台所の収納でお悩みの方は必見! キッチンの片付け方を詳しく解説!

台所は、毎日の食卓を準備するための場所です。常に清潔に掃除するだけでなく、使いやすく収納することも大きなポイントといえます。どこに何があるのか分かりやすく、取り出しやすくしておけば、調理もはかどることでしょう。しかし、収納場所が少ない・収納方法が分からないなど、さまざまな悩みがあるものです。そこで、今回は、台所の収納や片付けについて詳しく解説します。

  1. 台所の収納の基本
  2. 台所の収納方法を学ぼう
  3. 台所の収納アイデアを紹介
  4. 台所の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、台所の収納について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.台所の収納の基本

最初に、台所の収納の基本を学びましょう。

1-1.台所で収納するもの

台所には、以下のようなものを収納します。

  • 食器
  • 調理器具
  • 食材
  • 掃除道具(食器用洗剤・スポンジなど)

1-2.台所の収納場所について

台所の収納場所は、主に以下のようなところです。

  • 食器棚
  • シンク下
  • 引き出し
  • コンロ下
  • カウンター
  • ストッカー
  • 壁面

1-3.台所の収納でよくある困りごと

台所の収納でよくある困りごとには、以下のようなものがあります。

1-3-1.ものが多すぎる

台所にはたくさんのものがあります。まずは、必要なものだけを残して処分しましょう。使わない食器や調理器具・壊れた家電・消費期限切れの食品などは思いきって処分すると収納スペースの節約にもなります。

1-3-2.収納場所が少ない

収納場所が少ないことでも、多くの人が悩んでいます。必要なものだけで許容量を超えてしまうとなれば、新たに収納を作る工夫が必要です。デッドスペースの活用や、床下収納の追加などを検討してみてください。

1-3-3.使いづらい

何も考えずに収納すると、必要なときに見つからない・取り出しにくい状態になるものです。使用頻度や種類・目的などによって仕分けし、収納してみましょう。また、使った後は元の位置に戻すことも使いやすい収納を維持するためのコツです。

2.台所の収納方法を学ぼう

台所の収納方法を詳しく解説します。

2-1.台所収納の基本

台所収納の基本は、以下のことに気をつけて調理がスムーズに進むように整えることです。

  • 必要なものを取り出しやすくする
  • どこに何があるか分かりやすくする
  • 調理時の動線をよくする

2-2.どこに何を収納するべきか?

台所のどこに何を収納するべきか、場所別に解説しましょう。

2-2-1.食器棚

食器棚には、普段使う食器を中心に収納しましょう。手が届きやすい位置に使用頻度の高いものをしまうと使い勝手がよくなります。高い位置や下段にはお客様用の食器類など、使用頻度の低いものを配置しましょう。種類や色・大きさをそろえて収納すると美しく仕上がります。

2-2-2.シンク下

シンク下のスペースには、掃除用具の収納をおすすめします。排水管のすき間空間をうまく使うために小さなラックなどを活用するといいでしょう。なお、シンク下は湿気がこもりやすく、害虫の被害を受けやすいため食品の保存には適しません。

2-2-3.引き出し

引き出しには、こまごまとした調理用具やカトラリーを整頓して収納しましょう。仕切りをうまく使うとキレイに収納できます。種類ごとに分けておけば、見やすいだけでなくすぐに取り出しやすいので調理や食事の準備がはかどるでしょう。

2-2-4.コンロ下

コンロ下には、鍋やフライパンなどの調理道具や油・しょうゆ・料理酒などを収納しましょう。シンク下と同様、空間をうまく使うためにラックなどを活用してください。引き出し型になっている場合は、引き出しごとに種類を決めて収納するといいでしょう。

2-2-5.カウンター

キッチンカウンターのスペースには、塩・コショウ・砂糖・塩などの調味料を収納します。調味料専用ラックやトレイを使うと、バラバラにならずに済むのでおすすめです。なお、カウンターは、一時的に食材や調理用具・食器類を置くためのスペースとして、できるだけ空けておくことをおすすめします。

2-2-6.ストッカー

台所にストッカーを設置すると、常温保存食材などの保管に便利です。何がどれだけあるか分かりやすいように、種類ごとに分けて収納しましょう。時々消費期限をチェックし、過ぎているものは入れ替えてください。

2-2-7.壁面

台所の壁面も、貴重な収納スペースになります。壁面にメッシュパネルとフックを使いお玉やフライ返し・さいばしなどをひっかけて収納しましょう。それぞれ重ならないように配置するのがコツです。

2-3.台所の収納でやってはいけないことや注意点

台所の収納では、以下のことに気をつけてください。いつでもキレイに整頓された台所を維持することができます。

  • 使ったものは元の位置に戻す
  • とりあえずで収納しない
  • 余分なものは処分する
  • 食材はきちんと密閉し、こまめに状態・消費期限を確認する

3.台所の収納アイデアを紹介

台所の収納アイデアを詳しく紹介します。

3-1.台所の収納ポイント

台所の収納は、以下のポイントに沿って行うといいでしょう。

3-1-1.使用頻度で分ける

使用頻度の高いものは、手が届きやすい範囲で手前に収納しましょう。普段使うことが少ないものは、上部や下部・奥に収納してください。配置を間違えると、使用するたびに手前のものをどけることになるので不便です。

3-1-2.種類ごとにまとめる

種類ごとにまとめて収納することで、どれだけの量があるかひと目で分かりやすくなります。新しく購入を考えたときにも、余分なものを買わなくて済むことでしょう。また、種類をまとめておいたほうが、必要なときに探しやすくなるのでおすすめです。

3-1-3.余裕を持って収納する

収納スペースには、余裕を持たせておくことが大切です。余裕がないと取り出すときにほかのものが当たって破損したり落下したりする可能性があります。「まだ収納できる」と思うぐらいがちょうどいいのです。

3-2.台所の収納のコツ

台所の収納をするときは、不用品をできるだけ減らしてから行いましょう。不用品を収納するのはスペースの無駄です。また、自分が使いやすいように調理の動線なども考えて収納していきましょう。

3-3.収納グッズを活用しよう

狭い台所では、収納グッズを活用して空間をうまく使いましょう。つっぱり棒と板を使って簡易棚を作ったり、2段ラックを使ったりすると収納量が増えるほか、取り出しやすくなります。また、通気性を確保できるのでカビなどの心配が減るのもメリットです。最近は、100円ショップやバラエティーショップにも多くの収納グッズが売られているのでいろいろと探してみるといいでしょう。

4.台所の収納に関するよくある質問

最後に、台所の収納に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.台所が狭くて収納場所が足りない場合は?
A.まずは、台所を隅から見渡してデッドスペースを見つけてください。食器棚と冷蔵庫の間やシンク上など、活用しきれていない場所があるはずです。わずかなスペースでも、工夫しだいで収納場所にすることができます。

Q.台所の収納を見直すペースは?
A.1~2か月に1回程度のペースで、普段使いにくい部分を中心に見直すといいでしょう。実際に使ってみて改善するべきところを修正すれば、より使いやすい台所になるはずです。また、6か月に1回は、不用品を処分することをおすすめします。

Q.収納が苦手なので自信がないのですが?
A.台所の収納を始める前に、きちんと計画を立ててみてください。とりあえず片付け始めてしまうと、途中で挫折しやすくなります。また、1日ですべて行おうとせず、数日に分けるものおすすめです。無理をせず、できるところから手をつけましょう。

Q.未使用の食器類を処分するのに心が痛みます
A.未使用の食器は、欲しい人に譲る・リセールするなどの方法を考えてみてください。ネットオークションやフリマサイトを利用するのもいい方法です。

Q.台所が散らかりすぎていて手に負えない場合は?
A.ハウスクリーニング業者に依頼する方法もあります。台所の掃除・整頓で、1~2万円程度からさまざまなプランがあるので、検討してみるといいでしょう。プロの手を借りることでキレイに仕上がるだけでなく、手間と時間を節約することもできます。

まとめ

今回は、台所の収納について詳しく解説しました。使いやすくスッキリとした台所にするためには、収納を工夫することが大切です。デッドスペースを収納場所にする・収納方法を考えるなど、いろいろと試してみてください。まずは、台所にあるものをすべて取り出し、不要なものを処分することも重要なポイントです。必要なものだけに限定することで余裕のある収納が実現できるでしょう。