電子オーブンレンジの掃除方法は? 頑固な汚れをすっきり落とすコツ

電子オーブンレンジは温める・焼く・蒸すと色々な調理に使える便利な家電。でも、ある時ふと中を見たら汚れがいっぱい・・・と、びっくりした経験がある方も多いことでしょう。しかも、レンジの汚れは厄介で、ちょっとこすったくらいではなかなか落ちません。

オーブンレンジの掃除にはちょっとしたコツがあり、それさえ掴めば楽に汚れを落とすことができるんです。今回はそのコツをご紹介しましょう。

  1. そもそもオーブンレンジの汚れとは?
  2. オーブンレンジの掃除方法
  3. 電子オーブンレンジについた匂いの消し方

1.そもそもオーブンレンジの汚れとは?

掃除方法をご紹介する前に、オーブンレンジの汚れの種類について軽くご説明しておきましょう。オーブンレンジの汚れは以下のようなものです。

  1. 物を温めた際に飛び散った液体や汁
  2. オーブンを使った際の焦げ付き

多くがこの2種類なのですが、オーブンレンジというのは、ものを温めたり熱を加えたりする場所ですから、こぼれたものが液体であっても熱を加えられることによって乾き、成分だけがレンジの壁や底にこびりつきます。

また、レンジを使ってお肉やお魚を温めていると、「ポン」という破裂音がすることがありますが、それは温められた食べ物の中の水分が膨張して弾ける音なのです。

そして、弾けるのは音だけでなく一緒に液体も飛び散って、これまたレンジの内側にこびりつくのですね。こうした汚れはただこすっただけでは落ちない大変厄介なものなのです。

2.オーブンレンジの掃除方法

2-1.温めて汚れを浮かす

オーブンレンジの中にこびりついた汚れを落とすには、まずはレンジの中を温めることです。といっても、ただ温めればよいというわけではありません。耐熱容器に水を張り、そのなかに重曹を溶かします。それをレンジにかけるのです。

汚れが酷いほど長めにかけるのがポイント。温めが終わってもオーブンレンジのふたはしばらくそのまま。重曹入りの蒸気をレンジの中にたっぷりと行き渡らせましょう。そうすることにより、こびりついた汚れが浮いてはがれやすくなるのです。

2-2.温めたお湯でレンジの中を拭く

次に、温めたお湯を火傷に注意をしながら取り出し、そのお湯でレンジの中を拭きましょう。お湯が熱すぎる場合は手袋をするか、スポンジにお湯を含ませてしばらく置くとちょうどいい温度まで下がってくれます。

重曹は天然由来の成分なので洗剤のように体に害はありません。安心してレンジの中を拭けますね。熱と蒸気でふやけた汚れは、そのままこするよりずっと簡単に落ちてくれます。これでだいぶレンジの中はきれいになったはずです。

2-3.焦げは歯磨き粉でとる

オーブンレンジでもう一つ厄介な汚れが焦げ。これは古い歯ブラシに歯磨き粉をつけてこすってみましょう。歯磨き粉は研磨剤でもありますので汚れをかきおとしてくれます。

また、ミントの香りが電子レンジ内の嫌なにおいを打ち消してくれる効果も期待できます。あらかた汚れが落ちたら、硬く絞った布で歯磨き粉を拭えば、レンジの中はすっきりさっぱりです。

3.電子オーブンレンジについた匂いの消し方

オーブンレンジは色々な食品を温めるので、臭いが付きやすくなります。ひとつひとつは良い臭いであっても、それがまじりあうと悪臭になる、ということはよくあること。

そんなレンジ内に染みついたにおいを消すためには、レモンの搾りかすやオレンジの皮、コーヒーかすやお茶の出がらしなどを、レンジでチンしてみましょう。立ち上る香りが悪臭を消してくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか? オーブンレンジは便利な家電ですが、掃除をさぼっているとあっという間に汚れてしまうのです。今回は掃除の仕方をご紹介しましたが、普段から使った後に軽く内部を拭く癖をつけておくと、汚れが付きにくくなります。

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。