ハウスダストを徹底的に掃除! たまる場所・予防法・掃除道具も解説

ハウスダスト対策や予防について知りたくありませんか? ハウスダストは数あるホコリでも1mm以下の小さな物で、肉眼で見ることはむずかしいです。ハウスダストのやっかいなところは、軽いため簡単に舞い上がり、人が吸い込みやすいところでしょう。

ハウスダストを吸い込むと、アレルギーをはじめ、喘息(ぜんそく)などのリスクが高まります。ハウスダストの有効な掃除の方法や予防について知っておきましょう。

  1. ハウスダストの正体とは?
  2. ハウスダストはたまりやすい場所がある
  3. ハウスダスト除去で役立つ4つの掃除道具
  4. ハウスダスト掃除の方法
  5. ハウスダスト予防7つのポイント
  6. ハウスダストの掃除でよくある5つの質問

この記事ではハウスダストの掃除方法や予防について解説します。ハウスダストを放置するとアレルギーなど健康面に悪影響が出るため甘く見てはいけません。有効な掃除方法や予防について知っておくことで、リスクを最小限にできるのです。

1.ハウスダストの正体とは?

ハウスダスト対策をするには、まずハウスダストとはなにか、しっかり理解する必要があります。正体を知らなければ、有効な対策はできませんし、予防という面でも有効です。

1-1.ハウスダストは日常生活から生まれるゴミ

ハウスダストとは、日常生活の中で生まれるゴミと考えてください。ただし、目に見えない小さな物から見える大きな物まで含まれます。目に見える物としては、衣服の繊維のくず・髪の毛など。目に見えない物は、花粉・ダニの死骸・フン・カビ・細菌、砂ぼこり・排気ガスなどがあげられるでしょう。

1-2.アレルギーなど健康面での深刻な悪影響が出る

ハウスダストを吸い込むと健康面で悪影響が出るため注意してください。一般的によく知られている症状として、アレルギー反応、アトピー性皮膚炎・気管支喘息などがあります。慢性化するケースもありますから、くれぐれも注意してください。

1-2-1.アレルギー性鼻炎の症状は鼻水やくしゃみが特徴

アレルギーの原因となる物質により、鼻の粘膜で炎症が起きます。くしゃみが止まらない、さらさらとした水のような鼻水、鼻づまりなどが主な症状です。ハウスダストが多い家や部屋、花粉の時期に起きる季節性が原因として考えられています。

1-2-2.アレルギー性結膜炎は目の充血やかゆみが特徴

アレルギー性結膜炎は、目に症状が出る疾患です。アレルギーの原因となる物質が体内に入ることで、充血や激しいかゆみが生じると考えられています。結膜にむくみが起きるケースもあげられるでしょう。

また、ハウスダストが原因によるものと、スギ花粉による季節性のケースがあります。ただ、汚れたコンタクトレンズを付けることで起きるという説もあるため、日常的に付けている人は特に注意が必要です。

1-2-3.アトピー性皮膚炎が成人以降まで続くと慢性化する可能性も

食べ物やハウスダストに含まれる原因物質によって起きると考えられています。乳幼児では、顔や頭や耳などで赤くはれる、小児期以降では、皮膚が乾いてカサカサとなり硬くなるという症状です。思春期になると治まることも多いですが、成人まで続くと慢性化することも少なくありません。

1-2-4.気管支喘息は発作による激しい咳(せき)が特徴

気管支喘息は小児期と成人期があります。小児期では1歳~2歳ぐらいで、発作による咳などがあげられるでしょう。呼吸時に「ヒューヒュー」など、息苦しそうな呼吸音が特徴です。大人になると治まることも多いですが、再発もありますから油断できません。

成人の場合も、小児期と同様の症状があります。アレルギーによって引き起こされる、気道の慢性的な炎症が原因として考えられている疾患です。

2.ハウスダストはたまりやすい場所がある

ハウスダストの掃除をするにしてもたまりやすい場所を把握しておくことは大切です。ハウスダストがたまりづらいところを丁寧に掃除しても、有効な対策につながりません。たまりやすいところをしっかり掃除することで、ハウスダスト予防や対策につながります。

2-1.注意したいハウスダストがたまりやすい7ヵ所

基本的にハウスダストは宙に舞い、粒子が小さければずっと漂い続けます。大きな物は床や棚の上に落ちて積み重なることで目に見えるホコリの形となるのです。ハウスダストがたまりやすい場所を徹底的に掃除しましょう。

2-1-1.廊下

玄関から入ってくる花粉やカビ、部屋から出てきたホコリなどが廊下にたまることも多いです。そのため、家の中でもハウスダストがたまりやすい場所といわれています。

2-1-2.寝室

寝室は布団などがあるため、繊維のくずが出やすい、ダニが集まりやすい、ハウスダストがたまることが多い場所のひとつです。人から出るフケや皮脂もハウスダストになるため注意しなければなりません。寝ているとき、知らずに吸い込んでしまうことになります。ベッドの下もハウスダストがたまりやすい場所のため、掃除を行うときには意識してみてください。

2-1-3.浴室や洗面所やトイレ

浴室や洗面所やトイレは、閉鎖的な空間であり換気しにくい場所です。湿気もあり、ハウスダストがたまりやすい場所と考えましょう。湿気があるとカビが発生しやすく、換気もしていなければ空気中にカビの胞子が舞っている可能性が高いです。トイレに関していうと、便器の裏側などのせまい場所にホコリがたまりやすいため注意してください。

2-1-4.押し入れやクローゼット

押し入れやクローゼットは収納している布団や衣服などから出る繊維のくずやダニなどがたまりやすい場所になっているだけではなく、換気がよい場所でもありません。日常的に掃除も行わない場所ですからハウスダストがたまりやすいです。

2-1-5.本棚・テレビ・エアコン・オーディオの上

ハウスダストの大きな物は、舞い上がってもやがて落ちます。そのため、本棚やテレビの上がホコリで灰色になることも珍しくありません。エアコンや本棚の上などは、意識しなければ日常的に掃除をする人も少なくハウスダストがたまりやすい場所になっているのです。

2-1-6.照明カバー

照明はホコリが吸い付きやすい場所になっています。ハウスダストが舞い上がり、落ちることなく静電気の影響で照明カバーに付いてしまうからです。食卓のテーブルの上にあると、ホコリが落ちてしまうケースも考えられます。

2-1-7.カーテン

カーテンも繊維のくずが発生しやすい場所です。窓際だと結露によってカビが発生することもあります。

3.ハウスダスト除去で役立つ4つの掃除道具

ハウスダスト対策をしっかり行うには、掃除道具にもこだわったほうがよいでしょう。役立つ道具を利用することで、作業の手間をはぶけます。楽な作業でキレイになれば、掃除をするのもしんどいでしょう。中途半端な掃除ではなく、しっかりとキレイにできるため、掃除に役立つ道具を使えばハウスダスト対策にもつながります。

3-1.モップはハウスダストを簡単にからみとる

ハウスダストの掃除には、モップがぴったりです。ハウスダストを舞い上げることなくからみとってくれます。質のよいモップならキャッチ後も離れることはありません。

エアコンの上や本棚、照明カバーなどでもモップが活躍してくれます。モップの中でも柄が伸びるタイプでしたら、手が届かない人でも対応できるでしょう。フローリング用とハンディーモップなど、場所ごとに使い分ければスムーズにハウスダストの掃除を行えます。

3-2.掃除機でハウスダストを吸い込む

掃除機も役立つ掃除道具です。ただし、掃除機を使う場合、注意点があります。最初から掃除機を使うのではなく、まずフローリングモップなどでハウスダストをある程度、取り除いてからという手順です。

掃除機の排気などで床にたまったハウスダストが舞い上がります。そうなると、掃除をしたつもりでも結局ハウスダストが落ちてしまい意味がないことにもつながるからです。

3-3.マイクロファイバークロスで水拭き

徹底的にハウスダストの掃除をするなら、最後は水拭きしましょう。そのときに役立つのがマイクロファイバークロスです。水拭きをすることで、細かなハウスダストを取り除くことができます。

普通の雑巾でもよいですが、マイクロファイバークロスは、極細の化学繊維で作られているため、よりハウスダストをからみとりやすいのです。水拭きだけでなく、から拭きでも使えますから用意したほうがよいでしょう。

3-4.マスクをして掃除中のハウスダストを吸い込むのを予防

ハウスダストを吸い込まないためにも、掃除中はマスクをしましょう。掃除中はどんなに注意しても、ある程度は、ハウスダストが舞い上がることは覚悟しなければなりません。吸い込まないようにするためにも、マスクを心がけてください。

徹底的に吸い込むのを予防するには、ガーゼではなく不織布のマスクがおすすめです。ワイヤーが入っている物にすれば、すき間を生み出しません。もし、それでもすき間ができるなら二重にするのもよいでしょう。

また、掃除が終わってもすぐ外さないようにしてください。衣服に付着しているハウスダストを吸い込む可能性があるからです。衣服を脱いで洗剤につけてから最後にマスクを外すことでハウスダスト対策を徹底できます。

4.ハウスダスト掃除の方法

ハウスダストの掃除では共通する方法があります。まずはその点を理解しておくことで、どんな場所でも要領よく掃除ができるでしょう。

4-1.掃除は朝一番で行うのがおすすめ

ハウスダストは簡単に空中へ舞い上がります。日中は部屋内や廊下を歩くことが多いです。そのため、ハウスダストの掃除をする時間としては適しません。ハウスダストは夜、人が眠って動きが少ないときに下へ落ちます。朝は床にたまっている状態のため、朝一番がハウスダストを掃除するベストタイミングといえるでしょう。

ただ、朝一番は仕事やお弁当作りなど忙しいという人もいるはずです。そういう方は、外出先から帰ったときすぐに掃除をするとよいでしょう。家に人がいなければ、ハウスダストは床へ落ちているからです。

4-2.掃除の基本は上から下

ハウスダスト掃除に限らず、掃除全般で基本は上から下です。天井近くから下へ掃除をするという順番を心がけてください。

たとえば、下から掃除をしたとします。最終的に、エアコンの上や本棚の上を掃除すると、ホコリなどが落ちてしまい、せっかくキレイになった床へ落ちてしまうのです。そうなると、また床を掃除しなければならず二度手間になります。

上から掃除をすれば、床へ落ちたホコリやゴミを最後に掃除できるのです。このような順序を守ることで、効率的に掃除ができるでしょう。

4-3.ハウスダスト掃除の手順やポイント

ハウスダストを掃除するときの手順やポイントをご紹介します。やりかたが分からないままだと、思った以上に時間がかかる場合もあるでしょう。効率的に掃除をするためにも、理解しておいてください。

4-3-1.部屋の掃除

  1. フローリングモップを使って掃除
  2. 掃除機をかける
  3. 最後に水拭き

各部屋の掃除も基本的には同じです。上から下を意識し、掃除を行います。ただ、床を掃除するときは、掃除機をかけるところからはじめずに、まずはフローリングモップなどでホコリを取ってください。

目に見えないハウスダストが、掃除機の排気や動きによって再び宙へ舞い上がる可能性があるからです。舞い上がったハウスダストが再び床へ落ちれば掃除に時間がかかりますので注意しましょう。フローリングモップでキレイにしたあと、掃除機をかけ、最後にマイクロファイバークロスや雑巾などで水拭きやから拭きを行います。

4-3-2.布団の掃除

  1. 最初に掃除機をかける
  2. 洗濯機などで丸洗い
  3. 乾燥

ハウスダスト対策では特に注意したいのが、布団掃除です。その手順やポイントを解説します。布団には繊維のくずやダニの死骸やホコリなどがありますから、まず掃除機をかけてください。布団用のノズルなどがあるなら活用し、ゆっくり動かして吸い込むのがポイントです。表面にあるハウスダストを取り除けます。

掃除機をかけ終わったら次に丸洗いをしましょう。奥深くにあるダニのフンや死骸を洗い流すことができます。最後に、きちんと乾燥してください。ただし、どんな布団でも丸洗いができるわけではないので事前に可能かどうかタグなどを見て確認が必要です。

布団を日干しするだけの場合、激しく叩(たた)くのは止めたほうがよいでしょう。ダニの死骸やフンが粉々になり、吸い込みやすくなるからです。軽くはたくだけにして、あとは掃除機をかけてください。

4-3-3.押し入れやクローゼットの掃除

  1. 荷物を出す
  2. 掃除機などでホコリを取る
  3. アルコール除菌スプレーなどをかける(カビ対策)
  4. 押し入れを開きっぱなしにして乾燥
  5. 荷物にカビが生えていないかチェック
  6. 荷物の天日干しを行い押し入れへしまう

押し入れやクローゼットは荷物をすべて最初に出してください。大変ですがすべて出さないと隅から隅までキレイにできません。押し入れやクローゼットは通気性が悪いため、カビが生えやすい場所ということを意識してください。

荷物を出したら、掃除機をかけましょう。棚部分だけでなく、天井や側面などにも掃除機をかけます。掃除機でホコリなどを取り除いたら、今度はアルコール除菌スプレーなどをかけましょう。雑巾にかけて隅まで拭けば、カビの発生を予防できます。

除菌スプレーをかけてからすぐ扉を閉めないでください。スプレーの水分をしっかり取るためには乾燥が必要です。しばらく押し入れやクローゼットを数時間ほど開けっ放しにしておきましょう。旋風機をかければ、早く乾燥させることができます。

最後、押し入れやクローゼットに入っていた物にカビが生えていないかチェックしてください。カビが生えているなら、残念ながら捨てることも大切です。カビが生えていない物は天気のよい日に天日干しをして乾燥させます。押し入れやクローゼットの掃除は、断捨離のチャンスと考え、すっきり整理をしましょう。

荷物を収納したあと少しでも通気性をよくしたいなら、すのこを使う方法もあります。すのこに布団などを乗せることで、壁との間にすき間ができるため通気性が生まれるからです。除湿剤も使うのもよいでしょう。

4-4.ハウスダストの掃除ではいったんエアコンや旋風機を止めましょう

ハウスダストの掃除で特に注意したいのは、ハウスダストが再び舞い上がることです。そのため掃除中はエアコンや旋風機を止めるだけでなく、風が入ってくるので窓も閉めてください。掃除では換気しながらよいと考える人も多いかもしれません。ただ、ハウスダストが舞い上がれば、効果的な掃除ができないため注意が必要です。

換気は拭き掃除が終わってからにしてください。掃除を終えてから家中の窓や玄関を開けましょう。

5.ハウスダスト予防7つのポイント

生活をしていると、ハウスダストはどうしても発生します。ただ、ハウスダストの発生を少しでも減らす方法はあるため、日常的に意識し、実践してください。ハウスダストを予防する方法について解説します。

5-1.換気でハウスダストを家から出す

日常的に換気をしましょう。毎日、窓を閉めっ放しでしたら、ハウスダストは家や部屋の中でたまり続けます。窓や玄関を開けることで建物内の空気が循環するのです。

ある程度ハウスダストを外へ出すことができれば掃除をするとき少し楽になります。また、窓を開けるのも1ヵ所ではなく数ヵ所にしてください。複数の窓を開けることで空気の流れができるからです。ただし、すぐそばを多くの自動車が走っている場合や花粉の季節はハウスダストが入りやすいため、そのような家は、ひんぱんな換気のし過ぎに注意してください。

5-2.こまめな掃除と洗濯が大事

毎日、掃除をすることが望ましいです。寝室は布団から出る繊維のくずやダニなどによってハウスダストの温床になりやすい場所といえます。布団だけではなく、シーツなどもこまめに洗濯を行ってください。リビングにソファーを置いている人は、すき間などもダニが発生しやすい場所ですから意識して掃除しましょう。

ただ、本棚やエアコンの上まで毎日掃除を行うのは大変です。そのような場所は、週一ぐらいを目安にするとよいでしょう。ただ、掃除のために、精神的なストレスや疲労を感じては意味がありません。無理をしない程度を心がけてください。

5-3.家に入る前に服をはたいてホコリなどを少しでも取る

外には排気ガスや砂ぼこり、花粉などさまざまなハウスダストが漂っています。服に付いていますからそのまま家に入ればハウスダストを持ち帰ることにつながるのです。冬場では、上着だけでなくマフラーなども外ではたくとよいでしょう。特に、花粉が舞っている季節にはおすすめの対策です。

5-4.布以外の素材を使った製品にする

布製品はどうしても繊維のくずが出やすいため、素材が異なる物を使うのは予防になります。具体的に、ソファーなどを革張りの物にするなどがあげられるでしょう。資金に余裕があるなら、ホットカーペットを床暖房にすることもできます。ただ、布団はどうしようもありませんから日常的に洗濯をするようにしてください。

5-5.空気清浄機を活用する

空気清浄機は、ハウスダスト予防として大きな効果が期待できます。車の通行量が多い道路のわきに家がある人や、花粉が多いエリアに住んでいる人の場合、換気をしたくてもできない場合は少なくありません。そんなときは空気清浄機が役立ちます。

花粉だけでなく、PM2.5など細かいハウスダストにも対応できる製品も多く販売されているのも魅力です。ただ、空気清浄機はずっと使い続けているとフィルターが汚れて性能が落ちます。空気清浄機を使うなら、日頃のメンテナンスを忘れないようにしましょう。

5-6.人間もペットも清潔にする

ペットもハウスダストの原因になります。抜け毛や汚れ、散歩をしたあと、ペット自体にホコリやゴミなどハウスダストが付いていることも珍しくありません。人間やペットのフケや垢(あか)もダニの餌となります。食べかすなども床に落ちていればそれも餌となるのです。

飼い主もペットも清潔にしてください。ペットの場合、定期的にシャンプーやトリミングをすることで予防となります。ペット専用のダニ予防薬や駆除薬がありますから活用してみてください。

5-7.ダニ対策をしっかり行う

ハウスダストの中でも、ダニやダニの死骸、フンはやっかいな存在です。ハウスダスト予防をしっかり行うためにはダニへの対応は不可欠でしょう。ただ、どのように行えばよいか分からない人も多いはずです。効果が期待できるダニ対策をご紹介します。

5-7-1.ダニに効果がある殺虫剤を使う

ダニ退治は殺虫剤を使うことをおすすめします。布団を掃除機で吸ったとしても、表面の死骸やフンならともかく、奥に深く潜り込んだダニはなかなか排除できません。天日干しがよいという話もありますが、繊維の奥に逃げてしまうため完全な駆除は期待できないでしょう。

5-7-2.防ダニシート

防ダニシートもダニ対策や予防として期待できます。殺虫剤を布団にかけたくない人もいるでしょう。ペットなどの影響を考える人もいるはずです。防ダニシートなら、ダニがいそうな布団の下、押し入れ、クローゼット、じゅうたんの下など置いているだけで、駆除が期待できます。また、大量発生を防ぐという意味でもおすすめです。殺虫剤や殺虫スプレーの使用に抵抗がない人は併用することでより高い効果が期待できます。

5-7-3.食べ物の袋が開いているなら要注意

ダニの中には小麦粉やお菓子の袋に集まる種類もいるため注意してください。ダニが袋の中で繁殖する可能性もあります。しっかり密封するように心がけましょう。

ダニが大量発生した食品を食べると、アレルギー反応によるアナフィラキシーショックが起きる場合があります。生命の危険にもつながるため、くれぐれも注意が必要です。

6.ハウスダストの掃除でよくある5つの質問

ハウスダストの掃除で疑問に思うことはないでしょうか? 疑問が生じたままハウスダストの掃除をしても高い効果は期待できません。ハウスダストの掃除でよくある質問についてご紹介しますので参考にしてみてください。

Q.布団の洗濯をしたいけれど注意点はある?
A.布団のタグを見て、洗濯機マークや手洗いマークが付いているかチェックしてください。付いていない場合、洗濯をするのは止めましょう。

ただし、中には洗濯ができても方法が限られる物もあります。洗濯機はダメでも、踏み洗いならOKと、洗濯方法により洗濯が大丈夫な物もあるのです。適した洗濯方法が分からなければクリーニング店など専門店に聞いてみてください。また、枕に関してはそばがらや羽根が素材の物は洗えないので注意しましょう。

Q.小さな洗濯機でも布団は洗える?
A.目安として、容量が5キロの洗濯機だと、シングルサイズの肌かけ布団や敷きパッドなら洗えます。7~8キロならシングルサイズのかけ布団やセミダブルサイズの合い掛け布団、ダブルサイズの敷きパッド程度なら洗えるでしょう。ただ、容量を満たしていても布団はダメな洗濯機もあります。

そのような洗濯機で洗うと故障につながる可能性もあるので注意してください。小さな洗濯機しかないご家庭で大きな布団を洗いたい場合は、コインランドリーで洗うことをおすすめします。また、布団を丸洗いする宅配サービスなど行っている業者もあるので相談してみてください。

Q.掃除は毎日できない場合どうすればいい?
A.ハウスダストが生まれやすい布製品をあまり使わないことも対策となりますが、防ダニ製品も販売されているので替えてみるのもよいでしょう。布団も防ダニ加工が施された製品もあります。ダニを防ぐことができるので利用してみてください。例えば、密度の高い繊維で作られた布団カバーなどがあげられます。

Q.ハウスダストが増える時期はある?
A.ハウスダストのひとつダニアレルゲンは、増加する時期があります。基本的に一年中ですが、特にピークとなるのは繁殖期である夏、そして、アレルゲンが宙に舞うことが多くなる時期としては10月~11月です。

湿度の高い梅雨が終わった夏頃に増加しますが、ダニが繁殖すれば結果的に死骸やフンも増えてしまいます。室内のダニとしてよく見ることができるのはチリダニ。その寿命は65日程度ですから、8月に増えて死骸などが増えるのは10月~11月となるというわけです。

Q.ハウスダスト対策のため空気を上手に循環させたいがよい方法はある?
A.サーキュレーターや旋風機を利用しましょう。室内の空気を上手に循環するためには、まず基本として窓を2ヵ所以上開けることです。

ただ、部屋によっては窓が1ヵ所しかないところもあるでしょう。その場合は、旋風機やサーキュレーターを部屋の入り口側に置き、窓のほうへ回してください。そうすることで上手に空気を循環させられます。

クローゼットや押し入れなどは通気性が悪く、カビも発生しやすい場所です。掃除をしたあと、サーキュレーターや旋風機を使って風を入れましょう。掃除を行わず風をかけるとホコリが舞い上がることになるため注意してください。

まとめ

ハウスダストは、アレルギー疾患などにつながるため対策や予防をしっかり行ってください。基本となるのは掃除です。忙しい人の場合、毎日行うのはなかなか大変でしょう。少なくとも週に1回は行うことをおすすめします。

押し入れやクローゼットも通気性が悪くカビが生えやすい場所です。定期的にお掃除をして、空気の入れ替えを行ってください。適切な手順やポイントを抑えればスムーズに掃除を行えるはずです。そうすれば、ハウスダストのない気持ちのよい部屋や家になるでしょう。