生きている限り、生活空間には「ほこり」が溜まってしまうものです。 掃除しても溜まるほこりにうんざりしている人も多いでしょう。 どうしてもほこりは溜まるものですが、ほこりが溜まらないように工夫することはできます。 そこで、ほこりの発生や飛散を防ぐ方法、ほこりが溜まらない掃除方法、要らないものを処分する方法について説明しましょう。 「家の中にあるほこりを何とかしたい!」と思っている人は必見です。

  1. ほこりの発生や飛散を防ぐ方法
  2. ほこりが溜まらない掃除方法
  3. 要らないものを処分する方法
  4. まとめ

1.ほこりの発生や飛散を防ぐ方法

ほこりの発生を防ぐためには「原因」を知ることが大切です。 原因を把握してからどうすれば発生・飛散を防ぐことができるのか、一緒に考えていきましょう。

1‐1.ほこりが発生する原因は「身近にあるもの」

なぜほこりが発生するのでしょうか。 主な原因は私たちの身近にあります。 私たちが毎日使っている布団や毛布・シーツ、衣類などからほこりがたくさん発生しているのです。 普段使っているものから発生しているため、ほこりは掃除してもいつの間にか溜まってしまいます。 ほこりにもさまざまな種類はありますが、衣類や布団から出ているのは「綿ほこり」です。 綿ほこりはカーペットやカーテンからも出ています。 毎朝起きるとカーテンをあけるでしょう。あけるときもほこりが空気中に舞ってしまうので要注意です。 また、外出から帰ってきたとき、外気からほこりを取り入れています。 そとから砂や土などが部屋の中に侵入しているのです。 このように、身近にあるものから発生していることを覚えておいてくださいね。

1‐2.ほこりの発生の抑える

ほこりの発生源は身近にあるものからだとわかりました。 では、どうすればほこりの発生を防げるのでしょうか。 大きなポイントになるのは、ほこりが溜まりにくい素材に変えることです。 たとえば、布製のソファーを革にする、衣類を部屋に放置しない、そとから帰宅したときは玄関先でほこりを落とすなどさまざまな工夫があります。 ほこりの発生源がわかったので、工夫はいくらでもできるでしょう。 衣類を部屋に脱ぎっぱなし、放置している人はしっかりたたんで収納してください。 部屋の中にものが散らかるほど、ほこりは溜まりやすくなりますよ。 整理整頓を心がけるのも1つの対策方法です。

1‐3.ほこりの飛散を防ぐ2つのポイント

溜まっているほこりが周囲に飛散すると部屋の中が汚くなってしまいます。 呼吸をしている私たちの体内にもほこりが入ってしまうのです。 清潔ではない部屋に住んでいる人ほど、ハウスダストに苦しんでいます。 ハウスダストで苦しまないためにも2つのポイントに注意してください。 1つ目は「衣類や布団をたたかないこと」です。 ほこりが発生している部分をたたいてしまうと、さらにほこりが空気中に舞ってしまいます。 布団を干すときたたく人は多いですが、決してたたいてはいけませんよ。 そして、2つ目は「外部からのほこり」です。 そとからほこりが入ってくる可能性もあるので風が強い日は窓をあけないでください。窓をあけるときはできるだけ風のない穏やかで晴れた日にしましょう。 以上の2つを把握しつつ、ほこりの飛散を防いでくださいね。

2.ほこりが溜まらない掃除方法

2‐1.上から下にかけて掃除をする

間違った掃除方法をしてしまうと、余計にほこりが溜まってしまう可能性があります。ほこりが溜まらないようにするには掃除方法にもコツが必要なのです。 ぜひ気をつけてほしいのが「上から下にかけて掃除をする」ことになります。 ほこりは時間が経過すると自然に下へ降りてくるものです。 床から掃除を始めても意味がありません。 まずは、天井に近い部分から始め、下にかけて順番に掃除していきましょう。 基本は天井付近から床にかけて掃除をすると覚えておいてください。 部屋の中はもちろん、お風呂場やトイレ、洗面所でも同じことが言えます。 干していたシーツや布団をもとに戻す際も、まずは掃除機をかけてキレイにしてください。 このように、掃除のタイミングも大切ですよ。

2‐2.ぞうきんやモップで最後の仕上げをする

掃除機をかけるだけで終わってしまう人も多いでしょう。 しかし、掃除機だけでは空気中に舞ったほこりを取りのぞくことはできません。 最終的な仕上げとして、モップやぞうきんなどでふいてください。 ぞうきんやモップのふき掃除はほこりに効果的です。 見えないほこりが床に溜まっているので、最後にぞうきん・モップですべてふきとりましょう。 最近は狭い隙間でも楽に掃除できるコンパクトなモップが登場しています。上手に活用して隙間に溜まっているほこりをとってください。 ものを使わない方がほこりは溜まらないと思うでしょう。しかし、使わないからこそほこりが溜まってしまうのです。 普段使っていないものは処分した方が効率的でしょう。 日ごろの掃除はもちろん、整理整頓・片づけも大切なポイントになります。

3.要らないものを処分する方法

3‐1.要らないものをすべて処分する

ほこりが溜まらないようにするため、できるだけ部屋の中にあるものを減らしてください。 今、部屋の中を見渡してみて使っていないものはすべて処分していきましょう。 生活していると自然にものが増えるものです。 新しいものが増えるたび古いものを処分していかなければなりません。 整理整頓が行き届き、キレイな部屋ほどほこりは溜まらないものです。 毎日掃除しつつ使っていないものを処分してくださいね。 不用品は自治体のゴミとして捨てることもできますが、量が多いとなかなか捨てることもできません。 そこで、おすすめしたいほかの処分方法を紹介しましょう。

3‐2.不用品買い取り業者に依頼する

まだ、使える不用品であれば不用品買い取り業者で買い取ってもらってください。 そのまま処分するより買い取ってもらった方がお得に処分できます。 処分費用がかからず、お金を得ることができるのです。 売ったお金でほこりを防ぐグッズなどが購入できるでしょう。 不用品買い取り業者によって買い取りできるかどうかわかりませんが、複数の業者へ査定に出してみてください。 1社だけでなく、複数の業者に依頼することがポイントです。 査定価格を比較することで最も高く売ることのできる業者に依頼できるでしょう。 せっかく売るのならできるだけ高い値段で売りたいですよね。 また、不用品買い取り業者は自宅までやってきて査定してくれます。 不用品の量が多いとお店まで運ぶのが大変です。 自宅まできてくれるのならスピーディーに処分できるでしょう。 まずは、1度査定に出してみてください。

4.まとめ

ほこりの発生や飛散を防ぐ方法、ほこりが溜まらない掃除方法、要らないものを処分する方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。 生活している限りほこりは溜まってしまうものですが、溜めない工夫はできます。 日々の掃除を心がけ、ほこりが溜まらない清潔な空間を保ってください。

  • ほこりが発生する原因は「身近にあるもの」
  • ほこりの発生を抑える工夫をする
  • ほこりの飛散を防ぐ2つのポイント
  • 上から下にかけて掃除をする
  • ぞうきんやモップで最後の仕上げをする
  • 要らないものをすべて処分する
  • 不用品買い取り業者に依頼する

以上のポイントは要チェックです。 部屋の中には要らないもの、使っていないものもあるでしょう。 使っていないものをそのまま置いておくとほこりが溜まってしまいます。 そのため、使っていないものは思いきって処分してください。 必要最低限のもので生活することも、ほこりを溜めない大切なポイントになります。