部屋から漂う臭いは何が原因? おすすめの消臭グッズや対策を紹介

「部屋が臭いのを何とかしたい」「嫌な臭いを発生させない方法はないのか?」など、部屋の臭いで悩んでいる方は多いでしょう。部屋が臭い原因はさまざまです。自分ではなかなか気づかない臭いでも、来客時に臭ってしまうことがあります。

本記事では、部屋の臭いをチェックするポイントや臭いの原因と対策について解説しましょう。

  1. 部屋の臭いをチェックするポイント
  2. 部屋が臭い原因は?
  3. 部屋の臭い対策とおすすめの消臭グッズ
  4. 部屋の脱臭をプロに依頼する場合
  5. 部屋の臭いに関してよくある質問

この記事を読むことで、部屋の臭いを解消するポイントと対策が分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.部屋の臭いをチェックするポイント

自分で気づかないうちに部屋中に嫌な臭いが漂っているかもしれません。だからこそ、最初に部屋の臭いをチェックしておきましょう。

1-1.自分でできる臭いチェックポイント

簡単にできる臭いチェックポイントを以下にまとめました。いくつ当てはまるかぜひ数えてみてください。

  • カーテンは常に閉めたままにしている
  • 洗濯物が選択されないまま積まれている
  • 部屋の窓を長いこと開けていない
  • 仕事が忙しくストレスがたまりやすい
  • 枕を嗅いでみたら臭かった
  • 普段お風呂に入らない
  • 20代中盤以降である
  • お酒や脂っこいものが大好き
  • 毎日タバコを吸っている
  • 太っている

当てはまる項目が多いほど、部屋の臭いがきつい可能性が高いといえるでしょう。特に、男性のほうが部屋の臭いがひどくなりがちですが、女性でも臭くなることがあるので要注意です。

1-2.仕事の疲れやストレスを感じやすい人は要注意

仕事の疲れやストレスを感じやすい人ほど、部屋が臭くなる傾向があります。それは、ストレス・過労による臭い「疲労臭」が関係しているからです。肝臓の動きが鈍くなってしまい、体内で発生したアンモニアの分解がなかなかできなくなってしまいます。その結果、アンモニアが血液に流れ出し、毛穴から噴出するというわけです。疲れやストレスがたまっているほど、アンモニアが毛穴から発生し部屋が臭くなります。

1-3.部屋の臭いを発している場所はさまざま

部屋の臭いといっても、どこから発生しているのか疑問に思う人が多いはずです。実は、部屋の臭いを発している場所は、エアコン・洗濯物・布製品・タバコなどたくさんあります。たとえば、夏冬に稼働率が高くなるエアコンは、空気と一緒に湿気やホコリを吸い込んで循環しているため、内部にはいろいろな臭いが付着しているのです。内部のファンにカビが付着すると、カビ臭くなります。エアコンから出る風やソファー・布団カバーなどの布製品、洗濯物などを直接嗅いでみて、嫌な臭いが出ていないかチェックしてみてください。

2.部屋が臭い原因は?

では、部屋が臭いのはどのような原因があるのでしょうか。主な原因を場所別で紹介します。

2-1.玄関の臭いは靴にしみついた汗の臭い

玄関を開けるたびに嫌な臭いが漂ってくるのは、靴にしみついている汗の臭いが原因です。人間の足は体の中でも汗をかきやすく、その汗がたまってしまいます。靴の臭いを放置するほど、玄関がとても臭くなりがちです。特に、汗をかきやすい夏場や通気性が悪い靴は嫌な臭いがこもりやすくなるので、しっかりと汗を乾かしてから靴箱に収納しなければなりません。

2-2.布にしみつく汗や食べ物などの生活臭

リビングや各部屋の嫌な臭いは、ソファーなどの布製品にしみつく汗や食べ物などの生活臭が原因となります。部屋の中に多く存在する布製品は、臭いを吸収しやすいので臭くなりがちです。人間の汗にはアンモニア臭が含まれており、この臭いは刺激が強く自分では気づきにくい特徴があります。また、食べ物の臭いがしみついたり、ジュースをこぼしたまま放置したり、汚れが悪臭を発することもあるのです。

2-3.キッチンの臭いは食べかすや排水・油汚れが原因

毎日調理を行うキッチンには、さまざまな臭いが漂っています。いろいろな臭いが混じる中、嫌な臭いを発する大きな原因は、生ゴミや調理ゴミです。食べかす・油かすをそのまま放置していると排水から悪臭が漂ってきます。排水は食べかすなどの汚れがたまりやすい場所なので、定期的にたまった汚れを除去しなければなりません。

2-4.お風呂場やトイレはアンモニア臭とヘドロ

お風呂やトイレなどの水まわりから嫌な臭いが漂うのは、アンモニア臭とヘドロが原因です。皮脂や髪の毛などが排水口につまり、ヘドロになって悪臭を発生させます。放置するほど汚れが頑固になり、なかなか簡単に除去できないので注意が必要です。

2-5.タバコも臭いの原因に

普段からタバコを吸っている人ほど、部屋の中が臭くなりがちです。タバコから出る煙が布製品に吸収され、そのまま悪臭になってしまいます。タバコの煙は布製品だけでなく、壁にも臭いがこびりついている可能性が高いので、日ごろから臭いの元となるヤニが部屋の中に付着しないように気をつけておかなければなりません。

3.部屋の臭い対策とおすすめの消臭グッズ

それでは、部屋の臭い対策とおすすめの消臭グッズをいくつか紹介します。

3-1.部屋の換気が1番の対策

臭い対策の基本は、部屋の換気です。部屋の臭いを除去したいときは、窓を開けて換気してください。新しい空気を室内に取り入れることで、嫌な臭いを外に逃がすことができます。換気のポイントは、部屋の空気が入れ替わるように2か所以上窓を開けることです。また、サーキュレーターや扇風機を活用すると空気が循環しやすくなります。嫌な臭いを防ぎたいなら、最低でも1日1回は部屋の換気を心がけましょう。

3-2.布団のシーツやカバーは週に1回洗濯する

生活臭がしみついた布団のシーツやカバーは、週に1回洗濯してキレイにするのが理想です。特に、汗をかきやすい夏は布団から皮脂臭が漂いやすくなるので、こまめに洗濯したほうがいいでしょう。皮脂や汗は雑菌・ダニの繁殖の原因となります。週に1回の洗濯が面倒な方は、毎朝起きたときにファブリーズなどの消臭芳香剤を振りかけるといいでしょう。ただ、この方法は臭いをごまかすだけなので、定期的に洗濯することをおすすめします。

3-3.床・壁・エアコン・排水口を定期的に掃除する

臭いがしみつきやすい床・壁、ホコリや汚れがたまっているエアコン・排水口を定期的に掃除するのも臭い対策のポイントです。床には食べ物や飲み物を落とした後、壁にはホコリがたまりタバコのヤニがしみついています。床はフロアワイパーとウェットシートを使い、壁はキレイなぞうきんで拭き掃除するなど、こまめな掃除を心がけてください。エアコンはフィルターを交換し、排水口はたまっているゴミを除去します。日々の心がけが、大切な臭い対策です。

3-4.汚れたらすぐに拭き取る

食べ物や飲み物をこぼしたり、汚れを見つけたりしたときには、すぐに拭き取るようにしましょう。すぐに拭き取らなければ頑固な汚れとなり、なかなか落とせなくなってしまいます。雑菌が繁殖しては悪臭の原因になるため、早めの掃除が必要です。すぐに拭き取ることができるように、常に掃除グッズを近くに用意しておくと手間がかかりません。

3-5.手に入れやすいアイテムで臭いを除去しよう

手軽にできる臭い対策とあわせて、手に入れやすいアイテムで臭いを除去するのもポイントの1つです。たとえば、ドラッグストアや薬局では、部屋の臭いに有効とされている炭の脱臭グッズが発売されています。炭の表面には目に見えない穴が空いているので、悪臭を吸い込んでくれるのです。ほかにも、アルカリ性の臭いを中和させる重曹や、アンモニア・化学薬品の臭いに効果的なオゾン脱臭剤、即効性が期待できる消臭剤などがあります。

4.部屋の脱臭をプロに依頼する場合

自分で対策を施しても臭いが除去できない場合は、プロに依頼するのも方法の1つです。ここでは、プロに依頼する方法とポイントを解説します。

4-1.手早く臭いが徹底除去できる

プロに依頼する大きなメリットは、手間と時間をかけることなく徹底的に臭いが除去できる点です。頑固な臭いでも専用の洗剤や機器を使うので、スピーディーに除去できます。消臭・脱臭のプロは臭いの知識が豊富でもあるため、どの臭いにどんな洗剤が有効に働くのか理解しているからです。また、消臭・脱臭のほかにも、部屋のクリーニング作業も依頼できます。部屋を徹底的にキレイにしたい方や、時間がない方、高齢者におすすめです。

4-2.費用は約6,000円~

プロが行う消臭・脱臭クリーニング作業は、約6,000円~です。あくまで目安となるため、臭いの種類や臭気エリア範囲・作業内容などによって異なります。作業範囲が広くなり、臭いが強い状態ほど費用は高くかかるでしょう。場合によっては1万円以上になる恐れがあるため、無料見積もりをチェックしてください。

4-3.業者選びのポイントをチェック!

部屋の消臭・脱臭作業を行っている業者の中には、平均費用よりも高額な料金を請求する悪徳業者が存在しています。悪徳業者は、きちんと作業を行わずに高額な料金を請求する傾向があるので要注意です。安心して依頼できる業者を見つけるために、以下のポイントを必ずチェックしてください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 部屋の脱臭・消臭作業に長(た)けているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 作業事例がホームページに記載されているか
  • 見積書の内訳がきちんと記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • どのような方法で消臭するのか詳しく説明してくれるか

5.部屋の臭いに関してよくある質問

部屋の臭いに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ペットやタバコなど刺激臭が気になる場合の対処法は?
A.空気清浄機を使ってみてください。脱臭能力が高い空気清浄機は、タバコを吸っている方やペットを飼っている方におすすめです。中には、頑固な臭いもキレイにしてくれる最新モデルが登場しています。臭い除去機能を活用しながら部屋の換気を行うと、より高い脱臭効果が期待できるでしょう。

Q.靴や靴箱の臭いを除去する方法は?
A.脱いだ靴をすぐに靴箱に入れず、一晩乾燥させることが大切です。乾燥させることで、靴の中にたまった湿気が除去でき、臭い対策につながります。また、靴箱も定期的に開けて空気を入れ替えましょう。臭いが気になる場合は、重曹を小さなお皿に盛って靴箱に入れておくと脱臭効果が期待できるのでおすすめです。

Q.キッチンの臭いで気をつけておきたいことは?
A.生ゴミを放置せず、その日のうちにすぐ捨てることです。生ゴミを分解するために嫌気性微生物という金が発生し、さまざまな有害物質が生まれます。それが悪臭の原因になるため、放置したり、ためこんだりしないようにしてください。また、嫌気性微生物は酸素が薄く栄養が豊富で湿気が多い場所で活性化します。換気扇をつけるなど湿気を逃がすことも大切です。

Q.身近なもので消臭できるアイテムはあるのか?
A.消臭の応急処置として、水でぬらしたタオルを固くしぼり、部屋の中で振りまわすという方法があります。水分を含んだタオルをまわすことで、空中に漂っている臭いの成分が吸着され、嫌な臭いが軽減できるというわけです。ほかにも、抗菌作用がある茶葉を使ったり、レモンの皮を消臭剤代わりにしたりする方法もあります。

Q.壁にこびりついたヤニを掃除する方法は?
A.重曹・お湯・バケツ・ぞうきんの4点セットを用意して、以下の手順で掃除してください。

  1. バケツに重曹と40℃前後のお湯を入れてよく混ぜる
  2. バケツにぞうきんをつけ、よくしぼってから壁を拭く
  3. 拭き掃除後、水をしぼった別のぞうきんで重曹を拭き取る
  4. 重曹を拭き取ったら、別のぞうきんでから拭きして掃除完了

まとめ

部屋の臭いは、布製品にしみついた汗や湿気・食べ物・汚れ・タバコなどさまざまな原因があります。臭いを発生させないためには、それらの原因を踏まえた対策を立てることが大切です。また、最近では、気軽に使えるたくさんの消臭グッズが販売されています。消臭グッズを上手に使うのも、嫌な臭いを防ぐポイントです。私生活を振り返り改善できるところを見直しながら、ぜひ消臭グッズを試してみてはいかがでしょうか。