生ゴミの臭いの対策方法!ゴミ箱についてしまったニオイを取る方法!

ゴミ箱の中から漂う生ゴミの臭い…不快な生ゴミの臭いが、ゴミ箱に生ゴミに移ってしまうのはよくあることです。生ゴミの臭いを取るためには、臭いの原因を理解して適切に対処することが大切になります。きちんと対策さえ行えば、生ゴミ臭は怖いものではありません。ゴミ箱についてしまった生ゴミの臭いを取る方法と、生ゴミ臭を予防する方法について。詳しくご紹介しましょう。

  1. 生ゴミの臭いの原因を知ろう!
  2. 生ゴミの臭いの予防方法
  3. ゴミ箱を殺菌して臭いを取ろう!
  4. まとめ

1.生ゴミの臭いの原因を知ろう!

1-1.生ゴミの臭いの原因とは?

ゴミ箱に付いてしまった臭い対策には、生ゴミ臭の原因について知ることが必要になります。生ゴミ臭の原因とはどのようなものなのでしょうか?

腐敗による臭い

生ゴミの臭いは腐敗によって生じる“アンモニア”や“メタン”などが発生することが原因になります。アンモニアやメタンは不快を感じる臭い物質であり、強い悪臭の原因物質です。生ゴミ臭の対策をするためにはアンモニアやメタンの臭い対策が必要といえるでしょう。

原因は微生物にある

臭いの原因は腐敗なのですが、生ゴミそのものからアンモニアやメタンが発生するわけではありません。腐敗の原因は“微生物”が生ゴミを分解することによって発生するのです。臭いの発生を抑えるためには微生物対策が有効になります。生ゴミの臭いは“アンモニア”“メタン”“硫黄化合物”が原因であり、微生物の活動によって発生することを覚えておきましょう。原因に応じた適切な対応をおこなうことが、生ゴミ臭の対策は効果的です。

1-2.ゴミ箱に臭いの付いてしまう原因

生ゴミ臭がついてしまったゴミ箱は、何も入れていなくても生ゴミ臭がすることがよくあります。ゴミ箱に臭いがついてしまう原因はどのようなものなのでしょうか?

細かい傷に微生物が付着している

ゴミ箱には目には見えない細かい傷が多く付いています。生ゴミ臭さがゴミ箱に移ってしまう原因は、細かい傷に微生物が付着していることが原因なのです。きれいに洗ったつもりでも、生ゴミ臭さが取れていない場合に微生物が付着している可能性があります。

臭いの成分が付着している

ゴミ箱に微生物の排出した臭いの成分がゴミ箱に付着するのも、臭いの原因になります。
付着した臭い成分を落とすことが、臭い対策では大切です。

2.生ゴミの臭いの予防方法

2-1.特に夏場は注意しよう!

生ゴミの臭いの原因である細菌や微生物は高温多湿の環境を好みます。夏場は数時間で生ゴミから臭いが発生することもあるため、特に夏場には生ゴミに注意が必要です。細菌は繁殖を始めると、非常に速いスピードで増殖し臭いの原因となる物質の排出を始めます。夏場は早めに生ゴミを処分するなどの対策が大切です。

2-2.消臭効果の高い新聞紙を使おう!

生ゴミを新聞紙で包むというのは、昔からある消臭対策です。新聞紙の除湿効果とインクの防虫・消臭効果があり生ゴミには最適の対策といえるでしょう。生ゴミを新聞紙で包むだけで数日は生ゴミの臭いの発生と拡散を抑えることができます。生ゴミを折りたたんで密閉するように新聞紙で包むのがポイントです。

2-3.重曹で生ゴミ対策

掃除で大活躍する重曹は生ゴミの消臭にも効果を発揮します。重曹は生ゴミの出す臭い成分を吸着して臭いの発生を防ぐ効果があるのです。

重曹水を作ろう!

部屋や布団の消臭に使用できる“重曹水”は生ゴミの消臭にも役立ちます。重曹水は“水100mlに対して小さじ1杯の重曹”で作成可能です。食品添加物として使用することもある重曹は危険性の少ない消臭剤として利用できます。使い方は非常に簡単で、生ゴミに霧吹きで散布するだけです。生ゴミ臭の付いてしまったゴミ箱に使用するのも効果があります。

重曹を直接生ゴミに使用する

重曹をそのまま使用しても消臭の効果があります。生ゴミ全体に均等に振りかける必要はあるので、使用する重曹水よりも多く使用する必要があるので注意しましょう。

2-4.乾燥した生ゴミは臭いが出ない

生ゴミから臭いが発生してしまう原因は雑菌や微生物が原因です。雑菌や微生物は湿気を好む性質があるため、生ゴミを乾燥することで臭いの発生を抑えることができます。“生ゴミ乾燥機”を使用するのも一つの方法ですが、軽く水分をふき取って自然乾燥も十分に効果的です。天気の良い日であれば生ゴミを天日干しするだけでも十分に効果があります。生ゴミは乾燥処理によって臭いを抑えるられるのです。

3.ゴミ箱を殺菌して臭いを取ろう!

3-1.ゴミ箱の臭いはを取るには殺菌が必要!

生ゴミの臭いの付いてしまったゴミ箱には、多くの雑菌や微生物が付着しています。目には見えないものの、臭いがすることが雑菌や微生物が付着している証拠なのです。臭いの付いてしまったゴミ箱の臭いを取るために“ゴミ箱の殺菌”を実践してみましょう。

熱湯消毒

殺菌の中でも、簡単に行える方法が“熱湯消毒”です。80度以上の熱湯に5分以上つけるだけで、ほとんどの雑菌や微生物を殺菌することができます。水に弱い素材のゴミ箱には熱湯消毒はできないので、ゴミ箱の素材に注意が必要です。

漂白剤消毒

家庭用漂白剤は殺菌の効果があります。濃度0.1~0.2%の消毒液を作り、ゴミ箱の中をふき取るだけで簡単に殺菌ができるのです。漂白剤による消毒は材料を問わず気軽に利用できる殺菌方法になります。

日光による消毒

木製や籐(とう)製のゴミ箱など熱湯や漂白剤の使用できないゴミ箱は、日光による消毒でも効果があります。ゴミ箱を乾燥させるだけでも十分に効果があるので、大切に使っているゴミ箱の場合には“日陰干し”で対処しましょう。

3-2.ゴミ箱の生ゴミ臭さの予防方法!

ゴミ箱に生ゴミの臭い、“生ゴミを入れない”ことが重要な対策になります。“生ゴミは新聞紙に包んで保管する”“生ゴミを乾燥する”など、生ゴミから臭いが出ない工夫をすることが効果的な対策です。

まとめ

生ゴミについてしまった臭いを解決するためには、原因を知りしっかりと対策する必要があります。生ゴミの臭いの原因と対策方法についてご紹介しましょう。

生ゴミの臭いの原因とは?

生ゴミの臭いの原因は“細菌や微生物によって発生するガス”が原因です。臭いの原因である、細菌や微生物の対策をすることで発生源を抑えることもできます。生ゴミの臭いは最近・微生物対策が重要なのです。

生ゴミの臭いを抑える方法

  • 消臭効果の高い新聞紙で包む
  • 重曹で消臭する
  • 生ゴミを乾燥して菌の繁殖を抑える

生ゴミの臭いを抑えるためには、消臭効果のある新聞紙を使う方法と、菌の繁殖を抑えるという二つの対策があります。二つを組み合わせることで効果も倍増するため、生ゴミの処理はしっかりと行いましょう。

ゴミ箱に付いてしまった生ゴミの臭いを消す方法

  • 熱湯消毒で殺菌
  • 漂白剤で殺菌する
  • 天日干しや陰干しで臭いを消す

ゴミ箱に付いてしまった臭いは、殺菌することで消臭可能です。熱湯消毒や漂白剤などで殺菌した後は、風通しの良い場所に1日程度乾燥させることで臭いを完全に消すことができます。生ゴミの臭いは、発生させないように注意することが最も確実な予防策です。生ゴミは早めの処分を心がけるように心がけましょう。