木製テーブルに付いたしみの取り方は?家庭にあるもので簡単に!

テーブルにしみが付いてしまった場合、落とし方をご存じですか? 特に、無垢のウォールナットなど木製のテーブルは、部屋に暖かみを与えます。ダイニングテーブルとして使用している家庭は多いでしょう。

そこで、気になるのがしみですよね。オイルステイン塗装のテーブルだと、コップを置いた部分に「輪じみ」ができてしまうことも多いでしょう。

テーブルは食事をする場所なのでしみが付いてしまうのは仕方のないこと。しかし、せっかく部屋をおしゃれに演出してくれるテーブルを、常にきれいな状態にしておきたいものですよね。テーブルの天板に付いてしまった水や熱、カレーによるしみは、落とすことができるのでしょうか?

1.木製テーブルに付いたしみの取り方

木製テーブルに付いてしまったしみは、どうすれば落とすことができるのでしょうか。しみの種類別にご紹介します。

1-1.コップの輪じみには「マヨネーズ」

木製のテーブルに水滴の付いたコップを置くと、輪じみができてしまいます。輪じみを防ぐためには、ランチョンマットかコースターを敷くしかないでしょう。しかし、木のぬくもりを隠したくないという人も多いと思います。

そこで、木製テーブルに付いてしまった輪じみの取り方をご紹介しましょう。驚いたことに、マヨネーズで木製テーブルの輪じみを取ることができるのです。

まず、大さじ2杯のマヨネーズをペーパータオルに付けてください。輪じみになっている部分を軽く押さえ、15分ほどそのままにしておきましょう。最後に、きれいなペーパータオルで拭き取ってみてください。

輪じみが付いてまだ日が浅ければ、この方法で簡単に落とすことができるでしょう。時間のたった輪じみの場合は、一晩マヨネーズを付けておくと効果的です。

1-2.熱によるしみには「アイロン」と「オリーブオイル」

木製のテーブルに熱いコーヒーカップや鍋を置くと、熱のせいで白いしみになってしまうことがあります。こういったしみは、スチームアイロンとオリーブオイルで落とすことができるでしょう。

まず、しみの部分をタオルで覆い、スチームアイロンを1分ほど上から当ててください。アイロンとタオルと外すと、しみが消えているはずです。そこにオリーブオイルを塗って仕上げをしましょう。

1-3.カレーのしみには「日光」

木製のテーブルにカレーのしみが付いてしまった場合、なかなか落ちにくいものです。しかし、小さな子供がいる家庭ではテーブルにカレーをこぼしてしまうことも多いでしょう。

そこで、カレーのしみを目立たなくする方法をご紹介します。カレーの色素は、日光に当てると薄くなるのです。テーブルを日光が当たる場所に移動して試してみてください。ただし、直射日光は強すぎるため、窓ガラスやカーテン越しに当てることをおすすめします。