なかなか簡単に落とすことができないトイレの黄ばみ……一体何が原因なのか、どうして掃除をしてもきれいにならないのか困ってる方は多いでしょう。トイレの黄ばみはトイレ用洗剤では落ちないといわれていますが、しっかりと汚れの原因や掃除のポイントを押さえておけば落ちる汚れです。

そこで、本記事では、トイレの黄ばみの原因や掃除方法などについて解説します。

  1. トイレの黄ばみは何が原因か?
  2. 黄ばみ掃除に役立つアイテム
  3. トイレの黄ばみを掃除する方法と注意点
  4. トイレの黄ばみを予防する方法
  5. トイレの黄ばみに関してよくある質問

この記事を読むことで、トイレの黄ばみ掃除に役立つアイテムや予防方法などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.トイレの黄ばみは何が原因か?

まずは、トイレが黄ばむのは何が原因がチェックしておきましょう。

1-1.尿に含まれるカルシウム

トイレの黄ばみは、尿に含まれるカルシウムが主な原因です。尿ににはカルシウムといった成分が含まれており、それらが結晶化したのが尿石となります。トイレにこびりついた尿石を放置してしまうと、尿や尿石の成分が腐敗するでしょう。その結果、バクテリアが増殖し悪臭が発生することになります。尿石は、尿に含まれる有機成分が尿素・たんぱく質といった無機成分と結合してできたものです。石化した状態になっているため、ほかの汚れよりもこびりつきやすく、落ちにくい厄介な性質を持っています。

1-2.黄ばみができやすい場所をチェック!

トイレでも黄ばみができやすい場所がいくつかあります。代表的なのは、便座の裏側でしょう。便座の裏側の汚れは座って小用をする際の飛び散りがほとんどの原因です。男性と違い女性は便座をあげることが少ないので、尿の飛び散りになかなか気づかないケースが多いでしょう。また、便器のフチ裏も黄ばみができやすい場所です。トイレブラシが行き届きにくい場所で、いつの間にか頑固な汚れになってしまうでしょう。そして、床と壁も黄ばみができやすい場所となります。主に、男性が立って用をたすことで尿が飛び散ったり、トイレスリッパの裏に尿が付着して周囲に飛散したりするのです。

2.黄ばみ掃除に役立つアイテム

ここでは、黄ばみ掃除に役立つアイテムを紹介します。

2-1.酸性の洗剤

黄ばみの掃除に役立つアイテムとして、酸性の洗剤があります。トイレの黄ばみはアルカリ性の性質を持っているため、アルカリ性の汚れを落とすには賛成の洗剤が最適です。特に、クエン酸・重曹といった自然由来の成分でできている洗剤をおすすめします。市販のトイレ用洗剤よりも刺激は少なめで、安全性に長(た)けているといえるでしょう。クエン酸や重曹は100円均一ショップで気軽に購入できます。具体的な掃除方法に関しては、後ほど【3.トイレの黄ばみを掃除する方法と注意点】で説明するので、ぜひチェックしてください。

2-2.トイレブラシ

トイレの黄ばみを取り除くために役立つアイテムといえば、トイレブラシです。ブラシタイプは硬めの毛で作られていることが多いので、汚れをしっかりと落とせるのが大きな魅力といえるでしょう。トイレ掃除をさぼっていて、いつの間にか黄ばみができてしまった場合、トイレブラシを使えば落ちるはずです。ただし、スポンジタイプと比べると毛が硬いのでゴシゴシ力を入れてしまえば便器を傷つけてしまう恐れがあります。黄ばみを掃除する際は、力加減に気をつけておかなければなりません。

2-3.メラミンスポンジ・サンドペーパー

メラミンスポンジも黄ばみの掃除に役立つアイテムです。メラミンスポンジはメラミン樹脂が原料となっており、洗剤を使わずに水だけで簡単に汚れを落とすことができます。できたばかりの黄ばみであれば、メラミンスポンジで黄ばみ部分をこすると落ちるでしょう。黄ばみがひどい場合は、メラミンスポンジに重曹をかけてこすってください。それでも落ちない場合は、サンドペーパーを使って黄ばみ部分を削る方法もあります。ただし、サンドペーパーを使うと便器に傷がついてしまう恐れがあるので注意が必要です。

3.トイレの黄ばみを掃除する方法と注意点

ここでは、トイレの黄ばみを掃除する方法と注意点について解説します。

3-1.黄ばみ掃除の主な手順

トイレの黄ばみを掃除する際は、以下の手順を参考にしてください。

  1. トイレの元栓を閉めてハンドルをまわし、便器の中の水を抜く
  2. 便器の黄ばみ部分に重なるようにトイレットペーパーを置く
  3. トイレットペーパーの上から酸性洗剤をかける
  4. 約30分~1時間放置する
  5. 元栓を開けて水を流し、トイレブラシなどで汚れを落とす
  6. 最後に水を流して完了

黄ばみができやすいのは水面のきわ付近なので、なるべく水を抜いてから掃除してください。水を抜くことで洗剤が薄まらず汚れに直接効いてくれます。また、トイレットペーパーの上から酸性洗剤をかけた後、30分~1時間ほど放置して洗剤の成分を染み渡らせることも大切です。トイレブラシで汚れを落としてもまだ黄ばみが残っているなら、もう1回くり返してみてください。

3-2.汚れを削り落とす

酸性洗剤を使っても黄ばみが落ちなかった場合は、汚れを削り落とす方法があります。ここでは、サンドペーパー(耐水ペーパー)を活用することになるので準備してください。サンドペーパーを使った掃除方法は、サンドペーパーに水をつけながら削り落とすだけなので簡単です。耐水ペーパーを使えば便器の水は抜かなくても構いません。また、手を使いたくない場合は、棒状のものに耐水ペーパーを巻きつけて使うといいでしょう。ただし、力を入れすぎてしまうと便器が傷ついてしまう恐れがあるため、やさしく削り落とすのがポイントです。

3-3.床や壁の黄ばみはクエン酸水・重曹水を使う

酸性洗剤としてクエン酸や重曹の粉をふりかけて掃除することもできますが、クエン酸と重曹をそれぞれ水に溶かして床や壁の黄ばみ掃除にも役立ちます。クエン酸水はn水200mlにクエン酸小さじ1杯、重曹水は水100mlに重曹小さじ1の比率で混ぜてください。クエン酸水をスプレーし、古布などで拭き取るだけでOKです。床の場合は、あらかじめ落ちている髪の毛やホコリなどを取り除いてからスプレーしてください。クエン酸水のスプレーで汚れを落としたら、仕上げに重曹水で拭き取るとなおいいでしょう。重曹には消臭・除菌効果があるので、トイレがより清潔な状態になります。

3-4.酸性とアルカリ性の洗剤を混ぜるのはNG

トイレの黄ばみを掃除するために、酸性とアルカリ性の洗剤を混ぜて使う方がいますが、それは危険ですので絶対にNGです。市販の酸性洗剤とアルカリ性の洗剤を混ぜてしまうと、有毒ガスが発生してしまいます。有毒ガスは命を脅かすほどとても危険なものなので、絶対に混ぜないでください。また、洗剤を使う際には十分に気をつけ、換気をしっかりと行うことが大切です。また、皮膚が弱い方はゴム手袋をしてから洗剤を扱いましょう。

4.トイレの黄ばみを予防する方法

ここでは、トイレの黄ばみを予防する方法をいくつか説明します。

4-1.毎日の掃除が1番効果的!

トイレの黄ばみを未然に防ぐためには、毎日の掃除が1番効果的です。黄ばみは放置してしまうと頑固な汚れとなり、簡単には落とせなくなってしまいます。いつも忙しくしている方にとっては、トイレ掃除が面倒に感じるかもしれませんが、毎日使う場所だからこそ掃除を心がけることが大切です。できれば毎日掃除するように意識づけていきましょう。掃除ができない場合は、クエン酸水スプレーだけでもトイレの便器に吹きかけるのがおすすめです。クエン酸にも抗菌・消臭作用があるため、雑菌の繁殖を抑えてくれるでしょう。

4-2.使った後は適量の水で流す

トイレを使用した後、節約のために何回かためてから流してはいませんか? また、排便の際に少量の水で流している方が多いと思います。しかし、この方法では、尿や汚れが残りやすくなってしまうので、黄ばみの予防には逆効果です。黄ばみを防ぐためには、使用後にきちんと適量の水で洗い流すことが大切なポイントとなります。節約だからと水の量をケチらないようにしてください。適量の水で毎回流すことが、トイレを清潔に維持し続けるポイントでもあります。

4-3.便器用には酸性洗剤を使う

便器用の洗剤にはさまざまな種類がありますが、酸性のものを使うのが黄ばみを予防する要素にもなります。最初にお話したように、黄ばみの原因となっている尿石はアルカリ性です。そのため、普段の便器掃除にアルカリ性の汚れを落としてくれる酸性洗剤を使えば、より効率的に汚れを落とすことができます。ただし、便器によっては酸性洗剤の使用を避けるよう説明書に明記されているものもあるので、念のため使用前に確認しておきましょう。

4-4.便利グッズを活用する

黄ばみの蓄積を防ぐために、便利グッズを活用するのも方法の1つです。たとえば、セシールから発売されている「トイレの黄ばみスッキリ棒」があります。このブラシは使い捨てタイプになっており、木の柄の先にスポンジと研磨剤がついているのが特徴です。さらに、スポンジ部分はクッション性が抜群なので、便器に沿って形を変えてくれます。普通のブラシでは行き届かない部分の汚れも落とすことができるでしょう。このような便利グッズを活用しながら、ぜひ日ごろからの掃除を心がけてください。

5.トイレの黄ばみに関してよくある質問

トイレの黄ばみに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.掃除の仕上げとして、から拭きをしたほうがいいのか?
A.から拭きは逆効果になってしまうのでおすすめしません。トイレ掃除の終わりにから拭きをしている方がいると思いますが、布の繊維がプラスチック素材などを傷つけてしまいます。また、から拭きは静電気を発生させる原因です。静電気が発生すると空気中に浮いていたホコリが便器に付着してしまいます。せっかく掃除をしたのにホコリがつくと意味がないので、から拭きはNGです。

Q.漂白剤を使えば黄ばみはなくなるのか?
A.酸性洗剤と一緒に漂白剤を使う方がいますが、漂白剤は一緒に使ってはいけません。漂白剤と酸性洗剤を混ぜてしまうと有毒ガスが発生してしまいます。確かに、漂白剤は協力で便器を白くきれいにしてくれますが、使い方を謝ると逆に傷つけてしまう危険もあるのです。なるべく漂白剤は使わないようにしたほうがいいでしょう。

Q.トイレ掃除の頻度はどのくらいがいいのか?
A.できれば、トイレ掃除は毎日してほしいのですが、忙しい毎日を送っているとそれも難しいでしょう。そんなときは、2~3日に1回の掃除を心がけてください。2~3日に1回の掃除では、便器だけでなく床や壁などについている汚れも徹底的にきれいにしましょう。毎朝1分の時間があれば、トイレブラシを使ってささっと掃除できるはずです。トイレにクエン酸水スプレーや重曹水スプレーを常備しておけば、掃除しやすくなりますよ。

Q.トイレブラシの選び方は?
A.黄ばみを防ぐためには、トイレブラシの選びも重要なポイントとなります。トイレブラシにもさまざまな種類がありますが、できれば洗いやすさを重視したブラシを選びましょう。便器の奥まで掃除をしたい場合は、先端が曲がっている長いタイプがオススメです。ブラシタイプでも半球タイプや長さがあるものなど多種多様なので、ぜひチェックしてみてください。

Q.どうしても黄ばみが落ちないときの対処法は?
A.トイレ掃除サービスを行っているクリーニング業者に依頼する方法があります。専門業者はトイレの黄ばみ原因を把握しているため、効果的な専用洗剤を使うでしょう。素人ではできない技術と方法で掃除をしてくれるからこそ、頑固な汚れも取り除くことができます。費用はかかりますが、頑固な汚れをきれいにしたい方にはおすすめの方法です。

まとめ

トイレの黄ばみは、尿に含まれているカルシウムが原因です。黄ばみを放置すると頑固な汚れの尿石になってしまいます。頑固な汚れになるほど、簡単には落とせなくなってしまうので早めに対処しなければなりません。尿石はアルカリ性の性質を持っているため、酸性洗剤を使えば効率よく取り除くことができます。黄ばみの特性をしっかりと把握して、予防するためにも日ごろの掃除を心がけましょう。