散らかったリビングを上手に片付ける秘訣! 4つの収納アイデア

リビングは家の中で一番人に見られることが多い場所ですよね。物が散らかり放題になったリビングがそのままでは、急な来客の時に恥ずかしい思いをすることでしょう。とはいえ、リビングに全く物を置かないようにするのも不可能ですよね。ですからリビングを常に整頓しておくためには、良い収納方法を知って置く必要があるのです。リビングが散らからないように収納するためのアイデア。知りたいと思いませんか?

そこで本日は、リビングを上手に片付けるために役立つ収納アイデアを3つご紹介します。
なかなかリビングが片付かないとお悩みの方は是非お役立てください。

  1. 物を減らして収納に余裕を持たせる
  2. 物を収納できるテーブルやソファーを使う
  3. 子供専用スペースを作る
  4. リビングの壁をディスプレイにする
  5. まとめ

1.物を減らして収納に余裕を持たせる

 自宅のリビングには棚やラックが置いてありますか? リビングにある棚やラックに物がたくさん詰め込まれていると、見た目が息苦しく感じますよね。 そんな時はリビングに置いてある収納に少し余裕を持たせましょう。

棚やラックに物を入れる時は、たくさん詰め込むのではなく少し空いている空間を作るのがポイントですね。いらない物や使っていない物があるなら思い切って処分しましょう。 リビングに置かれている物を減らして収納スペースに余裕を持たせると、リビングを落ち着いた空間にすることが出来ますよ。

2.物を収納できるテーブルやソファーを使う

部屋のスペースがあまりない場合はリビングにもある程度物を収納しなければなりませんよね。そんな時に役立つのが物を収納できるテーブルや椅子・ソファーです。 収納を兼ねたテーブルや椅子、ソファーを使えば見えない場所に物を収納できるので、リビングに物を置かなければならない場合もきれいに片付けることが出来ますよ。どうしてもリビングに物を置かなければならない場合にこのような家具は役立つでしょう。

3.子供専用スペースを作る

あなたには小さなお子さんがいますか? もしそうなら目が届くリビングで遊ばせたいと思いますよね。 しかし、子供のおもちゃはリビングが散らかる原因です。良い収納方法はあるのでしょうか? 効果的なのは専用のスペースを作ることです。子供が遊ぶスペースをリビングに作ってそこからおもちゃを出さないようにすれば、リビングが散らかるのを防ぐことができますよ。

リビングが小さい場合は専用の籠や箱を用意し、子供が遊び終わったおもちゃはそこに収納するようにしましょう。 子供専用スペースを作り、遊んだおもちゃをそこに収納するならリビングが必要以上に散らかるのを避けられます。

4.リビングの壁をディスプレイにする

「見せる収納」もリビングを上手に片付けるために役立ちます。 持っている帽子やバッグ、洋服で良く使うものをリビングの壁に飾ってみてはいかがですか? 使いたい時にすぐ取り出すことが出来ますし、部屋のインテリアにもなります。 リビングで「見せる収納」をする時には、壁に取り付けることが出来る帽子掛けや、ホームセンターで売られているディスプレイ用の網が役立ちますよ。

5.まとめ

いかがでしたか? この記事では、リビング収納に役立つアイデアを4つご紹介しました。

  • アイデアその1:物を減らして収納に余裕を持たせる
  • アイデアその2:物を収納できるテーブルやソファーを使う
  • アイデアその3:子供専用スペースを作る
  • アイデアその4:リビングの壁をディスプレイにする

リビングは家の中で一番人に見られることが多い場所です。リビングが散らからないようにするためには良い収納方法を知って置く必要があるでしょう。是非この4つのアイデアを活用してみてください。