クエン酸を使ったトイレ掃除の方法を知りたい! おすすめの使い方は?

トイレは、家の中でも汚れやすい場所です。掃除の間隔があくとすぐに汚れが目立って大変、と思っている人も多いことでしょう。トイレの掃除用に専用の洗剤もたくさん発売されていますが、クエン酸を利用すると汚れだけでなく消臭効果も期待できます。
そこで、今回はトイレ掃除にクエン酸を使うメリットと効果を紹介しましょう。

  1. クエン酸の基礎知識
  2. トイレ掃除にクエン酸を使うメリット
  3. クエン酸を使ったトイレ掃除方法
  4. クエン酸を使ったトイレ掃除に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、もう「トイレの汚れが落ちない」と悩むことはありません。クエン酸を使った掃除に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.クエン酸の基礎知識

はじめに、クエン酸の成分やどんな汚れに効果があるのかということを解説します。

1-1.クエン酸とはどんな物質?

クエン酸はヒドロキシ酸の一種で、柑橘類に多く含まれています。柑橘類の酸味は、このクエン酸由来です。クエン酸は酸味料としても使われており、体内に入っても害はありません。

1-2.洗剤としてクエン酸を使う効果

クエン酸はその名のとおり酸性ですから、アルカリ性の汚れを落とす効果があります。住居につくアルカリ性の汚れは、以下のようなものです。

  • 水あか
  • 石けんカス
  • 尿石

つまり、水回りの掃除に適しています。キッチン用洗剤やお風呂用洗剤にもクエン酸が配合されているものが豊富です。また、抗菌効果もあるため、「水洗いできないけれど汚れやすい」というところの掃除にも適しています。

1-3.重曹と併せて使っても効果的

体に害のない洗剤代わりになるものといえば、重曹が有名です。重曹は酸性の汚れを落とすので、併せて使えば、家じゅうの汚れをほとんど落とすことができるでしょう。また、重曹とクエン酸を混ぜて水を入れると反応して激しい泡が出ますが、これは無害です。排水溝などの汚れとりに使うといいでしょう。

1-4.クエン酸の購入方法

クエン酸は、ホームセンター・スーパー・100円ショップ・ドラッグストアで販売されています。粉状のものと、水に溶かして液状になったものが販売されていますが、粉状の方が使い勝手がいいでしょう。値段は、数百円です。湿気に弱いので、密封できる缶などに移して保管しておきましょう。

2.トイレ掃除にクエン酸を使うメリット

1-2でご紹介したように、トイレにつく汚れの大半はクエン酸で落とすことができます。また、クエン酸は水に溶いても、水と練ってペースト状にしても使うことができ、通常の汚れからしつこい汚れまで落とすことができるでしょう。さらに、クエン酸は抗菌効果のほか、消臭効果もあります。トイレの臭いが気になるという場合もクエン酸を使用して掃除してみましょう。

3.クエン酸を使ったトイレ掃除方法

この項では、クエン酸を使ったトイレ掃除方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.水溶液にして掃除に使う方法

水200mlに対し、クエン酸を小さじ1杯の割合で混ぜるとクエン酸水になります。スプレーボトルに入れて汚れに吹きかけ、掃除してみましょう。通常の汚れならばそれで十分に落とせます。
また、しつこい汚れはトイレットペーパーにクエン酸水をしみこませたもので、パックをしてみてください。

3-2.ペーストで使う方法

クエン酸の粉末を少量の水で練ると、クエン酸ペーストができます。クエン酸ペーストは、尿石など落ちにくい汚れを落とすのに使いましょう。クエン酸ペーストを汚れの上に塗り、30分ほど放置してからブラシでこすればきれいに落ちます。

3-3.黒ずみは重曹で落とす

トイレの黒ずみはクエン酸よりも重曹の方が落としやすいので、黒ずみ汚れが多い場合は重曹も使いましょう。重曹小さじ1杯を水200mlに溶かせば重曹水、少量の水で練れば重曹ペーストができます。黒ずみにスプレーしたり、ペーストをつけて磨いたりしてください。

3-4.注意点

クエン酸は、金属を腐食させます。ですから、金属部分をクエン酸で掃除した後は、水でしっかりとクエン酸を流しましょう。また、タンク内部は金属部品が多いのでクエン酸は使えません。
さらに、塩素系のトイレ用洗剤とクエン酸を併用すると有毒ガスが発生します。塩素系洗剤はその旨が大きく容器に記されているので、絶対に併用しないようにしましょう。クエン酸ではどうしても取れない汚れがある場合は、一度クエン酸をしっかりと洗い流し、改めて洗剤を利用してください。

4.クエン酸を使ったトイレ掃除に関するよくある質問

Q.クエン酸の代わりに、レモン汁やお酢で代用できますか?
A.可能ですが、粉末のクエン酸を使用した方が簡単です。なお、お酢は米酢や穀物酢を使ってください。すし酢などは砂糖が入っており、べたついてしまいます。

Q.クエン酸は、トイレ以外にも掃除に使えるのですか?
A.はい。キッチン掃除や風呂掃除などに大活躍するでしょう。重曹と1パックずつ購入しておくといいですね。

Q.プラスチックや陶器はクエン酸で腐食することはありませんか?
A.はい。プラスチックや陶器は酸では腐食しないので、安心して使ってください。

Q.掃除用のクエン酸と食品用のクエン酸に違いはありますか?
A.掃除用のクエン酸の方が、不純物が多いので安価です。体に入っても害はありませんが「掃除用」として売られているクエン酸を料理に使わないようにしましょう。

Q.クエン酸は除菌効果はありますか?
A.いいえ。抗菌効果はありますが除菌効果はあまりありません。除菌をするには酸素系漂白剤などを用いましょう。塩素系漂白剤は、絶対にクエン酸と併せて使ってはいけません。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回はクエン酸を使ったトイレ掃除の方法を紹介しました。クエン酸はトイレだけでなく、水回り全体の掃除に使うことができます。専用の洗剤を何本も買いそろえるのが面倒という人は、ぜひ利用してみてください。クエン酸水やペーストがあればトイレだけでなく、お風呂やキッチンもピカピカにできるでしょう。重曹と併用して使ってみるのもいいですね。体にも害がないということは、環境も汚しません。エコ活動にもなります。