衣類の収納ならお任せ! 衣服の上手な収納方法を詳しく教えます!

「衣類が多すぎて収納しきれない」「正しい収納方法が分からない」など、衣類の収納でお悩みではないでしょうか。特に衣替えの時期になると、とてもゆううつですよね。しかし、大切な衣類を長持ちさせるためにも、適切な方法で収納する必要があります。そこで、今回は、衣類の収納について詳しく解説しましょう。

  1. 衣類の収納について
  2. 衣類の収納方法を解説
  3. 衣服の収納アイデアを紹介
  4. 衣類の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、衣類の収納について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.衣類の収納について

最初に、衣類収納の基本を解説します。

1-1.収納する衣類の種類

衣類の種類には、以下のようなものがあります。それぞれどのくらいの量があるか確認してみてください。

  • コート
  • ジャケット
  • ジャンパー
  • ベスト
  • スーツ
  • ワンピース
  • シャツ
  • セーター
  • トレーナー
  • スカート
  • ズボン
  • 下着類
  • 服飾小物(スカーフ・マフラーなど)

1-2.衣類の収納場所

衣類の収納場所で主なものは、以下のとおりです。

  • クローゼット
  • タンス
  • 押し入れ
  • ベッド下やタンス上などのすき間スペース

1-3.衣類の収納でよくある悩み

衣類の収納には、さまざまな悩みがあるものです。

1-3-1.量が多すぎる

衣類の量が多すぎるために、収納しきれないという悩みです。「いつか着るだろう」とか「まだ着られるのにもったいない」と考えて処分せずにいた結果、増えすぎて手が付けられなくなってしまいます。

1-3-2.収納方法が分からない

適切な収納方法が分からないという悩みも多く聞かれます。不適切な方法で収納すると、衣類を傷めてしまうことがあるので注意しましょう。

1-3-3.収納スペースが少ない

衣類の量に比べて収納スペースが少ないという悩みは、多くの人が抱えているものです。収納スペースの許容量を考えずに購入したのでは、古い衣類を処分しない限り収納スペースは常に不足します。

1-3-4.シワやシミになる

収納から取り出したときのシワやシミが気になる、という悩みもあります。シワは、たたみ方や収納方法が適切でない場合に起こりやすいでしょう。シミが気になるときは、収納前の洗濯・クリーニングが不十分なケースと、カビ・害虫によるものに分かれます。特に、長期間収納したままだとシミになりやすいので注意しましょう。

2.衣類の収納方法を解説

衣類の収納方法を詳しく解説します。

2-1.衣類収納の基本

衣類収納の基本は、以下のとおりです。

  • 普段使うものは手前・取り出しやすい位置に
  • オフシーズンものは奥へ
  • 種類ごと分ける
  • 下着類・服飾小物類は浅めの引き出しを使う
  • シワを防ぎたいもの(コート・ジャケット・スーツなど)はつるす
  • 戸袋にはほとんど使わないものを
  • クローゼットの上段は使用頻度が低くて軽いものを
  • クローゼットの下段には使用頻度が低めでつるすことができないものを

事前に収納計画を立ててから実行すれば、スムーズに作業できます。まずは、収納するべき衣類の量を把握しましょう。どんな種類の衣類が何枚あるか確認することで、配置がスムーズに進みます。

2-2.衣類の収納方法

衣類の収納方法でおすすめのたたみ方を紹介します。それぞれの詳しいたたみ方は、こちらを参考にしてください。

2-2-1.シャツ・セーター・パーカー類

シャツ・セーター・パーカー類などは、四角くたたむと収納しやすくなります。たたみ終わったときに、襟の部分が正面にくるようにしましょう。収納するときは、上に積み重ねるのではなく縦に入れると取り出しやすく、迷子になりません。

2-2-2.ズボン

横に半分に折ってから、全体の3分の1程度の部分(股下の部分)で折ります。足先から3分の1程度の長さを折り、先に折っておいた部分の内側に入れ込んでください。

2-2-3.下着・靴下類

できるだけコンパクトになるように、全体の4分の1程度の大きさに折ります。ショーツやトランクスなどは、股(また)の部分を内側に折り込むようにたたんでください。

3.衣服の収納アイデアを紹介

衣類の収納アイデアをいくつか紹介するので参考にしてください。

3-1.衣類を上手に収納するには?

衣類を上手に収納するには、以下のアイデアを参考にしてみてください。

3-1-1.衣類の種類・色をそろえる

衣類の種類や色をそろえて収納すれば、何が何枚あるのかすぐに把握しやすくなります。似たような衣類の購入防止にもなるため、節約効果も上がることでしょう。

3-1-2.中身が見えるようにする

透明~半透明の衣装ケースを使用し、中身が見える収納にしましょう。何がどこにあるのか分かりやすくなります。収納したはずなのに迷子になってしまいったということも少なくなるでしょう。

3-1-3.ハンガーを利用する

スカートやズボン・スーツなどはハンガーを利用し、つるして収納してください。シワを防ぎ、通気性を確保できるので害虫被害も予防できます。

3-2.収納グッズを活用しよう

収納グッズを活用することで、収納スペースの空間をうまく利用したりデッドスペースを活用できたりします。さまざまな種類・サイズのものが売られているので、いろいろと調べてしてみるといいでしょう。たとえば、引き出し式でキャスターつきのラックを利用すれば、縦方向の収納力がアップするだけでなく、奥に収納したものも出し入れしやすくなります。つっぱり棒を使えばつりさげ収納を活用することができるので、シャツ類やスカーフ・ベルトなどの服飾小物類が分かりやすく収納できるでしょう。収納グッズは、アイデアしだいで無限の活用方法があり、おすすめです。

3-3.詰め込みすぎないことが大切

収納アイデアを駆使すると、必要以上に詰め込んでしまい、通気性が低下することあります。たくさん収納できると達成感はありますが、不要なものまで入れないようにしてください。また、除湿剤や防虫剤を入れてカビや害虫の被害から守りましょう。

4.衣類の収納に関するよくある質問

最後に、衣類の収納に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.衣類の収納に適した時期や季節は?
A.可能ならば、晴天が続いてカラっとした時期を選んでください。湿気(しっけ)は、衣類の大敵です。梅雨などの時期は、収納する際に湿気が入り込みやすいのでおすすめできません。

Q.衣類を処分するときの判断基準は?
A.以下を参考にしてください。

  • 普段着るもの・購入したばかりのもの:残す
  • 来シーズンも活躍するもの:残す
  • 特別な思い入れがあるもの:残す
  • 1年間着なかったもの:処分
  • 傷んでいるもの:処分
  • サイズや趣味が合わなくなったもの:処分

Q.衣類を捨てずに保管したいが収納スペースが不足している場合は?
A.たとえば、レンタルスペースを借りる方法もあります。どうしても捨てることができない衣類が大量にあるのなら、一時的にレンタルスペースを借りて保管するといいでしょう。立地や広さによって、月額数千円~の費用で借りることができます。

Q.不要になった衣類の処分方法は?
A.可燃ゴミとして自治体に出す・人に譲る・寄付するなど、いろいろな方法があります。有名ブランドのもので新品に近いものなら、インターネットオークションやフリマサイトなどでのリセールも可能です。シミなどの欠点がある・経年変化が激しいなどの理由でリセールが難しい場合は、ぼろ布として掃除に使うなどの活用方法もあります。

Q.衣替えで衣類を取り出した後はどうする?
A.まずは、衣類を軽く洗って日に干しましょう。保管する間に、汚れが浮き出てきている場合があります。また、洗うことで保管中の臭いも消えるのでスッキリすることでしょう。収納ケースを日に干す・クローゼットのものを出して湿気を追い出すことも忘れないでください。

まとめ

今回は、衣類の収納について詳しく解説しました。衣類を上手に収納することができれば、使いたいときにすぐに見つけやすく、取り出しやすいのでとても便利です。また、何があるか分かりやすいので、同じような衣類の購入を防ぐというメリットもあります。まずは、収納するべき衣類の量と種類を把握することから始めましょう。余裕を持って収納するためには、不要な衣類を処分することも必要です。特別な思い入れのあるものを除き、着る機会がない・趣味や体形が合わなくなったものなどは、思いきって処分しましょう。余裕を持って収納でき、洋服の傷みを防ぐこともできるのでおすすめです。