カーペットの掃除は重曹が使えるって本当? 重曹を使用する際のコツ

「カーペット掃除に重曹を使っても大丈夫?」と、不安に感じている方はたくさんいるでしょう。重曹は自然由来の成分でできている代表的なエコ洗剤です。洗剤は刺激成分が含まれているからこそ、あえてやさしい重曹を使って掃除している方はいます。カーペット掃除に重曹を使用する際、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

本記事では、カーペット掃除に重曹を使うポイントなどを解説します。

  1. カーペット掃除に重曹を使うメリットは?
  2. 重曹で落とせるカーペットの汚れは?
  3. 重曹を使ったカーペット掃除に必要な道具
  4. 重曹を使ってカーペットの掃除をする方法
  5. カーペット掃除と重曹に関してよくある質問

この記事を読むことで、重曹でカーペットの掃除をする方法が分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.カーペット掃除に重曹を使うメリットは?

最初に、カーペット掃除に重曹を使う主なメリットをチェックしておきましょう。

1-1.自然由来の成分でできているという安心感

重曹は自然由来の成分でできているため、市販の洗剤に含まれているような刺激成分が少なめです。また、化学成分が含まれていないため、ペットや幼い子どもがいる家庭でも安心して使うことができます。カーペットの上に寝転がったり、家族がくつろいだりする場所だからこそ、安心できる洗剤でキレイにしたい気持ちがあるはずです。重曹は、カーペットの掃除に市販の洗剤を使用することに対してためらいを感じる方に、ぴったりのアイテムと言えるでしょう。

1-2.いやなにおいを消す除臭効果がある

カーペットに染みついた嫌なにおいを消したいとき、丸ごと水洗いしなければならないと思っていませんか? 確かに、そうすればにおいを消すことができるかもしれませんが、重曹は水洗いをしなくても除臭効果が実感できるメリットがあります。汗が乾いた嫌なにおいやペットの粗相によるにおい、嘔吐物のにおいなど、さまざまなにおいを消してくれる効果が期待できるのです。また、水洗いをしなくてもにおいを消すことができるのは、手間がかからない大きなメリットと言えるでしょう。

1-3.アルカリ性の特性で食べ物などの油汚れが分解できる

カーペットには、食べ物で染みついた汚れや、油汚れが付着していると思います。汚れた時点ですぐに落とすことができればいいのですが、気づかずにそのまま放置してしまい、簡単には落とせなくなってしまうのです。けれども、重曹はアルカリ性の特性を持っているため、食べ物や油汚れなどを中和して分解する作用が期待できます。ほかの洗剤よりも効果的に汚れを落とすことができる優れものです。

重曹は消臭効果や油汚れを落とす効果があるんですね。
はい。また、食品でもあるので、体に少量入っても害はありません。

2.重曹で落とせるカーペットの汚れは?

では、重曹ではどのようなカーペットの汚れを落とすことができるのでしょうか。ここでは、もっと詳しく説明します。

2-1.皮脂や油脂などの弱酸性汚れに効果的

前述したように、重曹はアルカリ性の特性を持っているため、皮脂や油脂などの弱酸性汚れに効果を発揮します。弱酸性の汚れと反応した重曹は、汚れをゆるめて落としやすくしてくれるのです。カーペットにはさまざまな汚れがつきやすく、特に、足の裏の皮脂や寝転がったときにつく皮膚の脂分が付着します。皮脂も油脂も同じなので、重曹が効果的でしょう。食べ物の油分にも効果を発揮し、汚れを落としやすくしてくれます。

2-2.におい取りに最適

最初にお話したとおり、重曹は汗が乾いたにおいやペットの独特なにおいなど、さまざまなにおいを除去する力があります。除臭効果はもちろんのこと、除菌効果も期待できるので一石二鳥です。普段、カーペットは頻繁に水洗いするものではないからこそ、しっかりと除菌しておかなければ雑菌が増えてしまい、そこから悪臭が発生します。そういうときは重曹の手番です。

2-3.シミ抜きにも対応できる

重曹は、カーペットのシミ抜きにも対応できることをご存じでしたでしょうか。たとえば、ラー油・ケチャップ・油性ボールペンなどでついたシミでも、重曹を使えば、簡単に汚れを落とすことができます。特に、油溶性の汚れがついたときには重曹が効果的と言えるでしょう。においを除去しながらもシミまで落とせる、まさに一石二鳥のアイテムです。

2-4.クレンザーの役割を果たしてくれる

自然由来の成分でできている重曹は、市販の洗剤よりも洗浄力は劣りますが、クレンザーと同じ役割を果たしてくれる力を持っています。もともと、重曹は粒子が細かく水に溶けにくい点が特徴です。そのため、重曹を汚れにつけてこすることで、クレンザーのような役割を果たしてくれます。また、重曹を温めると二酸化炭素が発生し、その性質を利用して汚れや焦げつきなどを浮かせて剝がし落とすことも可能です。

重曹はいろいろな効果があるんですね。
はい。油汚れがシミになった場合などにも使えます。

3.重曹を使ったカーペット掃除に必要な道具

掃除を始める前に、必要な道具を用意しましょう。最低限用意してほしい道具を紹介します。

3-1.使う洗剤は重曹と酸素系漂白剤

重曹を使ってカーペットの掃除を行う際、基本的に重曹だけ用意すればOKですが、念のために酸素系漂白剤も準備しておきましょう。酸素系漂白剤は、シミ抜きの際に重曹と併用することでさらに効果を高めることができます。重曹だけではどうしても落とすことができない頑固な汚れもあるため、それを酸素系漂白剤でカバーするというわけです。後ほど、併用する方法やポイントを紹介するので、ぜひチェックしてください。

3-2.スプレーボトルとタオル・ぞうきん

重曹でカーペットを掃除するメリットは、水洗いをせずに済むという点です。重曹を汚れの箇所に振りかけることもできますが、粉のままではなく、重曹水にしてスプレーすることで掃除しやすくなります。そのため、スプレーボトルとキレイなタオルまたはぞうきんを用意しておくといいでしょう。重曹水は40℃くらいのお湯をスプレーボトルに入れてから重曹をお湯1カップに対して小さじ2分の1の割合で追加すれば完成です。重曹水は汚れたらすぐに吹きかけることもできるため、1つ用意しておくといつでも使うことができます。

3-3.肌が弱い人はゴム手袋を用意しよう

重曹は自然由来の成分でできているため、市販の洗剤よりも刺激は少なめですが、肌が弱い人にとっては手が荒れてしまうかもしれません。念のために、ゴム手袋を用意しておくといいでしょう。酸素系漂白剤を使う際は、手についてしまうと皮膚が溶けてしまう恐れがあるのでゴム手袋の着用が必須です。

3-4.掃除機も用意しておくとスピーディー

カーペットの嫌なにおいを重曹で除去する場合、汚れに重曹を振りかけて数時間放置してから掃除機で吸い取ります。後ほど、具体的な方法を説明しますが、掃除機も一緒に用意しておいたほうがスピーディーに汚れと落とすことができるでしょう。また、事前に、カーペットに付着しているホコリや汚れを掃除機で吸い取ることで、より気になる部分の汚れが落としやすくなることもあります。

酵素系漂白剤と合わせて使うとより効果的なんですね。
はい。また、肌が弱い人はゴム手袋を使いましょう。

4.重曹を使ってカーペットの掃除をする方法

それでは、重曹を使ってカーペットの掃除を行う方法を説明しましょう。

4-1.重曹水を振りかけてからタオルで拭きあげるのが基本

基本的に、カーペット全体に重曹水をスプレーし、固くしぼったタオルで毛足を逆立てるように拭きあげるだけでOKです。タオルで拭いた後は窓を開けたり、エアコンをつけたりするなどして、ぬれた部分をしっかりと乾かしましょう。カーペットはキレイに見えていても、実は、足裏の皮脂で目に見えない汚れがたくさんついています。最低でも1か月に1回程度は、重曹水をスプレーして拭きあげるといいですよ。

4-2.においを除去したいときは粉を振りかける

ペットの粗相や嘔吐物、皮脂の嫌なにおいがカーペットについているときは、重曹水ではなく、粉のまま薄くまんべんなく全体に振りかけてください。重曹をまいて2~3時間ほどおいたら、その後は掃除機で粉をキレイに吸い取ります。放置する時間が長ければ長いほど、消臭効果が高まるので、まだにおいが残っている場合はもう1度重曹を振りかけて時間をおくといいでしょう。翌朝に吸い取るなど、時間をかけてみてください。においを完全に除去するためには、早く対処することが大切なポイントです。

4-3.シミ抜きには酸素系漂白剤を併用する

カーペットについたシミを抜く場合は、酸素系漂白剤と重曹を併用します。主な流れは以下のとおりです。

  1. 電子レンジでしめらせたぞうきんをヤケドしない程度の熱さに加熱する
  2. 容器に重曹大さじ1を入れ、酸素系漂白剤20ccを加え、ゴム手袋をした手でしっかりとかき混ぜる
  3. 重曹ペースを作った後、汚れが気になるところに塗布する
  4. しばらく放置した後、電子レンジで加熱したぞうきんを使って拭き取る
  5. 汚れにほんの少し水をたらし、乾いたぞうきんで軽くたたく
  6. 汚れが落ちるまで3~5を繰り返す
  7. 仕上げに水拭きをして、汚れと重曹ペーストをしっかりと拭き取る

4-4.汚れがなかなか落ちないときは業者に依頼する

自分で掃除をしてもなかなか落ちない汚れがあるときは、カーペットの掃除を行っている業者に依頼するといいでしょう。カーペットをクリーニングに出す方法もありますが、ハウスクリーニング業者の中には、カーペットのシミ抜き作業なども受けつけているところがあります。部屋の中で気になる汚れと一緒に掃除してもらえば、時間と手間をかけることなくキレイにできるでしょう。

重曹水をまいてタオルで拭くのが基本なんですね。
はい。ただし、あまりこすりすぎるとカーペットそのものを傷めてしまうので気をつけましょう。

5.カーペット掃除と重曹に関してよくある質問

カーペット掃除と重曹に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.色のついたカーペットを掃除する際の注意点は?
A.シミ抜きを行う場合、色のついたカーペットが色落ちしてしまう恐れがあります。酸素系漂白剤は色落ちの原因になるため、事前に目立たないところで試したほうがいいでしょう。しっかりと試してから、汚れ箇所に酸素系漂白剤を使ってください。大切なカーペットが台無しになるのでは……と不安な気持ちが大きければ、専門業者に依頼することをおすすめします。

Q.ペットのおしっこを拭き取るコツは?
A.重曹とペットシートを活用することです。以下の手順を参考にして、早めにおしっこを拭き取りましょう。

  1. ペットシートでおしっこをできるだけ拭き取る
  2. 汚れがきになる箇所に重点的に重曹をかける
  3. そのまま放置し、汚れに重曹をなじませる
  4. 2時間ほど経過したら掃除機で重曹を吸い取り、ぞうきんで水拭きする
  5. キレイに重曹を取り除いた後、仕上げにから拭きをして完了

Q.洗いにくいラグの掃除方法は?
A.ラグを掃除する際は、重曹と一緒にハッカ油・茶こし・掃除機を活用するといいでしょう。主な手順は以下のとおりです。

  1. 重曹にハッカ油を1、2滴たらしてしっかり混ぜる
  2. 茶こしに重曹を入れ、手を大きく振りながらラグ全体に振りかける
  3. ムラがないように、手やほうきで重曹をラグになじませる
  4. 20~30分放置した後、掃除機の1番強いモードで吸い取る、もしくは外ではたく

毛足がないラグの場合は、重曹をしっかりなじませることが大切なポイントです。なじませた後は掃除機で吸い取るだけですが、きちんとすべての重曹を吸い取るように心がけてください。

Q.キレイなカーペットを維持し続けるコツは?
A.汚れたらすぐに拭き取ることです。後は、こまめに掃除機でホコリなどを吸い取るように心がけましょう。カーペットに汚れがたまっている状態で皮脂汚れがついてしまうと、雑菌の繁殖や悪臭発生の原因になってしまいます。常にカーペットをキレイに掃除することが、清潔な状態を維持し続けるコツでもあるのです。

Q.業者選びのポイントは?
A.できるだけ、カーペットの掃除実績が豊富な業者を選びましょう。ハウスクリーニングを行っている業者は、サービスが充実しており、さまざまな方法で汚れを落とします。どのような方法で落とすことができるのか、見積書の内容やスタッフの対応などもチェックした上で、安心して依頼できるところを選んでください。

まとめ

重曹はカーペットについ油汚れや嫌なにおいを取り除くことができます。自然由来の成分でできているため、市販の洗剤よりも刺激を抑えることができるのです。ペットを飼っている方や、小さな子どもがいる家庭では刺激成分を使用するのが不安なので、自然由来の重曹をおすすめします。重曹でも除去できないときは、プロの業者に依頼するのも選択肢の1つです。まずは、重曹でカーペットの気になる部分をキレイに掃除してみてはいかがでしょうか。