電子レンジをキレイに掃除する方法は? 短時間・簡単にできるコツ!

「電子レンジの汚れを掃除したいが、簡単にキレイになる方法はないか」とお考えではないでしょうか。電子レンジは、私たちの生活に必要不可欠な家電のひとつです。実際、使用頻度が高いため、汚れやすいのも事実でしょう。しかし、なるべく簡単に掃除できるに越したことはありませんよね。

そこで今回は、電子レンジの掃除について詳しく解説します。

  1. 電子レンジが汚れる主な理由は?
  2. 電子レンジの汚れを放置するとどうなる?
  3. 電子レンジの掃除に必要な道具
  4. 電子レンジの掃除方法
  5. 電子レンジの汚れを予防する方法
  6. 電子レンジの掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、電子レンジを簡単に掃除するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.電子レンジが汚れる主な理由は?

最初に、電子レンジが汚れる主な理由を見ていきましょう。

1-1.食品汚れ

電子レンジは調理家電であるため、さまざまな食品汚れがつきます。加熱のし過ぎや食材の入れすぎによる飛び散り、庫内から取り出すときのこぼれなどで、想像以上に汚れているものです。食品汚れは害虫を呼び寄せる原因になります。また、雑菌が繁殖して不衛生になりやすいので放置してはいけません。

1-2.手あか

電子レンジのボタンやドアの持ち手部分を中心に、手あかがつきます。手を洗わずに触れると、特に汚れやすいので注意しましょう。手あかは、使用前に手をきちんと洗うことである程度防ぐことが可能です。

1-3.ホコリ

電子レンジの外側には、ホコリがたまります。上部だけでなく、背面などにもホコリがたまりやすいので拭き取る必要があるのです。ホコリがたまったまま放置すると、油汚れなどと混ざり合って取りづらい汚れに変化したり、雑菌や害虫が繁殖したりすることもあります。また、ホコリが原因で配線がショートすることもあるので注意しましょう。

2.電子レンジの汚れを放置するとどうなる?

電子レンジの汚れを放置する影響について見ていきましょう。

2-1.汚れを落としにくくなる

電子レンジの汚れを放置すると、異なる汚れが混ざり合って変質し、固まって落としづらくなります。ときには、電子レンジの塗装がはげる原因にもなるでしょう。掃除しようとしても、なかなか汚れが落ちないので効率が悪く、労力や時間がかります。

2-2.不具合や故障の原因になる

電子レンジにたまった汚れは、不具合や故障の原因にもなります。たとえば、ボタンのすき間から汚れが入り込み、接触不良を起こすこともあるでしょう。また、ホコリや食品汚れが電子レンジの基盤に入り込めば、ショートして発火することもあるのです。電子レンジの寿命を延ばし安全に使用するためにも、汚れを放置してはいけません。

2-3.雑菌やカビが繁殖して不衛生

レンジ庫内の汚れを放置したままだと、雑菌やカビが汚れを栄養源にして繁殖しやすく、不衛生な状態になります。場合によっては、料理に雑菌やカビが紛れ込み、体調不良の原因になることもあるでしょう。家族に安全な食事を提供するためにも、電子レンジが汚れていては困るのです。

3.電子レンジの掃除に必要な道具

電子レンジの掃除に必要な道具について解説します。

3-1.電子レンジの掃除に用意する道具

電子レンジの掃除には、以下のような道具を用意してください。

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • キッチンペーパー
  • メラミンスポンジ
  • スプレー容器
  • 手袋
  • マスク

3-2.市販の掃除グッズも試してみよう

市販の掃除グッズを、電子レンジの掃除に使うのもいいでしょう。たとえば、電子レンジで加熱して温めて拭くだけで、汚れがキレイに落ちるシートなどもあります。また、マイクロファイバー製のふきんやメラミンスポンジを使えば、こびりついた汚れも軽い力で落とせるでしょう。評判のいいグッズを活用すれば、掃除の時短も可能です。

4.電子レンジの掃除方法

電子レンジの掃除方法を、汚れの種類別に解説します。

4-1.食品汚れは重曹やセスキスプレーで落とす

食品汚れでも、特に多いのが油汚れです。油汚れには、重曹水(水200ccに重曹大さじ1~2杯をよく溶かす)やセスキ水(水500ccにセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯をよく溶かす)を使うといいでしょう。汚れた部分にスプレーして拭き取り、水拭き・から拭きで仕上げてください。安全に掃除したい電子レンジ庫内にも、安心して使うことができます。

4-2.手あかは重曹を使うとキレイになる

電子レンジ外側に多い手あか汚れには、4-1で作成した重曹水を使うとスッキリ落とすことができます。汚れが固まっているときは、多めにスプレーしてから水にぬらしたキッチンペーパーを貼り、ラップして20分程度放置してからこすってみてください。

4-3.ホコリは台所用中性洗剤で掃除する

電子レンジ上部や背面のホコリ汚れは、台所用中性洗剤を溶かした水にキッチンペーパーをひたして固く絞ったもので、拭き取りましょう。このとき、水分が多いと電子レンジ内部に流れ込んでしまい、不具合や故障の原因になるので注意してください。キレイになったら水拭き・から拭きで仕上げましょう。

5.電子レンジの汚れを予防する方法

普段からの心がけしだいで電子レンジの汚れを予防することができます。

5-1.使った後に軽く掃除する

付着したばかりの汚れなら、軽く拭くだけで落とすことができます。電子レンジを使った後は、本体が温まっているうちに軽く掃除をしておくといいでしょう。こびりつき汚れや臭いを防ぎ、いつでも快適に使うことができます。普段の掃除は、使い捨ての掃除シートを使うと便利です。油汚れの掃除に対応しているものを使うとなおいいでしょう。

5-2.ラップやふたをして調理する

ラップやふたをして調理すると、食品の飛び散りを防ぐことができます。特に、汁ものや油っぽい料理を温めるときに有効です。最近では、丸洗い可能で繰り返し使うことができるシリコン製のラップも登場しています。

5-3.汚れた手で触れないようにする

電子レンジを扱うときは、汚れた手で触れないようにすることも大切です。調理中、手を洗わずに電子レンジに触れるのもやめましょう。操作ボタンや持ち手部分に手あかや食品汚れがつくのを防ぐことができます。

6.電子レンジの掃除に関するよくある質問

最後に、電子レンジの掃除に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.新品の電子レンジなら数か月掃除しなくていい?
A.いいえ。新品であっても、使えば汚れが付着します。汚れが定着しないうちに、軽く拭き掃除をしておきましょう。

Q.電子レンジの消毒に漂白剤を使ってもいい?
A.おすすめしません。電子レンジは、食材を調理するためのものであり、安全を第一に掃除する必要があります。掃除した際に漂白剤が残ってしまうと、次回調理をした際に食材に入り込んでしまうことがあり危険です。消毒・殺菌したい場合は、消毒用エタノールを使いましょう。

Q.自分で掃除しても取れない汚れがあるのですが?
A.ひどいこびりつき汚れは、1回の掃除で落としきれないことがあります。後日、再度チャレンジしてみてください。なお、数回掃除しても落とせないものは、ハウスクリーニング業者に相談するのもひとつの方法です。

Q.電子レンジ独特の臭いが気になるときはどうする?
A.耐熱容器に水を200cc・レモンの1個分の絞り汁を入れ、約3分加熱してください。加熱が終わったら、15分程度放置してから庫内の水分をキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。悪臭が消え、レモンのさわやかな香りを感じることができます。

Q.抗菌加工済みの受け皿なら汚れにくい?
A.抗菌加工済みのものでも、汚れます。抗菌加工は、あくまでも雑菌が繁殖しにくいものであり、汚れのつきにくさと比例するとは限りません。

まとめ

今回は、電子レンジの掃除について詳しく解説しました。電子レンジの汚れは、なるべく早めに掃除することが大切です。汚れを放置するとこびりついて落としにくくなり、不具合や故障の原因になったり、不衛生でカビや雑菌が繁殖しやすくなったりします。まずは、この記事を参考に電子レンジを掃除してみてください。なお、電子レンジを使うときは、普段から汚れないように気をつける・汚れたらすぐに拭き取っておくなどしておくと、いつもキレイな状態を維持できるでしょう。