ゴミが散らかり放題になって足の踏み場も無くなってしまった汚部屋…。
「片付けたいけどうまくいかない」とお悩みの方も多いようですね。
あなたはいかがですか?

散らかり放題になってしまった汚部屋ではゆっくりくつろいで疲れを取ることができませんし、恥ずかしくて友人や恋人を自宅に招くこともできないでしょう。
そんな散らかり放題の汚部屋。実は上手に片付ける方法があるのです!

そこで本日は、散らかり放題になった汚部屋をキレイに掃除する5つの方法をご紹介いたしましょう。汚部屋になってしまう原因や汚部屋にしないためのポイントについてもご紹介しますので、汚部屋脱出を目指している方は是非参考にしてみてくださいね。

1.こうして汚部屋はできあがる。汚部屋になってしまう原因とは?

散らかり放題の汚部屋を片付ける前に、「なぜ汚部屋になってしまうのか?」という原因を知ることは大切です。汚部屋になってしまう原因を知っているなら、汚部屋を作らないようにするための方法も見えてくることでしょう。

では、汚部屋になってしまう原因を幾つかご紹介いたします。

1-1.片付けを先延ばしにしてしまう

「また後で片付ければいいや」とか「今度まとめて片付けよう」と考えて片付けを先延ばしにしていませんか?

もしこのような傾向があるなら要注意ですよ。片付けを先延ばしにすると不要な物がどんどん増えてしまい、「片付けようと思った時には手がつけられない」汚部屋になってしまうかもしれません。

片付けは定期的に行なうことが大切なのです。

1-2.ストレスで片付けをする気力が無い

精神的なストレスが原因で部屋の片付けができなくなってしまう人もいます。

  • 仕事が非常に忙しい。
  • 恋人に突然別れを告げられた。

あなたもこのような原因に心当たりがありませんか?

強い精神的ストレスを感じていると部屋を片付ける気力が無くなり、いつの間にか汚部屋になってしまうかもしれません。

1-3.衝動買いをする傾向がある

部屋にある物の量が多すぎると収納スペースが無くなり、部屋を上手く片付けることができなくなります。

  • よく考えずに物を購入する。
  • 「あったら便利かも?」と思って買ってしまう。
  • 安いからとりあえず買っておく。

このように物を衝動買いする傾向があると部屋にある物の量が増え続け、片付けられなくなって汚部屋になってしまうことがあるでしょう。
もしあなたに衝動買いする傾向があるなら、十分注意する必要がありますよ。

1-4.病気

片付けられなくなる病気があることをご存知ですか?

物事に一定時間集中できなくなる「注意欠陥多動性障害」やうつ病になると、「片付けを始めても最後までやり遂げることができない」「片付ける気力が沸かない」という状態になります。その結果部屋が汚部屋になってしまうこともあるでしょう。

このような状態が長く続いている場合は早めに病院へ行き、適切な治療を受けてください。

2.散らかり放題になった汚部屋…。どう片付ければいいの?

足の踏み場もないまでに散らかった汚部屋。
何とかしてキレイに片付けたいと思いますよね。
では、汚部屋を上手に片付けるために役立つ手順をご紹介いたしましょう。

2-1.まずはゴミを捨てましょう!

「汚部屋を片付けたいと思っているけれど、どこから手をつけたらいいかわからない」という悩みをお持ちの方も多いことでしょう。
あなたはいかがですか?

散らかり放題になってしまった汚部屋をどこから片付けるか迷った時はゴミ捨てから始めてみてください。ゴミは明らかに「いらない物」なので何も考えずに捨てることができますよ。

  • コンビニ弁当のパック
  • 食べ終わったお菓子の袋
  • 食べ終わったカップ麺の入れ物
  • 空き缶

このような物から捨て始めれば、少しずつ汚部屋を片付けることができるでしょう。

2-2.ゴミの次は部屋の中にある不用品!

汚部屋の中にあるゴミをキレイに捨てたら、今度は使っていない不用品を片付けていきましょう。

  • いつ着たかわからない洋服
  • ほとんど使っていない雑貨
  • ほとんど観ていないDVD
  • 聞かなくなったCD
  • 使っていない食器や汚い食器

このような物を思い切って処分していきます。
不用品を上手に捨てるポイントは「これ、どうしようかなぁ~?」と迷ったら捨てることです。汚部屋から脱出する為に「捨てるのは勿体無い」という思いを捨てましょう。
分別用の箱やゴミ袋を用意しておくと、手際よく作業を進めることができますよ。

2-3.部屋の中を整頓する

ゴミと不用品が部屋の中から無くなったので、部屋の中がスッキリしたのではないでしょうか?
ここまでできたら最後の仕上げです。

捨てないで残しておいた物を収納スペースに整頓していきましょう。必要な物をあるべき位置に戻したら部屋全体に掃除機をかけて片付け終了です!

3.汚部屋に逆戻りしない為に…キレイな部屋を保つ3つのポイント

一生懸命掃除してキレイになったあなたの部屋。
もう2度と汚部屋に戻したくはありませんよね。
そのためにはキレイな部屋を維持する方法についても知っておく必要があるでしょう。

では、汚部屋に逆戻りしないでキレイな部屋を保ち続けるポイントを3つご紹介いたします。

3-1.毎日掃除する

キレイな部屋を保ち続けるコツは毎日掃除することです。汚れていないように見えても毎日部屋の掃除機がけを行ないましょう。

毎日掃除するように心がければ部屋の中が散らかりにくくなり、キレイな部屋を維持しやすくなりますよ。

3-2.使った物は元あった場所へ戻す

使い終わった物を出したままにしておくと、部屋の中は散らかりやすくなりますよね。
「使った物はすぐに元の場所へ戻す」ということを習慣にするなら、部屋の中で物が散らかるのを防ぐことができるでしょう。

これも汚部屋に逆戻りしないためのポイントです。

3-3.よく考えてから物を購入する

汚部屋は物の量が多いことによっても出現します。
ですから、むやみに物を増やさないようにしましょう。

何かを購入する時には「本当に必要な物だろうか?」と良く考え、「安いから」とか「何かに使えるかも」という理由で物を買わないように注意してください。

これも汚部屋に逆戻りしないために大切なポイントです。

4.自分で片付けるのが難しい…。そんな方はプロに依頼してみましょう!

自分で片付けられるレベルを超えてしまった汚部屋もありますよね。
片付けようと思ったけれど手のつけようがない汚部屋は、専門の業者に片付けを依頼するのがオススメです。

「汚部屋」や「ゴミ屋敷」の片付けを引き受けてくれる不用品回収業者は、片付けのプロなので、数時間のうちにあなたの汚部屋をキレイにしてくれることでしょう。
とはいえ、依頼した業者とトラブルになるのを避けるために幾つか注意点を守る必要があります。

では、片付けを業者に依頼する場合の注意点を2つご紹介いたしましょう。

4-1.許可を取って営業している業者か?

法律上、不用品回収業者は「廃棄物処理」「廃棄物運搬」「古美術品販売」等の資格が必要ですが、これらの資格を持たずに営業している業者はたくさんあります。
そのような業者に部屋の片付けを依頼してしまうと、不法投棄の片棒を担ぐことになり、トラブルの原因になることがあるので注意しましょう。

不用品回収業者に片付けを依頼する場合は許可を取って営業している業者に依頼することが大切です。

4-2.片付け前に見積もり書を出してくれるか?

良い業者は片付けの前に全体にかかる費用の見積もりを出してくれますが、そうでない業者もあります。

正しく見積もりを出してくれない業者に依頼すると、最初に言われた金額と請求金額が異なる場合があり、料金トラブルに発展することもあるのです。
ですから、片付け前にしっかり見積書を出してくれる業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では汚部屋をキレイに掃除する方法について5つの方法をご紹介いたしました。

  • 汚部屋になってしまった原因を知る
  • 片付けやすい物から処分する
  • 汚部屋に逆戻りしない為には定期的な片付けが大切
  • 片付けを業者に依頼することもできる
  • 業者に依頼するときには許可を取って営業している良心的な業者を探す

汚部屋はあなたの精神的・身体的な健康を損なうので、しっかり片付ける必要があります。
汚部屋の片付け方にお困りの方は是非参考にしてみてください。