掃除道具の収納はお任せ! 上手にしまうコツを徹底解説!

掃除道具は、掃除を効率よく進め、美しく仕上げるために欠かすことができません。しかし、掃除道具は数が多く、かさばるものもあるため、収納で困っている人もいることでしょう。きちんと収納しようと思っても、片づけ方が分からない・収納スペースが狭いなど、いろいろな悩みがあるものです。特に、収納が苦手な人にとっては頭の痛い問題でしょう。そこで、今回は、掃除道具の収納について詳しく解説します。

  1. 掃除道具の収納について
  2. 収納に関するよくある悩み
  3. 掃除道具の収納方法やコツ
  4. 掃除道具の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、掃除道具の収納のコツや注意点などがよく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.掃除道具の収納について

最初に、掃除道具の収納について詳しく解説します。

1-1.掃除道具を収納する目的や必要性

掃除道具の収納には、以下のような目的があります。

  • 掃除道具をまとめておくことで掃除の効率を上げる
  • 使いたいときにすぐ出せるようにしておく

掃除をしようと思ったときに掃除道具がどこにあるか分からなかったり、すぐに取り出すことができなかったりすると困ります。掃除を効率よく行うためにも、普段から掃除道具の収納をきちんとしておくことが大切です。

1-2.掃除道具の収納に関する注意点

掃除道具の収納は、取り出しやすさを第一に考えてください。見た目に美しく収納できても、奥のものを取り出すために手前のものをすべて出す・収納が崩れてしまうなどがあると掃除自体のやる気をそいでしまいます。使いやすさと取り出しやすさを考えて収納しましょう。

2.収納に関するよくある悩み

収納に関するよくある悩みと解決法を詳しく解説します。

2-1.見えないようにしたい

できるだけ掃除道具を見えないようにしたい、という悩みがあります。掃除道具が見えると、生活感が出てしまったりインテリアとの調和を保つことが難しかったりするものです。たとえば、部屋の隅などに掃除道具専用の収納コーナーを決め、周囲をカーテンで隠す方法があります。また、掃除道具専用の収納ボックスにまとめて入れ、ふたをすることも考えてみましょう。

2-2.ものが多すぎる

掃除道具の数が多すぎて、収納に困ることがあります。まずは、掃除道具をすべて出してみて、普段使うものと使わないものを仕分けしてみてください。次に、本当に必要なものだけを残して、不要なものは処分しましょう。ほとんど使わない掃除道具を処分することで、収納スペースに余裕ができます。

2-3.汚れている

モップやぞうきんなど、掃除道具が汚れているために臭いや雑菌繁殖が気になり、そのまま収納することをためらうこともあるでしょう。まずは、収納場所の下部に新聞紙などを引いておき、定期的に交換してください。また、掃除をした後は、掃除道具に付着した汚れもキレイにする習慣をつけると収納の際にも気にならなくなります。汚れが取りづらくなったものは、定期的に新しいものに交換することも大切です。

2-4.出し入れしにくい

掃除道具は大きさや形がさまざまなため、出し入れしにくいということがあります。特に、掃除機とほかの掃除道具を一緒に収納している場合は、工夫が必要です。十分な収納スペースを確保するか、掃除機だけを別の場所に収納することも考えましょう。ぞうきんなど、比較的小さな掃除道具は引き出しタイプの収納ボックスを活用すると、うまく収納できます。

2-5.どこに収納したか分からない

収納時に、定位置を決めておくようにしましょう。空きスペースがあるからという理由でとりあえず収納すると、何がどこにあるのか分からなくなりがちです。定位置に収納すれば、すぐに取り出して掃除することができます。また、使った後に定位置に戻すことを忘れないようにしてください。

3.掃除道具の収納方法やコツ

掃除道具の収納方法やコツを詳しく解説します。

3-1.掃除道具を収納するときに気をつけること

掃除道具を収納するときは、以下のポイントを心がけましょう。

  • 使用頻度が高いものを手前や取り出しやすい位置にしまう
  • 目的別(掃き掃除・拭き掃除など)に分ける
  • セットで収納する(フロアーワイパーと専用ペーパーなど)
  • 掃除道具を直接重ねないようにする(下のものが取り出しにくい)

3-2.掃除道具を上手に収納するコツ

掃除道具を上手に収納するには、デッドスペースを活用することがおすすめです。特に、ベッドの下など普段目に入りにくい場所は、掃除道具の収納にピッタリでしょう。また、ほうきやはたき・フロアーワイパーなどはフックを利用してつるすと、空間を活用できます。できるだけ床に置かないように収納することで、使いやすく取り出しやすくなるだけでなく、見た目もスッキリすることでしょう。

3-3.掃除道具の収納について

掃除道具の収納スペースを確保するためには、家の中の不用品を処分することも考えましょう。もう使わなくなった家電や家具・洋服・スポーツ用品など、不用品を処分すれば収納スペースに余裕ができます。趣味のコレクションや思い入れのあるものなど、どうしても処分できない不用品ものは、トランクルームなど、外部に預けることも考えましょう。

4.掃除道具の収納に関するよくある質問

最後に、掃除道具の収納に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、役立ててください。

Q.掃除道具をベランダや玄関にまとめておくのはダメですか?
A.収納場所がない・掃除道具を部屋に置きたくない、というのなら玄関やベランダに置くことになるでしょう。ただし、掃除のたびにそれぞれの場所に行く必要があり、めんどうになりやすいものです。また、きちんと整頓しておかないとベランダや玄関本来の機能に支障が出るので注意してください。

Q.掃除道具の臭いや雑菌の繁殖が気になるのですが?
A.市販の除菌・消臭スプレーを使用してみましょう。雑菌の繁殖を抑え、嫌な臭いを消してくれます。掃除道具の臭いや雑菌の繁殖は、汚れをそのままにしておくことが原因です。掃除道具をこまめにキレイにし、清潔に保つことも忘れないでください。

Q.掃除道具の収納に便利なグッズは?
A.フックやつっぱり棒・収納ケース類です。小物の整頓や空間の活用に重宝することでしょう。100円ショップなどでも入手しやすいので、おすすめです。ただし、何も考えずにグッズを買い込んでは無駄になってしまいます。どんな収納をするかよく考えてから、必要なものを用意しましょう。

Q.トイレの掃除道具はどこに収納するべきですか?
A.トイレの掃除道具は、トイレ内もしくは洗面所のシンク下など、すぐに手が届く場所に収納しましょう。トイレは特に汚れやすく、すぐに掃除ができるようにしておく必要があります。トイレが狭くても、最低限、トイレブラシだけは便器の横に置いてください。トイレ用洗剤やふき取りシートなどは、専用の収納ボックスを用意するのもおすすめです。

Q.掃除道具を大量に処分するときのアイデアは?
A.掃除機やほうき・モップなど、かさばるものが多かったり、ほかに処分したい不用品があるときは、業者に依頼するといいでしょう。自分で運ぶ手間がかからず、日時指定ができるので楽に処分できます。故障したものや汚れたままの状態でも出すことができるのもメリットです。

まとめ

今回は、掃除道具の収納について詳しく解説しました。思い立ったときに掃除をすぐに行うためには、常に掃除道具がきちんと決まった場所に収納してあることが大切です。まずは、掃除道具の定位置を決め、収納しましょう。また、使用頻度の高いものは手前にする・目的別にまとめて収納するなどの工夫で、使いやすくなります。収納スペースがない・足りない場合は、部屋の不用品を片づけて専用スペースを確保する・コーナーやベッド下などのデッドスペースを利用するなどもおすすめです。掃除を楽に、効率よく進めるためにも、ぜひ掃除道具の収納を見直してみてください。