液晶テレビ・パソコンモニターの掃除方法・NG方法や注意点など

テレビ・パソコン・スマホなど、私たちの周りにはさまざまな液晶画面が存在します。普段よく使いよく目にするものだからこそ、汚れが気になるでしょう。そこで今回は、液晶画面の正しい掃除方法についてご紹介します。

  1. 液晶の掃除の基本
  2. 液晶の掃除方法
  3. 液晶をきれいに保つポイント
  4. 液晶やテレビの掃除についてよくある質問
  5. まとめ

液晶の掃除には、使ってはいけない道具や洗剤があり、正しい方法で掃除をしないと傷がついたり余計汚れてしまったりすることもあるのです。液晶のホコリが気になる・掃除をしたいという方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.液晶の掃除の基本

まずは、液晶掃除の汚れや掃除について基礎知識をご紹介します。

1-1.液晶の汚れとは?

液晶につく汚れには、ホコリ・手アカ・油・ヤニなどがあります。いずれも徐々に蓄積されていく汚れです。一方、食べ物や飲み物のハネなどが付着することもあるでしょう。

1-2.液晶の汚れは放置してはダメ

液晶の汚れはなるべくこまめに拭き取りましょう。軽い汚れなら、から拭きやハンディーモップで簡単に対応できるためです。時間がたってこびりついてしまった汚れは、落とすのに注意が必要になります。

1-3.液晶の掃除の注意点とは?

液晶をなるべく傷つけないように掃除をしましょう。強い力でゴシゴシこすったり、使ってはいけない薬剤などを使ったりすると、液晶に傷がついたり表面のコーティング(光沢)がはがれたりしてしまいます。

1-4.掃除の頻度

液晶をきれいに保つための掃除の頻度についてご紹介します。

  • ホコリとり:毎日
  • 水拭き:(必要があれば)2週間に一度
  • 配線やコンセント周りの掃除:2週間~1か月に1回

2.液晶の掃除方法

次に、液晶の掃除方法について具体的にご紹介します。

2-1.液晶の掃除で使う道具とは?

液晶掃除には、ハンディーモップやマイクロファイバー布など、目の細かい布を使いましょう。眼鏡拭きのようなやわらかい布でもOKです。しつこい汚れには薄めた中性洗剤を使います(バケツ一杯に数滴程度)。

2-2.意外にNG! 液晶に使ってはいけない洗剤・道具とは?

液晶がどんなに汚れていても、以下の洗剤は使わないようにしましょう。

  • アルコール
  • 重曹(アルカリ性)・クエン酸(酸性)など
  • 壁・床やガラスクリーナーなど、アルカリ・酸性の家庭用洗剤※
  • ※中性洗剤は、薄めれば使用可能です。

前述のとおり、液晶のコーティングがはがれたり、ムラになってしまいます。また、雑巾・古着・ティッシュといった目の粗い布や紙は使わないようにしましょう。液晶が傷になってしまうことがあります。

2-3.液晶の掃除方法

液晶を掃除する具体的な方法をご紹介します。

2-3-1.から拭き

液晶掃除の基本はから拭きです。付着したホコリはハンディーモップやマイクロファイバー布でから拭きすれば簡単に掃除できます。テレビのそばに置いておき、毎日掃除する習慣をつけましょう。掃除のタイミングは、空気中に舞ったホコリが落ちきる朝方や帰宅後がおすすめです。

2-3-2. 水拭き

手アカ・油・ヤニなどがつく環境で液晶テレビやパソコンを使っている場合は、水拭きが必要です(これらの汚れがない場合、水拭きは不要)。水拭きをする際は固くしぼった布で優しく掃除しましょう。ゴシゴシとこすってはいけません。ぬるま湯で掃除するとより効果があります。掃除後はから拭きをしてください。

2-3-3.中性洗剤

前述のとおり、液晶の掃除にはアルカリ性・賛成はNGです。そのため、水拭きをしてもどうしても落ちない汚れは、キッチン用の中性洗剤を使用しましょう。ただし、キッチン用洗剤の中には、アルカリ・弱酸性のものあるので、成分をよくチェックしてください。洗剤を100倍に希釈した水またはぬるま湯を布につけて、固くしぼって使います。掃除後は水拭き・から拭きを行ってください。

2-4.テレビ全体の掃除について

テレビやパソコンなどで汚れがつくのは液晶だけではありません。液晶の枠・裏面・配線などにもホコリは付着します。液晶部分でなければ、ティッシュや家庭用洗剤などを使ってもOKです。ただし、洗剤が液晶につかないように十分注意しましょう。コンセントにホコリがたまると火災のおそれもあるため、月に1度は掃除を行ってください。あまりにホコリがたまるようでしたら、配線を検討するかホコリよけカバーを設置しましょう。

2-5.液晶掃除のポイント

液晶を掃除する際のポイントをご紹介します。

2-5-1.電源を切る

電源を切ることで、画面が暗くなり汚れが見えやすくなります。また掃除中の静電気の発生も抑えられるでしょう。

2-5-2.部屋の掃除・換気を行う

いくら液晶を掃除しても、部屋のホコリの総量が多ければ、液晶がすぐに汚れてしまいます。液晶の掃除とともに、部屋にあるホコリの量を減らす工夫も行いましょう。

2-5-3.汚れたらすぐに掃除する

食べ物類のハネがついたとき油ものの料理をした際は、すぐに水拭きをするのがおすすめです。すぐに掃除をすることで中性洗剤を使わずに済みます。なるべく、から拭き・水拭きだけで済むように心がけましょう。

3.液晶をきれいに保つポイント

次に、テレビやパソコンなど、液晶画面をきれいに保つポイントをご紹介します。

3-1.ホコリがたまらない場所に置く

服・布団がある部屋はホコリがでやすいです。液晶はなるべくホコリのない部屋に置くようにしましょう。

3-2.液晶を触らない

液晶を触らなければ手アカがつくことはありません。小さい子供が触ってしまう場合は、柵(さく)などを設置してもよいでしょう。

3-3.近くでたばこを吸わない・飲食をしない

ヤニや飲食物のハネを防ぐことができます。特に、液晶にヤニがつくと掃除が厄介なので、注意しましょう。

3-4.布をかぶせない

液晶や家電類に、ホコリよけとして布をかぶせる方がいますが、逆効果なのでやめましょう。布を着脱する際にかえってホコリがついてしまいます。

3-5.注意点

ウェットティッシュのような見た目の、液晶専用の液晶クリーナーも発売されています。から拭きだけでは心もとないと感じる方や、水拭きの頻度を上げたいという方は使ってみるとよいでしょう。ただし、画面に水気が残った場合はから拭きで拭き取ってください。

4.液晶やテレビの掃除についてよくある質問

Q.アルコールで液晶が白くにごってしまったのですが、直せますか?
A.コーディングがはがれてしまったので、直すことはできません。どうしても気になる場合はパネル張り替え修理をメーカーに依頼しましょう。

Q.液晶テレビにすぐホコリがついてしまうのですが
A.テレビは静電気によってホコリを吸着してしまう性質があります。テレビをこまめに拭くとともに、部屋のホコリを減らす工夫をしましょう。そのためには、布ものを置かない・換気をする・掃除機の頻度を上げる・空気清浄器を使用する、といった方法があります。

Q.スマホの液晶画面の掃除方法は?
A.スマホの画面も、今回ご紹介した内容と同じ方法で掃除してください。小さな眼鏡拭きなどが便利でしょう。また、画面保護シート(シール)の利用もおすすめです。

Q.液晶を掃除すると拭きムラができてしまうのですが?
A.拭きムラは、余分な洗剤分や水分によってできてしまいます。水拭きの場合は、固くしぼってから掃除をしてください。画面に水分が残ってしまった場合はすぐにやわらかい布で拭き取れば、拭きムラや水滴汚れを防ぐことができます。

Q.赤ちゃんがテレビを手で触ってしまうのですが、なにか対策は?
A.入ってほしくない場所にベビーゲートや人工芝を置くなどの方法がおすすめです。

5.まとめ

テレビ・パソコンなど、液晶画面の掃除方法についてご紹介しました。アルコールや洗剤など、よかれと思って掃除した結果、余計液晶が汚くなってしまうこともあるでしょう。液晶を掃除する際は、今回ご紹介した内容を確認して、正しい手順で行ってください。