けやすいので注意が必要です。

2-2.乾いた布や手ではらわない

家具に発生したカビを、思わず乾いた布や手ではらおうとしがちですがNG行為となります。カビの胞子が空気中に飛んでしまうため、こすって除去するのはやめておきましょう。また、手にカビ菌がついてしまい、そのまま食べ物を手にとって食べてしまうとカビ菌が体内に入り込んでしまう恐れがあります。気になったとしても、乾いた布や手ではらおうとせず正しい方法で除去しましょう。

2-3.クエン酸やお酢を使うのは逆効果

よく、カビ除去に効果的なアイテムとしてクエン酸やお酢が紹介されていますが、これらのアイテムではカビを退治できません。逆効果となってしまう恐れがあるので、使わないようにしてください。クエン酸とお酢が効果を発揮するのはカビ菌ではなく、細菌なのです。細菌=カビと思っている方は多いのですが、ウイルスや食中毒などの細菌とカビは別物となります。実は、カビは酸に強く、レモンやお酢などをエサにして繁殖する特徴があるのです。

2-4.ブラシやスポンジでゴシゴシこすらない

カビを見つけるとブラシやスポンジでゴシゴシこすりたくなるでしょう。けれども、この方法ではさらにカビが繁殖し広がってしまうことになります。頑固な汚れほど力を入れて落としたくなりますが、カビ対策の点では絶対にやってはいけないことです。特に、木製の家具は繊細なものが多いため、すぐに傷がついてしまうでしょう。傷がつくとそこからカビが繁殖する可能性もあるので気をつけてください。

カビの胞子を拡散するような掃除方法はダメなんですね。
はい。また、掃除後に湿気が残りやすい方法もやめましょう。

3.家具のカビ掃除に必要な道具と掃除方法

では、どのような方法でカビを退治すればいいのでしょうか。カビ掃除に必要な道具と具体的な方法について説明します。

3-1.必要なものはアルコール除菌スプレー・ティッシュ・マスクの3点

家具のカビ除去に必要なものは以下のとおりです。

  • アルコール除菌スプレー
  • ティッシュ
  • マスク

上記の3点を用意すれば、誰でも家具に発生したカビを除去することができます。カビ専用の除去剤を使用する方法もありますが、除去剤を用いる場合は木材専用タイプを使ってください。家の中で使用するカビ除去剤は、家具にとって刺激が強すぎます。カビはアルコール消毒に弱い特徴があるため、軽い拭き掃除をするだけで死滅するケースがほとんどです。無垢材などのデリケートな木材でも、アルコールなら素材を傷めずに除菌できます。

3-2.アルコールで拭き掃除する

基本的に、家具に発生したカビの掃除方法は、アルコールで拭き掃除する作業をくり返すだけでOKです。以下に、具体的な流れを紹介するのでぜひ試してみてください。

  1. カビのある場所を確認する
  2. アルコールを含ませたティッシュでカビが生えている場所を中心に拭く
  3. 家具と隣り合わせになっている壁や床にカビの胞子が飛んでいる可能性が高いため、一緒にアルコール消毒する
  4. 拭き取った部分日に当てて、完全に乾かして完了

ここでのポイントは、ティッシュを使いまわさず使い捨てにすることです。使いまわしてしまうと、カビがさまざまなところに移ってしまいます。また、アルコールで消毒をした後は、必ずキレイに拭き取って乾燥させてください。拭き取る際にぬれぞうきんを使うのはNGです。乾いた布で拭き取るように心がけましょう。

3-3.木材専門のカビ除去スプレーを使う

ホームセンターで購入できる木材専用のカビ除去スプレーを使用するのも掃除方法の1つです。専用のスプレーを使う際は、カビにスプレーして20~30分ほど放置した後、ぬれぞうきんで拭き取る方法となります。アルコールスプレーを使用する際は乾いたぞうきんで拭き取りますが、木材専門のカビ除去スプレーの場合はぬれぞうきんでOKです。ただし、使用上の注意点を必ず一読してから使用してください。

消毒用アルコールがカビには有効なんですね。
はい。また、カビ除去スプレーも効果的です。

4.家具のカビを予防するポイントは?

カビをキレイに除去した後は、再発しないために予防策を施す必要があります。では、どのような方法で予防すればいいのでしょうか。

4-1.湿気をためないようにするのが1番

カビの未然に防ぐ大切なポイントは、湿気をためないようにすることです。たとえば、風とおしをよくしたり、換気したりするなどの方法があります。家具を壁にぴったりくっつけてしまうと湿気がたまりやすくなるため、なるべく壁から10~15cmほど離して設置するようにしてください。万が一、カビが発生しても壁に移るのを避けることができます。また、天気が良い日はこまめに窓を開けて換気し、湿気を外に逃がしましょう。雨の日が続く場合は、エアコンや除湿機を使って湿気を取り除く方法があります。

4-2.こまめに掃除する

前述したように、ホコリや汚れはカビのエサになるため、こまめに掃除するのも大切な防止策です。生活している限り、ホコリはたまるものなので掃除でキレイにしておきましょう。そうすれば、カビの繁殖を未然に防ぐことができます。ホコリがたまっている様子に気づいたらすぐ掃除ができるように、近くに掃除グッズを置いておくのも大切なポイントです。

4-3.ものを詰め込みすぎない

タンスや本棚など収納家具の場合、ものを詰め込みすぎることでカビを発生させることがあります。そのため、ものを詰め込みすぎないようにすることもカビ対策につながるでしょう。たくさんのものを収納してしまうと、掃除が大変になり、湿気もこもりやすくなるのでNGです。家具と壁をぴったりくっつけて設置しないようにするのと同じく、中にもすき間ができるように収納してください。そして、掃除の際は、家具の中まで掃除し空気を取り替えるようにしましょう。

4-4.ドライシートや新聞紙を活用する

家具の扉の中に、湿気吸収剤や新聞紙を入れて湿気を吸収させるのも予防策の1つです。最近では、棚板に敷く湿気取りのシートも販売されているので、気軽に使うことができるでしょう。ドライシートには、タンス用・食器棚用・布団用など用途別にさまざまな種類があります。引き出しなどの大きさに合わせてハサミでカットできるため、1枚あればあらゆる場所のカビ対策に活用できるのです。

湿気を取り除くのがポイントなんですね。
はい。また、家具の裏も定期的に掃除しましょう。

5.家具のカビに関してよくある質問

家具のカビに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.頑固なカビが除去できない場合は?
A.自分で掃除しても頑固なカビは、家具の奥底にまで根づいているのでなかなか除去できません。そんなときは、プロの業者に依頼するといいでしょう。プロの業者は家具にやさしくカビに強い専用の洗剤や器具を使って掃除します。そのため、徹底的にカビを除去することができるのです。除去した後は、その状態を維持することだけに力を入れればいいので気楽になるでしょう。

Q.アルコールの代わりにエタノールでも除去できる?
A.エタノールまたはオキシドールを使ってカビを除去することも可能です。エタノールを使用したカビの除去方法は以下のとおりとなります。

  1. マスクとゴーグルを装着する
  2. スプレーボトルのエタノールを移し替える
  3. カビに対してスプレーする
  4. 5分ほど放置した後、乾いたぞうきんで拭きあげる

基本的に、アルコール消毒スプレーを使用した方法と手順は変わりません。エタノールの場合も水分を残すとカビが再発するので、しっかりと拭きあげることが大切なポイントとなります。上記の方法で落ちない場合は、専門的な薬剤を使用する必要があるので業者に依頼したほうがいいでしょう。

Q.ペーパーで削ったり、塩素系漂白剤を使ったりすることもできる?
A.番手の細かいペーパーなどでカビの部分を削って落とすことも方法の1つです。けれども、日焼けしていない部分が露出することになるため、周囲の色と比べて広くなる可能性があります。また、削りすぎると家具を傷つける恐れもあるでしょう。また、カビを殺菌したり黒い斑点を落としたりする場合は、塩素系漂白剤を使う方法もあります。けれども、この方法も白くなる恐れがあるため、1度目立たないところで試してからにしてください。

Q.カビ跡を消すポイントは?
A.カビの除菌はアルコールで可能ですが、漂白作用はないのでカビ跡を消すことはできません。カビ跡まで消したい場合は、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使うといいでしょう。ただし、前述したように色が白くなったり傷ついたりする恐れがあります。その場合は、木材やコンクリート用のカビ取り剤を使用するのがおすすめです。

Q.家具のお手入れ方法は?
A.こまめに掃除するのはもちろんのこと、家具の素材にあわせたお手入れが重要なポイントとなります。素材によって正しい手入れ方法が異なるため、購入店などに尋ねて確認してください。取扱説明書にも手入れ方法が詳しく記載されているので、確認するといいでしょう。

まとめ

木製でできた家具は湿気を吸い込みやすいため、すぐにカビが発生する可能性があります。カビを放置すると、カビ胞子が空気中に漂うことになるので早めの掃除が必要です。一般的に、家具のカビを掃除する場合は、木材専用のカビ除去スプレーを使用します。ホームセンター等で購入でき、スプレー後に20〜30分放置した後ぞうきんで拭き取るだけという簡単な方法です。また、カビを除去した後は、再びがカビが発生しないように防止策を施す必要があります。