フローリングが滑る原因は? 滑り止め効果がある塗料を徹底解析!

フローリングが汚れて滑りやすくなっていると、見た目が悪いだけでなく、安心して生活できませんよね。特に、高齢者や子どもがすべって転んでしまうと大ケガをする恐れもあります。毎日生活する場所だからこそ、安全は確保しておきたいものです。しかし、どうすればフローリングの滑りを防げるのか、対応に頭を抱える方は多いでしょう。そこで、本記事では、フローリングが滑る原因や対応策・フロアコーティングのメリット・業者の選び方など詳しく説明します。

  1. 滑るフローリングの悩み
  2. 滑るフローリングの解決策
  3. UVフロアコーティングとは?
  4. 滑るフローリングにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、滑りやすいフローリングの原因と対応策がわかります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.滑るフローリングの悩み

滑りやすいフローリングにはさまざまな悩みがつきものです。代表的な例を紹介しながら、詳しく見ていきましょう。

1-1.滑るフローリングの困りごと

滑るフローリングで注意しておかなければならないのが、事故の危険です。毎日歩くフローリングが滑りやすくなっていると、足元が不安定になります。その結果、ちょっとしたことで滑ってしまい、頭を強く強打することもあるのです。遊びまわる子どもや足腰が弱くなっている高齢者にとっては、安心して生活できる環境とはいえません。また、家族の一員でもある愛犬が転びやすくなり、股関節脱臼などの大ケガにつながる可能性もあります。さらに、手入れも難しくなるのです。雑巾がけをしたいのに、床が滑ってしまうと、足元がふらついてしまいます。思うように掃除ができなくなるなど、滑るフローリングは困りごとが増えるものです。

1-2.滑りやすいフローリングの症状は?

ワックスがはがれ、普通に歩いているだけで転びそうになったら、フローリングが滑りやすくなっている証拠です。滑り止めのワックスがはがれてしまうと、効力が失われているでしょう。また、リビングやトイレのドアを開けた瞬間、ぶつかりそうになる事態も滑るフローリングが関係しています。普段の生活がしにくくなるため、滑りやすいフローリングは早めに対策を立てておかなければなりません。

1-3.滑るフローリングの原因は?

滑るフローリングの原因は、ワックスのはがれと料理の油や汚れが挙げられます。ワックスはフローリングをキレイに保つだけでなく、塗膜が滑り止めの役割を果たしているのです。ワックスがはがれると塗膜もはがれてしまい、滑り止め機能を失ってしまいます。その結果、滑りやすいフローリングになるというわけです。また、料理中に飛ぶ油が滑りやすさの原因にもなります。油汚れは時間がたつほど頑固な汚れになり、簡単に取りのぞけなくなるでしょう。スリッパや足の裏についている汚れも原因です。床に汚れがついたときはすぐに掃除しなければなりません。

1-4.そのほか、フローリングの悩み

滑りやすさのほかにも、フローリングについてしまったペットの臭いや傷・汚れ、色や、退色もよくある悩みに挙げられます。ほとんどの悩みは、定期的なメンテナンスやお手入れで解決できるものです。いずれも放置するほど状態が悪化してしまう恐れがあります。汚れはすぐにふき取る・定期的にワックスがけをするなど、工夫が必要です。悪化しないうちに対策を立てるか、毎日お手入れをして良い状態を保ってください。

2.滑るフローリングの解決策

滑るフローリングの対応策がいくつかあるので紹介していきましょう。それぞれの方法やメリット・デメリットをチェックし、できることから試してみてください。

2-1.対応策

自分でできる対応策として、滑り止めとカーペットを活用する方法があります。

2-1-1.滑り止めシート

賃貸マンションの場合、持ち主はあくまで管理人なので勝手にワックスを塗ることができません。そこで役立つのが、気軽に利用できる滑り止めシートです。滑り止めシートをフローリングに置くだけで滑りにくくなります。ズレることもないため、掃除機を使った掃除も簡単です。また、はさみを使って好きな形やサイズに切り取ることもできます。使い勝手の良いアイテムといえるでしょう。

2-1-2.カーペット

滑りやすいフローリングの対応策として、カーペットを利用するのもひとつの方法です。フローリングの上にカーペットを敷くだけで簡単に滑りにくい環境へと変えることができます。カーペットはクッション性があるため、転んだときの負担が少なく、ペットの足にかかる負担も少なくできるのです。カーペットにもさまざまな種類があるのでぜひチェックしてみてください。

2-2.ワックスについて

滑るフローリングの解決策として代表的なのが、ワックスでしょう。種類は豊富で、期待できる効果や仕上がりも異なります。どのようなワックスがあるのか、ぜひチェックしてください。

2-2-1.ワックスの種類

ワックスはさまざまな種類があります。光沢感が強く出るものから、防水タイプ・液体タイプなど豊富な種類がそろっているのです。大きくわけると、水性と樹脂の2種類があります。水性タイプは塗った後に空ぶきをしなければなりません。主成分がロウなので光沢感は優れていますが、滑りやすくなる欠点から現在はあまり使用されていないタイプです。現在、最も主流になっているのは樹脂タイプのワックスでしょう。合成樹脂が主成分で光沢があり、硬い塗膜を張ることができるため、耐性が強く滑りにくい特徴を持っています。

2-2-2.滑りにくくするワックスは?

フローリング専用の滑り止めワックスがあります。ペット用やダンスフロワー・リビング用目的・用途別に種類がそろっているので適切なものを選びましょう。たとえば、ペット用の滑り止めワックスには、ホルムアルデヒド除去剤を配合しているなど、ペットの健康に配慮した商品になっています。

2-2-3.メリット・デメリット

ワックスを塗ることで滑り止め効果のほかにも、キレイな状態を保ち続けフローリングを長持ちさせることができます。汚れがつきにく、キレイなフローリングは部屋全体を明るくしてくれるものです。一方、デメリットは、1度ワックスを塗ると定期的に塗り続けていかなければならないことでしょう。部屋の使用頻度にもよりますが、目安は1年に1回とされています。

3.UVフロアコーティングとは?

ワックスだけが滑るフローリングを改善するものではありません。最近、注目度が高くなりつつある「UVフロアコーティング」も滑り止め効果が期待できます。一体どんなものなのか、フロアコーティングについて詳しく説明しましょう。

3-1.フロアコーティングとは

紫外線硬化塗装を利用して、床の表面を塗料の被塗膜でおおう施工方法をフロアコーティングといいます。別名、フロアコートやフロアマニキュアとも呼ばれている方法です。個人住宅はもちろんのこと、体育館・ホテル・旅館・病院・商業施設など、幅広い場所でフロアコーティングが使われています。光沢感が出て見た目がキレイになるだけでなく、防食・防腐・防水・殺菌・防汚・耐火性に優れているのが特徴です。

3-2.フロアコーティングの種類

フロアコーティングは1960年ごろから普及し始めました。2000年にシックスハウス症候群が社会問題となり、建材・内装材の安全性に注目が向けられた時期に、シリコン樹脂タイプのフロアコーティングが出てきたのです。その後、UVフロアコーティングやガラスフロアコーティングが登場します。それぞれの特徴を以下にまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

<シリコン樹脂タイプ>
アクリル樹脂をシリコン樹脂に変えた薬剤をコーティングしたもの。水性系と油性系がある。
メリット:耐熱性・撥水(はっすい)性に優れており、滑りにくいフローリングに仕上がる
デメリット:UVやガラスと比べると耐久性が劣る

<UVタイプ>
主な原料はウレタンで、特殊な樹脂でコーティングしたもの。紫外線照射で瞬時に硬化する。
メリット:乾燥が早いので施工日数が短い。掃除・メンテナンスがしやすく、耐水性・耐薬品性に優れている
デメリット:塗り直しが難しく、一般的な価格よりも高い

<ガラスタイプ>
樹脂剤とガラスを混ぜ合わせたコーティング
メリット:耐久年数が20年以上と長く、酸化・紫外線の影響を受けにくい。
デメリット:価格がやや高め

3-3.フロアコーティングの目的

できるだけ新築状態のままの美しさを維持し、快適な生活を送ることがフロアコーティングの目的です。フローリングを汚さないためにカーペットを敷く方法もあります。カーペットは、滑りやすさなど危険性を排除し、掃除やメンテナンスも楽になる点がメリットです。しかし、湿気が増える時期はダニ・ノミの問題も出てきます。一方、フロアコーティングなら、ダニ・ノミの問題が起きることなく、滑り止め効果が期待できるのです。

3-4.ワックスとの違い

ワックスとフロアコーティングは、どちらも床を保護し美しく保つ効果があります。しかし、塗膜の状態・メンテナンス・費用・耐用年数など大きな違いがあるのです。たとえば、ワックスの塗膜に比べて、コーティングは硬い塗膜となるため、より滑りにくい状態に仕上がります。また、ワックスは前述のとおり、年に1回ほど定期的な塗りなおしが必要ですが、コーティングは10~30年ほど保ち続けることが可能です。費用については、フロアコーティングのほうがワックスよりも高くなる可能性があります。しかし、業者によっては低価格で施工可能です。フロアコーティング専門店の「カラー」では、職人による施工をおこない、無駄なコストを削減しています。ぜひ無料見積もりで費用を確認してみてください。

3-5.おすすめのコーティングとは?

目的によって異なりますが、おすすめはUVフロアコーティングです。耐摩耗性・耐薬品性・耐水性に優れ、傷がつきにくく、ジュースやしょうゆをこぼしたとしても、すぐに取りのぞけば汚れを残しません。生活に快適なノンスリップ効果やメンテナンスが楽になるメリットも備えています。使用目的によって適切なコーティングが異なるため、迷ったときは専門業者に相談してください。

3-6.作業の流れ、費用について

無料見積もりを依頼した後、施工会社と契約をして作業に入ります。契約書を交わす際は、工事日程・費用・作業方法など細かく確認しておきましょう。契約後、施工会社のスタッフと一緒に対象箇所を確認します。気になる点があれば、ここで確認しておいたほうが安心です。作業後のトラブルを防ぐためにも、大切なポイントになります。そして、フローリング剤がほかの場所へ付着しないように養生テープで保護し、作業前の準備に入る流れです。コーティング作業は、半日で終わるでしょう。終了時は立ち会いをおこない、仕上がりのチェックをします。費用は施工の範囲や場所によって異なりますが、30平方メートルでおよそ12万円~です。あくまで目安となるため、具体的な費用を知りたい場合は無料見積もりを依頼してください。

3-7.業者の選び方

フロアフローティングの専門業者は数多く存在しています。その中から安心して依頼できる業者を選ぶために、以下のポイントに注目してください。

  • 実績豊富な技術力を持っているか
  • フロアコーティングについて詳しい知識を持っているか
  • 低価格かつ短期間で施工可能か
  • 使用目的に合った提案をしてくれるか
  • 見積もり内容が明確か
  • アフターフォローと長期保証があるか

4.滑るフローリングにかんしてよくある質問

滑るフローリングにかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.フロアコーティングをするタイミングとは?
A.滑り止め効果が期待できるフロアコーティングは、1度塗ると10年~30年長く保つメリットを持っています。しかし、1度ついてしまった傷や色あせを消すことはできません。そのため、傷や色あせが起きていない新築やリフォーム直後・引っ越し前がおすすめです。

Q.フローリングのお手入れ方法とは?
A.滑るフローリングを防ぐためには、お手入れが大切です。定期的に水ぶきと空ぶきをして掃除をする・汚れた部分はすぐにふき取るなど自分でできることはたくさんあります。特に、汚れやすいキッチンや水まわり・リビング・玄関・廊下などは入念にチェックしておきましょう。

Q.プロの業者に依頼するメリットとは?
A.専門業者はフローリングにかんする知識が豊富で、コーティング経験も積んでいます。そのため、どのような状態でも使用目的に合ったコーティング剤を選び、丁寧かつスピーディーな作業ができるのです。時間や手間をかけたくない方や納得できる仕上がりにしたい方は、専門業者に依頼したほうが良いでしょう。

Q.アフターフォローと長期保証の内容が知りたい。
A.業者によって異なりますが、優良業者はアフターフォローと長期保証が充実しています。フロアコーティングの自然なはがれや溶け出しなど、無償で保証可能です。また、自分でつけてしまった傷でも30年間に数回無償補修するなどの内容があります。依頼前に、保証内容もしっかり確認しておきましょう。

Q.水まわりに最適なコーティングとは?
A.水まわりはカビがつきやすく、汚れも残りやすい場所です。そのため、防汚・防カビ性に優れているコーティングをおすすめします。また、水で滑ることのないように撥水(はっすい)性・滑水(かっすい)性に優れているタイプを選んでください。

まとめ

いかがでしたか? 滑るフローリングは転びやすく、大ケガにつながる危険が潜んでいます。毎日生活する場所だからこそ、安心していられる環境をつくらなければなりません。ワックスや滑り止めシートなどさまざまな対応策はありますが、おすすめしたいのがフロアコーティングです。定期的なメンテナンスが必要なワックスとは異なり、1度塗ると10年~30年ほど美しい状態や快適な生活を保ち続けられる塗料といえます。ワックスよりも塗膜が硬いため、滑り止め効果も抜群です。個人でおこなうよりも専門業者に依頼したほうが、スピーディーかつ丁寧な仕上がりになりますよ。滑るフローリングの原因や状態をきちんと把握して、適切な方法で対策を立てましょう。