キッチン用品をすっきり収納する方法は? コツや便利グッズを紹介!

「キッチンがごちゃついて、必要なものがすぐに取り出せずに困っている」と悩んでいる人は多いことでしょう。キッチンで使うものは大きさも種類もさまざまで、収納に苦労しがちです。また、「すぐにキッチングッズが増えてしまい、収納方法に悩んでいる」という人もたくさんいると思います。

そこで今回は、キッチンの収納方法について紹介しましょう。

  1. キッチンの収納に悩みやすい理由
  2. キッチン収納に使える便利なグッズ
  3. キッチン収納のアイデア
  4. ものを減らせばキッチンはキレイに使える
  5. キッチンの収納に関するよくある質問

この記事を読めば、キッチンの収納スペースを増やさずに収納量を増やす方法がよくわかるでしょう。キッチンの収納方法にお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.キッチンの収納に悩みやすい理由

はじめに、キッチンがごちゃつきやすく、収納に苦労する理由を紹介します。

1-1.キッチンに収納するものは大きさがバラバラ

キッチンに収納するものは、ティースプーンのような小さいものから、鍋のような大きなものまでいろいろな大きさがあります。そのため、それぞれの大きさに適した収納場所を作らなければなりません。

1-2.キッチングッズは増えやすい

キッチングッズや食器は値段も手頃なので、つい新しいものを増やしてしまいがちです。特に食器類は「何枚あってもいい」と思う人もいるでしょう。しかし、収納場所には限りがあります。収納場所に対してものが多すぎれば、収拾がつかなくなるでしょう。

1-3.めったに使わないけど必要なものも多い

キッチングッズや調理器具、食器の中には「めったに使わないけれど必要」というものもあります。大型のものならば、場所を取って収納場所を圧迫するでしょう。

1-4.キッチンが狭い家も多い

広々としたキッチンは憧れですが、家の構造や広さによってはどうしてもコンパクトになってしまいます。特に、ワンルームの場合、廊下の一部や部屋の一角がキッチンで、収納場所もほとんどないということも珍しくありません。

2.キッチン収納に使える便利なグッズ

この項では、キッチン収納に使うと便利なグッズを紹介しましょう。

2-1.引き出し用収納ケース

カトラリーやキッチン用小物を使いやすく整理するために、広いスペースを区切る収納ケースを用いると便利です。今は、引き出しの大きさに合わせた収納ケースも販売されています。また、百円ショップで売っている小物ケースなどを組み合わせて使ってもいいでしょう。

2-2.フライパンや食器を立てて収納できるグッズ

フライパンなど厚みのない調理器具や皿などは、立てて収納すると場所を節約できます。専用のスタンドも販売されていますが、書類収納ケースなどで代用することも可能です。

2-3.突っ張り棒とS字フック

突っ張り棒とS字フックを組み合わせれば、簡易的な収納棚ができあがります。また、吸盤つきのフックを使ってもいいでしょう。

2-4.キッチンワゴン

自由自在に動かせるコンパクトなキッチンワゴンは、すぐに使うものを置いておくのに最適です。「どうしても収納を増やしたいが、あまり大きなものは置けない」という場合、キッチンワゴンを利用しましょう。

2-5.小型ラック

大きな収納スペースに小型ラックを置くことで、上方にできがちなデッドスペースを減らすことができます。また、段差を作ることで、単にものを重ねるより、取り出しやすくなるでしょう。

3.キッチン収納のアイデア

この項では、使いやすいキッチンにするための収納アイデアを紹介します。

3-1.基本は使う場所にものを置く

キッチンは、作業台とコンロ、そしてシンクの3つに分かれています。コンロに近い方に調味料を、作業台付近に調理器具や普段使いの食器などを収納すると、使いやすくなるはずです。また、背の高い収納場所にものを収納する際は、腰から胸の高さまでのところに最も使うものを収納しましょう。

3-2.壁面や角などデッドスペースを利用する

壁面に吸盤つきフックをつけたり、角にぴったり合う小さな収納ラックなどを利用したりすれば、収納場所が増えます。特に、壁面は有効な収納スペースになるので、お玉など軽い調理器具を収納する場所として活用しましょう。また、有孔ボードや突っ張り棒などを利用しても壁面に収納スペースを増やせます。

3-3.収納容器は統一し、ラベリングする

収納容器はできるだけ統一し、ラベリングをすればたくさん入ります。また、容器を統一することにより整理整頓しやすくなり、並べたときにすっきりと見えるでしょう。

3-4.大きな収納グッズを買うのは最終手段

大きな収納グッズはたっぷりものが入りますが、その一方でキッチンを狭くします。大型の食器棚や収納ケースを増やすのは最終手段と考え、隙間を利用する小さな収納グッズを活用しましょう。

4.ものを減らせばキッチンはキレイに使える

いくら収納スペースを増やしても、無限にものを増やすことはできません。キッチングッズ・調理器具・食器は定期的に見直し、不要なものを処分しましょう。以下のようなポイントで仕分ければ、要・不要の区別もつきやすいと思います。

  • 一年全く使わなかった食器や調理器具は、これからも使う機会は少ない
  • 同じ食器は、家族の数に1~2枚余裕があれば十分
  • 使いにくい調理器具やキッチングッズは二度と使わない可能性が高い
  • 調味料類は賞味期限をチェックする

また、食器類はかけやひびもチェックしましょう。まだ使えると思うものでも、死蔵していれば意味がありません。ものが少なければ整理整頓も楽になります。

5.キッチンの収納に関するよくある質問

この項では、キッチンの収納に関する質問を紹介します。

Q.ものを小分けして収納する際の注意点はあるでしょうか?
A.出し入れしやすいグッズを使ってください。使うたびに取り出して蓋を開けなければならないとなったら、使いにくくなります。

Q.壁に棚などを追加したいのですが、キッチンでは可能でしょうか?
A.壁に止めるタイプの棚は、簡単に収納場所を増やせますが重いものは置けません。スパイスなど小さな調味料を置く場所などにしましょう。

Q.キッチングッズや食器をほかの場所に締まってはダメですか?
A.数ヶ月に1度しか使わないものならば大丈夫でしょう。

Q.収納スペースに段差を作り、より多くのものを収納したいのですが注意点はありますか?
A.背の高い収納スペースに段差を作るグッズを使えば、より多くのものを収納できるようになるでしょう。ただし、奥にものを突っ込んでしまうと。存在を忘れてしまいます。よく使うものは手前に、奥に置いたものも忘れないようにしてください。

Q.キッチンワゴンの上は作業台にできますか?
A.はい。できるタイプもありますが、衛生面を考えると調理をするより食器や調理器具の置き場所として利用すると便利です。

まとめ

今回はキッチンの収納について解説しました。キッチンの収納グッズはたくさん出ています。しかし、闇雲に買うのではなく、何を、どこに収納するために使いたいのか考えて購入しましょう。また、定期的にキッチン用品をチェックし、ものを減らしていくことも大切です。