部屋の掃除をやる気にさせる方法とは? 上手な掃除のコツをご紹介!

「掃除しないといけないのにやる気が出ない」「いつも面倒くさくなって中途半端になってしまう」など、掃除のやる気が出ずに悩んでいる方が多いでしょう。掃除が好きな人もいますが、面倒に感じている人がほとんどだと思います。一体、どうすれば掃除が好きになれるのか、やる気が出てくるのか悩むときは、掃除方法のポイントを押さえることが大切です。そこで、本記事では、掃除のやる気が起きる方法とコツを説明します。

  1. 掃除が面倒な理由、悩みごとについて
  2. 掃除をやる気にさせる方法とは
  3. 掃除をやる気にさせる掃除方法とは
  4. 掃除のやる気に関してよくある質問

この記事を読むことで、面倒に感じがちな掃除が楽しくなり、キレイな部屋を維持するコツが分かります。掃除が苦手な人や片付けさせたい人は、ぜひチェックしてください。

1.掃除が面倒な理由、悩みごとについて

まずは、掃除が大変な理由、よくある悩みごとについてチェックしておきましょう。

1-1.掃除が面倒、大変な理由

掃除機を出したり、雑巾(ぞうきん)で水拭きをしたり……掃除のほとんどは体を動かす作業です。「育児や仕事で疲れているから掃除したくない」「毎日が忙しい」などの理由で、掃除が面倒に感じる方が多いのではないでしょうか。頑固な汚れがついている箇所ほど、キレイにするには時間がかかります。掃除が大変に感じるのは、時間と手間がかかるからです。しかし、面倒に感じて掃除を放置していると、頑固な汚れになり、さらに面倒な状態になってしまいます。

1-2.掃除でよくある悩みごと

「掃除の時間がない」という悩みが社会人のほとんどにあるでしょう。仕事で忙しい日々を送っていると、日々の生活も乱れてしまうものです。いつの間にか部屋が汚くなり、手の施しようのない状態になる方もいると思います。掃除をするためには十分な時間が必要と思いがちですが、朝のちょっとした時間でも十分です。掃除時間は、工夫しだいでつくることができます。
また、掃除に費やす労力・体力がないという点も、よくある悩みごとの1つです。高齢の人は、掃除したくてもなかなかやる気が起きないでしょう。

1-3.掃除が大変な箇所とは

ある媒体が掃除のアンケートを行った結果、掃除が面倒だと思う場所第1位に「トイレ」が挙がりました。トイレに次いで、キッチン・リビング・玄関が続いています。掃除が大変な箇所は、汚れやすい「水まわり」でしょう。水まわりは水垢(みずあか)だけでなく、カビ・皮脂の汚れなどさまざまなものがつきやすい場所でもあります。また、便器の中・排水溝など狭い空間が多いのも理由の1つです。狭くて掃除がしにくい・いろいろなものを置いている場所ほど、掃除が面倒に感じやすい傾向があります。

1-4.掃除が好きな人と苦手な人の違い

掃除が好きな人、得意な人、苦手な人、片付けができない人など、さまざまな人がいます。しかし、掃除が上手にできる人すべてがもとから上手にできたわけでも、掃除が好きだったわけでもありません。いろいろな方の話を耳にすると、「失敗経験」が原動力で掃除が好きになったという人が結構いるのです。掃除が好きな人の中には、失敗をもとに、どうすれば上手に掃除ができるのか考えてプロセスを身につけた人もいました。つまり、掃除が好きな人と苦手な人の違いは、プロセスを歩んできたかどうかなのです。苦手な人でもきちんとプロセスを積んでいけば、掃除が好きに得意になれるでしょう。

2.掃除をやる気にさせる方法とは

掃除をやる気にさせる環境づくりとポイントを説明します。

2-1.環境づくり

現在の環境は、あなたにとって掃除しやすい環境でしょうか。まずは、部屋中を見渡してみてください。掃除しやすい環境づくりのポイントは、以下の3点です。

  • 掃除機・フローリングワイパーが通れる幅を確保する
  • 床にものを置かない
  • 部屋の角(かど)を空ける

部屋の掃除に必要なのが、掃除機(またはフローリングワイパー)となります。床にたまっているホコリと汚れをキレイにすることができますが、通れる幅が必要です。床にものをたくさん置いている・不用品であふれている環境は、掃除のやる気が起きない原因にもなります。自分が通れる幅をつくっておけば、雑巾がけもできるようになるでしょう。
また、要らないもの・使っていないものが大量にある場合は、片付けから始めてください。部屋の角はものを置いてしまいがちなので注意が必要です。角はホコリ・ゴミがたまりやすい場所でもあるため、ものを置くとさらに汚くなってしまいます。部屋をキレイに片付けて要らないものを処分してください。ある程度、ものを減らすだけでも掃除しやすい環境へと変わるでしょう。

2-2.やる気にさせるポイント

掃除のやる気が出てくる・やる気にさせるポイントをいくつか紹介します。

2-2-1.ご褒美を用意する

掃除ができたときは、自分または家族に小さなご褒美を与える方法があります。何かご褒美があれば、「掃除しよう!」と実行しやすくなるのです。たとえば、「キッチンを片付けたら新しい食器を買う」「おもちゃを片付けたらおやつの時間にする」など、些細(ささい)なご褒美でも構いません。小さなご褒美を用意することで、掃除の習慣づけができるようになります。

2-2-2.散らかったものをまとめる

使ったものをそのままにしたり、あちこちにいろいろなものを置いたりするのはNGです。ものが散らかっている状態は、やる気がダウンする要素となります。掃除のやる気を起こすためには、散らかったものを1か所にまとめることが大切です。まとめるだけでもその場所がキレイになり、さらにほかの場所もキレイにしたくなるでしょう。

2-2-3.グッズを活用する

現在は、さまざまな掃除グッズ、片付けアイテムが発売されています。これらのアイテムを活用するのも、掃除のやる気を起こさせるポイントの1つです。たとえば、カラーボックスを利用して種類ごとに収納する、オシャレな掃除アイテムを使うなど、さまざまな活用法があります。

2-3.実例を紹介

実際に、掃除のやる気を起こすために実践している方法をいくつか紹介しましょう。

  • 友人や知人を家に招待する
  • オシャレな掃除道具をすぐに取り出せる場所に置く
  • 好きな音楽を聴きながら掃除をする
  • 家がキレイな人のSNSやブログをチェックする
  • 歩数計をつけてダイエットとして掃除する
  • 汚れを見つけたらすぐに掃除する
  • 掃除が終わったときの達成感を思い出すなど

最近では、TwitterやInstagramなどで掃除方法や片付け方を紹介している方が増えています。理想的な部屋の写真を見つけて、触発されてやる気を出すのもポイントでしょう。「こんな部屋にしたいな」と思い描くと、掃除に対するやる気も出てくるはずです。

3.掃除をやる気にさせる掃除方法とは

それでは、場所別に掃除方法のポイントと時間、注意点を説明します。掃除を始める前に、ぜひチェックしてくださいね。

3-1.浴室

浴室は湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすい場所となります。そのため、常に「換気すること」が大切なポイントです。浴室を使った後は窓を開けて、換気を心がけてください。また、カビが発生しやすい場所は、菌の繁殖が活発な場所でもあります。特に、浴槽は皮脂の汚れがつきやすい場所でもあるため、使用後は必ず掃除をしてください。天井・床・浴槽にカビがある状態なら、カビ取り剤を使用するとよいでしょう。頑固な汚れになる前に、掃除することが大切です。

3-2.玄関

家族の人数が多い家庭は、玄関が最も汚れやすい場所といえるでしょう。外からの汚れが家の中に入りこむので、玄関は常に清潔な状態にしてください。風水でも、玄関は幸運を運んでくれる場所であり、悪い気が溜まる場所でもあるのです。つまり、玄関をキレイに維持し続ければ、幸運が舞い込んできやすくなるでしょう。ホウキなどで床をはき、雨などで濡れた靴はしっかり乾燥させてからしまってください。また、外から持ち込みがちな土・砂・ホコリを防ぐためには、家の中に入る前に、靴についた汚れを落とすことが大切です。

3-3.リビング

リビングの掃除は、床掃除とホコリ取りが重要なポイントとなります。まずは、掃除前に散らかっているリビングを片付けるところから始めてください。リビングの床、テーブルの上は余計なものを置かないのが基本です。そして、天井からホコリを落としていき、最後に床を掃除します。上から下の掃除を心がけることで、余計なホコリをほとんど取りのぞくことができるでしょう。

3-4.キッチン

キッチンは、料理の際に飛んだ油汚れが頑固な汚れになりやすい場所でしょう。いつの間にか、キッチンの床や壁がベタベタしてしまいます。キッチンの掃除は浴室と同じく、使った後にすぐキレイにすることが大切です。油汚れは早めに掃除すれば、頑固な汚れになりません。ほとんど、中世洗剤で落とすことができますが、なかなか落ちない場合は重曹を使ってください。

3-5.トイレ

トイレは汚れだけでなく、嫌なニオイがつきやすい場所でもあります。水まわりの掃除は、毎日行うことが基本です。便器は専用の洗剤を使ってキレイに掃除しましょう。もし、トイレの壁に黒ずみができた場合は、消毒用エタノールをスプレーしてトイレットペーパーなどで拭き取ってください。気になる汚れがあれば、すぐに掃除したほうがよいでしょう。

3-6.掃除の時間について

仕事後は疲れがたまっているので掃除のやる気が出てきません。そのため、朝の空いた時間を利用して掃除することをおすすめします。たとえば、早起きをして出かける前に掃除するなどです。掃除は一気にする必要はありません。顔を洗うついでに洗面所の排水溝をキレイにしたり、お皿を洗うついでにコンロまわりを拭き取ったり、「ついで」の時間を活用します。10分だけでも毎日掃除をすれば、キレイな部屋が維持できるでしょう。

3-7.注意点

掃除をしない期間が長くなると、余計に掃除が大変になります。なぜなら、掃除しない分だけ汚れがたまり、頑固になるからです。逆に、毎日掃除を心がけておけば、簡単な掃除でキレイな状態が維持できます。掃除のやる気・モチベーションを維持するためにも、毎日少しずつ掃除を心がけてくださいね。

4.掃除のやる気に関してよくある質問

掃除のやる気に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.やる気がなくなる掃除方法とは?
A.掃除の最中にやる気がなくなる人は、一気にしようとしているケースがほとんどです。1日がかりで大掃除をするのではなく、毎日少しずつすることがポイントでしょう。意気込みすぎであちこちに手を伸ばすと、かえって収拾がつかなくなってしまいます。

Q.子どもに掃除のやる気を起こさせるためには?
A.親が楽しそうに掃除をする姿を見せてください。嫌々ながら掃除に取り組むよりも、楽しそうにすることで興味を示すようになります。そして、子どもが使いやすい掃除道具を用意するとよいでしょう。かわいい子ども用の掃除グッズを使うことで、さらにやる気が出てきます。いずれは、自主的に掃除をするようになるかもしれません。

Q.掃除のリストをつくりたい
A.掃除を始める前に、チェックリストをつくることも大切なポイントです。まずは、気になるところをリストアップしてください。そうすると、掃除全体の作業量が見えてきます。そして、どの順番ですすめれば効率がよいのか、この日はどこまで掃除できるのかスケジュールを立てていきましょう。スケジュールのポイントは、無理のない程度にすることです。

Q.ハウスクリーニングを依頼したほうがいいケースとは?
A.頑固な汚れがある・掃除量が手に負えない・忙しくて時間がないという方は、プロの業者にハウスクリーニングを依頼するのも選択肢の1つです。ハウスクリーニング業者は、専用の洗剤と機械を使って徹底的に掃除を行います。頑固な汚れも取りのぞくことができるでしょう。

Q.ものを増やさないコツが知りたい
A.掃除しやすい環境づくりのためにも、要らないものを処分しましょう。次から次へとものが増える方は、新しいものを購入したら古いものを捨ててください。そうすることで、収納スペースが確保でき、整理整頓がしやすくなります。

まとめ

いかがでしたか? 掃除のやる気が起きない・掃除してくれない場合は、まず環境づくりから始めてください。掃除しやすい環境にすることで、実践しようと意欲が湧き出てくるはずです。そして、掃除アイテムを上手に活用したり、毎日少しずつ掃除をしたり、日常生活に工夫をしましょう。毎日数分だけでもよいので、1か所キレイにしてください。毎日少しずつ掃除をすることで、大掃除も楽になりますよ。