木製テーブルに付いたしみの取り方は?家庭にあるもので簡単に!

テーブルにしみが付いてしまった場合、落とし方をご存じですか? 特に、無垢のウォールナットなど木製のテーブルは、部屋に暖かみを与えます。ダイニングテーブルとして使用している家庭は多いでしょう。

そこで、気になるのがしみですよね。オイルステイン塗装のテーブルだと、コップを置いた部分に「輪じみ」ができてしまうことも多いでしょう。

テーブルは食事をする場所なのでしみが付いてしまうのは仕方のないこと。しかし、せっかく部屋をおしゃれに演出してくれるテーブルを、常にきれいな状態にしておきたいものですよね。テーブルの天板に付いてしまった水や熱、カレーによるしみは、落とすことができるのでしょうか?

1.木製テーブルに付いたしみの取り方

木製テーブルに付いてしまったしみは、どうすれば落とすことができるのでしょうか。しみの種類別にご紹介します。

1-1.コップの輪じみには「マヨネーズ」

木製のテーブルに水滴の付いたコップを置くと、輪じみができてしまいます。輪じみを防ぐためには、ランチョンマットかコースターを敷くしかないでしょう。しかし、木のぬくもりを隠したくないという人も多いと思います。

そこで、木製テーブルに付いてしまった輪じみの取り方をご紹介しましょう。驚いたことに、マヨネーズで木製テーブルの輪じみを取ることができるのです。

まず、大さじ2杯のマヨネーズをペーパータオルに付けてください。輪じみになっている部分を軽く押さえ、15分ほどそのままにしておきましょう。最後に、きれいなペーパータオルで拭き取ってみてください。

輪じみが付いてまだ日が浅ければ、この方法で簡単に落とすことができるでしょう。時間のたった輪じみの場合は、一晩マヨネーズを付けておくと効果的です。

1-2.熱によるしみには「アイロン」と「オリーブオイル」

木製のテーブルに熱いコーヒーカップや鍋を置くと、熱のせいで白いしみになってしまうことがあります。こういったしみは、スチームアイロンとオリーブオイルで落とすことができるでしょう。

まず、しみの部分をタオルで覆い、スチームアイロンを1分ほど上から当ててください。アイロンとタオルと外すと、しみが消えているはずです。そこにオリーブオイルを塗って仕上げをしましょう。

1-3.カレーのしみには「日光」

木製のテーブルにカレーのしみが付いてしまった場合、なかなか落ちにくいものです。しかし、小さな子供がいる家庭ではテーブルにカレーをこぼしてしまうことも多いでしょう。

そこで、カレーのしみを目立たなくする方法をご紹介します。カレーの色素は、日光に当てると薄くなるのです。テーブルを日光が当たる場所に移動して試してみてください。ただし、直射日光は強すぎるため、窓ガラスやカーテン越しに当てることをおすすめします。

2.木製テーブルのメンテナンス方法

木製テーブルをいつまでも味のあるものにするためには、日ごろのメンテナンスが大切です。日常的に行う簡単なお手入れと、定期メンテナンスの方法についてご紹介します。

2-1.日常のお手入れ方法

木製のテーブルは色があせたり塗装面がはげたりする原因になるため、直射日光の当たるところや温度差の激しいところに置かないようにしましょう。もちろん、湿気の多い場所も注意が必要です。冷暖房や加湿器の近くに置かないようにしてください。

テーブルの天板には、熱いままの鍋やヤカンを直接置かないようにしましょう。新聞紙や雑誌を敷物がわりにする人もいますが紙やインクが貼り付いて取れなくなる可能性もあるため注意が必要です。

木製テーブルは水拭きと繰り返すと、汚れがテーブルにしみこんでしまいます。食べものや飲みものをこぼしてしまったときも、乾いた布で拭き取るようにしましょう。汚れが落ちにくい場合は、中性洗剤をぬるま湯で100倍に薄め、柔らかい布をひたして固く絞ったもので拭き取るようにしてください。仕上げにから拭きを忘れないようにしましょう。

2-2.年に1~2度の定期メンテナンス

よりよい経年変化のためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。おすすめの時期は、梅雨の前と冬になる前の年2回。日常のお手入れで取れない汚れを、目の細かいサンドペーパーで落としましょう。その後、ぬるま湯に天然石けんを溶かして泡立て、スポンジか布で表面を洗うように拭いてください。

その上に食物性の天然オイルをすり込み、から拭きをして仕上げる方法もあります。また、日焼けによる経年変化を目立たなくするため、定期的にテーブルの向きを逆にするなどのひと手間も大切です。

3.テーブルの処分方法

何を試してもしみが落ちない場合は、新しく買い替えを検討する人もいるでしょう。その際には、古いテーブルの処分方法についても知っておくべきです。

3-1.自治体に回収を依頼する

目立つしみが付いてしまった場合や古くなってしまったテーブルは、処分するしかないでしょう。テーブルを廃棄するには、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てる方法があります。事前に問い合わせをして、料金と回収日時を確認しておく必要があるでしょう。

場合によっては30cm以下の大きさにカットし、可燃ゴミまたは不燃ゴミとして捨てることも可能です。自治体のルールを確認しておきましょう。

3-2.リサイクルショップに売る

しみが目立たないものであれば、リサイクルショップに買い取ってもらえないか確認してみるのもおすすめです。家具の買い取りを強化しているリサイクルショップを探してみましょう。
ただし、状態が悪いと買い取り不可になる場合もあります。

その場合は、また持ち帰らなければならないため、事前に電話でテーブルの状態を伝えてみるのがおすすめです。リサイクルショップの場合は、その場で査定して現金化できるため、処分に急いでいる人は試してみるとよいでしょう。

3-3.不用品回収業者に依頼する

「ほかにも処分したいものがある」「自分でお店まで運ぶことができない」という場合は、不用品回収業者がおすすめです。電話1本で自宅まで回収に来てもらえるでしょう。状態のよいものは買い取ってもらえる場合もあります。

自分で不用品を分別する必要もないため、手間をかけずに処分することができるでしょう。ただし、不用品回収業者の中には、悪質な業者もあるということを覚えておいてください。事前に複数の業者に見積もりを依頼するなど、慎重に業者選びを行いましょう。インターネットで口コミや評判をチェックしてみるのもおすすめです。実際にその業者を利用した人の感想が、最も参考になるのではないでしょうか。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか? 木製テーブルは大変おしゃれなインテリアになります。しかし、しみが付いてしまうと雰囲気も台無しですよね。しみの種類別に落とし方を確認し、いつまでも美しいテーブルを保つようにしてください。