事故物件の掃除はどうすべきか? 特殊清掃の必要性と作業内容を解説

自殺や殺人、孤独死などがあった物件を、事故物件と呼びます。事故物件サイトに登録されることもあり、時折世間を賑(にぎ)わす話題となっているのです。事故物件の掃除は、通常のハウスクリーニングとは異なります。特殊清掃を扱う業者が清掃をし、遺体などの痕跡をなくす処理を行う必要があるのです。事故物件の清掃がどのようになされるのか、気になりますよね。
今回は、事故物件の掃除についてです。

  1. 事故物件とは何か?
  2. 事故物件の清掃はどうしたらいいか?
  3. 事故物件の清掃・業者に依頼する方法
  4. 事故物件の掃除でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、事故物件の清掃についてよく分かります。事件や自殺の痕跡はきちんと処理しなければ、次の借り主が現れません。特殊清掃についても、知識を持っておきましょう。

1.事故物件とは何か?

事故物件とはどんなケースを指しているのか、問題点などを見ていきましょう。

1-1.どんなケースがあるのか?

前述したとおり、事故物件に該当するのは、殺人事件・自殺・孤独死などがあった物件です。病死で亡くなった場合でも、遺体の発見が遅く、腐敗が進んだ状態で見つかると事故物件として扱われます。

1-2.事故物件の問題点

事故物件はしばしばいわくつきの物件として扱われ、次の借り主がなかなか現れないものです。問題点を見ていきましょう。

1-2-1.借り主

事故物件だと知らされるのは、1代前の借り主のときに事件や自殺があった場合だけです。2代前の借り主のときに事故があった場合、知らずに住むことになります。事故物件だと特定するためには、事故物件サイトでチェックするか、家賃が相場より極端に安いなど、違和感を抱く点がないかを見ることです。

1-2-2.貸し主

貸し主は、事故物件だと告知する義務があります。事故物件は避けられる傾向にあるため、貸し主は大きな損害を被ることになるでしょう。家賃を通常より安くして貸し出すか、部屋を大幅にリフォームするなど、借り主探しに奔走しなければなりません。

1-2-3.そのほか

事故物件だけが注目されますが、周辺住民にとっても不快な存在となります。悪臭・害虫・心理的不安など、事故物件がもたらすマイナス要素は、長きに亘(わた)って続くのです。

2.事故物件の清掃はどうしたらいいか?

事故物件の掃除がなぜ必要なのか、どんな清掃をするのかなどを見ていきましょう。

2-1.清掃の必要性

遺体が発見された現場は、血液・体液・汚物で悪臭を放ち、ウジやハエなどの害虫が発生します。通常の掃除では落とすことができません。体液や血液は、床下まで広がることもあります。床を剥がし、特殊な洗剤で清掃をしなければならないのです。

2-2.どんな清掃か?

事故物件の掃除をするのが、特殊清掃です。遺体のあった場所は人の形がくっきり分かるほど、悲惨な痕跡を残します。原状回復するためには、死臭の除去・害虫駆除・体液の除去など、特殊なクリーニングを行うことが必要です。遺体があった場所だけではなく、物件全体に死臭や腐敗臭は広がります。風呂場で遺体が発見された場合、そのまま浴槽に残った水を流すことはできず、配管が詰まらないように除去しなければなりません。腐敗した物体を丁寧に取り除き、臭いや痕跡を完全になくす清掃をするのです。害虫は、感染症を媒介する恐れがあるため、次の入居者の安全に配慮し、完全に除去した後、除菌も施します。

2-3.自分でできるか? 問題点など

死臭や腐敗臭は、自分で取り除くことができません。前述したとおり、床下まで体液が広がっているケースもあるでしょう。壁や備え付けの家具など、至るところを清掃するため、個人で行うのは難しいのです。腐敗した遺体があった場所のカーペットや畳などを処分する際も、周囲に迷惑がかからないように運び出すのは、素人では困難を極めます。プロの清掃業者に依頼したほうが、確実で安心できるでしょう。感染症などの問題も心配ありません。

3.事故物件の清掃・業者に依頼する方法

事故物件の清掃を行う業者の紹介です。業者に依頼するメリットや業者の選び方などを覚えておきましょう。

3-1.清掃を依頼するメリット

特殊清掃は、ハウスクリーニングとは異なります。腐敗した遺体がある現場は、悪臭や害虫でむごたらしい状態です。汚物の処理を迅速に行い、周囲へ分からないように進める技術を持つのが、特殊清掃の特徴でしょう。除菌処理を確実に行い、感染症対策も万全です。

3-2.どこでできるのか?

特殊清掃は、掃除業者が手がけています。ハウスクリーニング以外に、業務内容に特殊清掃と記載がある業者を選びましょう。現場清掃の記録などを、ブログなどにアップロードしている業者もあります。参考にしてみてください。

3-3.業者の選び方

業者を選ぶ際は、特殊清掃の技術に目を向けましょう。事故物件は、原状回復して貸し主に明け渡す必要があります。単なるハウスクリーニングでは、納得のいく仕上がりにはなりません。悪臭や害虫を取り払い、気持ちのいい状態にできる技術を持った業者を選んでください。遺品整理も手がける業者なら、部屋の明け渡しがスムーズに行えるでしょう。

3-4.作業の流れ

特殊清掃の流れは、以下のとおりです。

  • 安全確認と感染症対策のための防備を整える
  • 薬剤の散布
  • 血液・体液の除去
  • 害虫駆除
  • 家財などの処分
  • 薬剤の再散布
  • 除菌・消臭 

3-5.業者に依頼するときの注意点

事故物件というだけで、焦りを感じてしまうものです。急いで業者を探そうとする方もいるでしょう。しかし、業者の技術はそれぞれ異なるため、比較が必要です。見積もりを出してもらい、作業内容や費用などを比べてから決めてください。担当者の対応から、作業への姿勢が分かります。

4.事故物件の掃除でよくある質問

事故物件の掃除に関する疑問を集めました。

Q.特殊清掃は誰が費用を出すのか?
A.物件の連帯保証人や法定相続人となっています。身寄りがいない借り主だった場合、貸し主の負担となることもあるでしょう。

Q.特殊清掃をしなかった場合はどうなるのか?
A.死臭や腐敗臭は独特で、こびりついて落としにくいものです。通常のハウスクリーニングや自己流の掃除で終えてしまった場合、臭いが残ってしまいます。最終的に、特殊清掃が必要になるため、はじめから業者に依頼したほうが速やかに原状回復できるでしょう。

Q.特殊清掃に立ち会いたくない
A.事故物件の現場は、むごたらしい状態が多いものです。遺族とはいえ、立ち会いたくないという気持ちになるでしょう。特殊清掃に立ち会いは必要ありません。鍵を渡し、掃除が終わるのを待ちましょう。

Q.事故物件の原状回復はどのくらいが基準になるのか?
A.原状回復の度合いは、貸し主と相談して決めましょう。話し合いを終えてから、業者に依頼するとスムーズです。

Q.特殊清掃にかかる費用はどのくらい?
A.部屋の広さによって変わります。また、遺体発見の状況や、腐敗の進行具合でも変動があるでしょう。一般的に、数万円から数十万円かかるとされています。業者の見積もりを比べ、相場を探りましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 自殺・殺人事件・孤独死などがあった現場を、事故物件と呼んでいます。遺体の腐敗が進んでいる場合も多く、体液や血液が流れ出し、一般的なハウスクリーニングでは対処できません。悪臭や害虫を取り除くため、特殊清掃が必要です。特殊清掃を手がける業者に依頼しましょう。実績や経験が豊富で技術力が高いことも大切ですが、対応や作業に対する姿勢も重視して選んでください。見積もりで業者を比較して決めましょう。