ハウスダストが原因で体に現れる症状とは?掃除方法はあるの?

ハウスダストとは、家の中で発生する微細なほこりの総称です。どんな家でもほこりはあります。しかし、ハウスダストが大量に発生し続けると住人にいろいろな悪影響が出るでしょう。

そこで、今回はハウスダストを放置しておくと現れる症状や掃除の仕方をご紹介します。原因不明の体調の悪化はハウスダストだった、ということも多いのです。また、ハウスダストを掃除したり発生を防いだりするための工夫もご紹介しましょう。掃除が苦手な方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. ハウスダストとは?
  2. ハウスダストが原因で発生する健康被害
  3. ハウスダストを取りのぞくには?
  4. おわりに

1.ハウスダストとは?

ハウスダストとは、家に発生する目に見えないくらいの微細なほこりの総称です。カビの胞子、繊維の破片、ペットの毛、ダニの死骸、花粉などからできており、おそらくどんな家でもハウスダストは発生しています。しかし、ものがたくさんあったり掃除をあまりしていなかったりする家は、ハウスダストが健康に影響を与えるほど発生している可能性があるのです。
掃除嫌いの方は、よく「ほこりで人は死なない」といいます。

確かに、ほこりで棚や家電の上が真っ白になっている、という家もあるでしょう。しかし、ハウスダストは健康に深刻な影響を与えるのです。それはいったいどのようなものでしょうか? 次の項で、ハウスダストが健康に影響を与える理由とその具体例をご紹介します。