「もったいない」という気持ちは捨てよう!! 物を捨てられない気持ちの断ち切り方

もう使わないものだけれどなかなか捨てる決心がつかない。という物を持っている方は多いと思います。
しかし家の収納スペースは有限であり、物を際限なく溜めこみ続けることはできません。
そこで今回は使わない物を捨てる決心のつけ方や方法をご紹介しましょう。家の中が使わない物であふれている。
物がなかなか捨てられないという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 物は使ってこそ価値がある
  2. 使わない物を引っ張り出して並べてみよう
  3. 寄付をするなら一刻も早く
  4. 自分がやらなければ誰かがやらなくてはならない
  5. 一気に片づけるのも効果あり
  6. おわりに

1.物は使ってこそ価値がある

長いこと使われずにしまいっぱなしにされている物のことを「死蔵品」と言います。
死という漢字が示す通り、物は使ってこそ生きるもの。使わない物はどれほど高価なものでも死んでしまっているのです。
「でも私が使わなくても誰かが使うかも」と思うかもしれませんが、その誰かとはだれでしょう?
親兄弟ですか? 子供ですか? そもそも自分自身、ずっとどこかの家の押入れでほこりをかぶっていた古臭い物を使いたいと思いますか?
おそらく思わないでしょう。古い物で価値があるのはほんの一部だけ。後は古くなるほど使っていなくても価値は下がっていくのです。

2.使わない物を引っ張り出して並べてみよう

物を捨てる踏ん切りがつかない、という人は一度死蔵してある品々をすべて出してみましょう。
それを見て使いたい、と思うものがあったらガンガン使ってください。高いものでも普段使いにしてかまいません。
もったいないと思ってはいけませんよ。すると長いこと使われていない物はあっという間に痛みます。新品の状態で保存してあっても同じです。
壊れたり、痛んだりした物ならまだ捨てるのに踏ん切りがつきやすいでしょう。

3.寄付をするなら一刻も早く

まだ使えるから恵まれない人に寄付をしたい、という物がある人は一刻も早く寄付をしましょう。
どんな物でも時間がたてば使わなくても傷んできます。また、寄付をする時は最低でも届いた人がすぐに使える状態にして送りましょう。
汚れたまま、傷んだまま送るのはルール違反です。

4.自分がやらなければ誰かがやらなくてはならない

たとえあなた自身が物を捨てずにすんだとしても、あなたの跡を継いだ誰かが残された物を片付けなくてはいけません。
その時、残された物はもっと傷んでいて片づける人は大変な労力とお金を使って処分しなくてはならないかもしれません。
そう考えると申し訳ないと思いませんか?あなたがたとえ若くても、人生何があるかわかりません。
残された人に迷惑をかけないためにも使わない物は少しずつでも処分していきましょう。

5.一気に片づけるのも効果あり

実物を見てしまうと迷いが出る、という方は不用品回収業者に一気に片づけを依頼するという方法もあります。
今は「このクローゼットの中の物をすべて持って行って欲しい」などの依頼を受けてくれる業者もいます。お金はかかりますが必要経費だと考えましょう。

6.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は物を捨てる決心のつけ方や方法などをご紹介しました。
物は使ってこそ価値があるのです。もったいないという気持ちも時には捨てることが大切なのですね。