洗っても臭いが取れない!気になるバスタオルの臭いの原因は?

毎日使うバスタオル。洗いたてのバスタオルは気持ちがいいですよね。長く使っていると、洗っても臭いが取れにくくなるのを感じていませんか?顔を拭いたときに感じる、何ともいえない独特の臭い。洗う回数を増やしても、臭いはなかなか取れないものです。まれに雑巾のように臭くなってしまうケースもあります。

梅雨時など部屋干しする環境でも起こるバスタオルの臭いは、どのような原因で起こるのでしょうか? 臭いの解消法などもご紹介します。

  1. バスタオルの臭いの原因
  2. バスタオルの臭いの取り方
  3. バスタオルの臭い予防

1.バスタオルの臭いの原因

臭いが気になるバスタオルで体や髪を拭くと、自分まで臭く感じてしまいますよね。せっかくお風呂に入っても、不快感が残るのは残念なことです。柔軟剤や香りを添加する液剤を加えてしっかり洗濯しても、どうしても臭いが取れないなど、悩みを抱えている方も少なくありません。バスタオルが臭う原因をご紹介します。

1-1.雑菌

臭いの原因は、雑菌が繁殖していること。繊維の奥深くまで染み込んだ雑菌は、洗濯後に残っている汚れ・すすぎ残し・生乾きによるものです。

こまめに洗濯していても、人間の体からでるタンパク質・皮脂・汗はすっきり落とせないこともあり、汚れ残りにつながります。洗剤の使用量が少なくても発生するので、適正量を使うことが望ましいでしょう。

バスタオルを長時間濡(ぬ)れたまま放置しておくことも、雑菌が繁殖する原因です。使用後は速やかに干して乾燥するようにしましょう。

雑菌が繁殖すると、バスタオルがピンク色に変色することもあります。酵母菌が繁殖し、ピンクの色素を発生しているからです。臭いが気になる方は、色にも注目してみましょう。1つの目安になります。

1-2.カビ

洗濯が終わったことに気づかず、放置してしまったという経験は誰でもお持ちだと思います。カビもバスタオルの臭い発生の原因です。

洗濯槽はカビの温床になりやすい場所。洗濯後の衣類やバスタオルが放置してあることで、洗濯槽内部は湿度が高い状態になります。とてもカビが繁殖しやすい環境を作ってしまっているんですよね。洗濯槽のカビ除去を定期的に行っていない方や、使用後はすぐにふたを閉じてしまう方に起こりやすいので注意しましょう。

バスタオルが臭う原因は複数あるんですね。
はい。ただし、どんな原因でも不潔であることは変わりないので、対処が必要です。

2.バスタオルの臭いの取り方

バスタオルの臭いは雑菌やカビによるもの。1度雑菌が繁殖すると、乾燥した状態では気にならなくなっても、再び濡(ぬ)れた状態に戻ればまた臭ってしまいます。臭いがついたバスタオルは、新しいものに交換するしか方法がないのでしょうか? 

ほんの少しのコツを押さえておけば、バスタオルの臭いを取ることはできます。この記事を参考にしてみてください。

2-1.殺菌する

繁殖した雑菌は、殺菌処理を行うとよりいいでしょう。酸素系漂白剤で1時間以上漬(つ)けおきしてみましょう。水よりも40〜50度のお湯を使う方が効果的です。酸素系漂白剤の濃度は、お湯1リットルに小さじ1杯程度で十分。

バケツに入れて漬(つ)けおきする場合、お湯の温度低下を防ぐため、ふたをするといいでしょう。酸素系漂白剤の能力を十分に発揮するために、目立つ汚れは落としてから漬(つ)けおきしてみてください。

2-2.熱湯消毒が効果的

熱湯消毒は、煮沸消毒のこと。木綿・麻など丈夫な素材におすすめ。熱湯消毒のやり方は、お鍋に熱湯をかわし、雑菌で臭いが染み付いたバスタオルを5〜10分程度弱火で煮沸していきます。

臭いが強い・汚れが落ちにくい場合は、酸素系漂白剤と一緒に煮沸消毒してみてください。洗濯用洗剤をプラスしてもいいでしょう。

分量は、沸かしたお湯に漂白剤と洗濯用洗剤を各小さじ1加えるだけです。煮沸後は、水で冷やしてから手でしっかり揉(も)むように洗い、よくすすぐようにしましょう。注意点として、アルミ製鍋は変色の原因になります。ステンレスやホーローのお鍋を使うことがおすすめです。

熱湯による消毒は効果的で、殺菌されることにより、臭いの原因を取り除く効果が高いとされています。

2-3.クエン酸を利用した臭いの取り方

掃除でも大活躍のクエン酸は、バスタオルの臭い対策にも十分な効果を発揮します。クエン酸を使った方法は、お湯を沸かす手間がないため煮沸消毒より簡単で、育児で忙しい家庭でも実践しやすい方法です。

洗濯するときに、水10リットルに対しクエン酸を10g加えて、通常とおり洗濯するだけ。酸性のクエン酸は、アルカリ性の洗濯洗剤と一緒に使うと効果が半減してしまいます。中和されてしまうんです。また、有害ガス発生の原因にもなりますので、クエン酸だけを使って洗濯するのが望ましいでしょう。

柔軟剤不用で、クエン酸が柔軟剤と同様に繊維を柔らかくする効果を持っているため、仕上がりもふんわりします。クエン酸はドラッグストアでも安値で購入できますので、手軽に活用できる臭い解消術だといえるでしょう。

2-4.電子レンジを使った方法

バスタオルに電子レンジを使うなんてと驚かれる方も多いでしょう。電子レンジには、意外な使い方があるんです。電子レンジを使う前に、バスタオルを濡(ぬ)らしておくのがポイント。火災などの事故を防ぐためにも大切なステップです。電子レンジで1〜2分加熱するだけで臭いの原因である雑菌を抑えることができます。

注意すべきポイントは、電子レンジで加熱できるのは木綿100%であること。食品を温める以外にも使えるので、ぜひ試してみてください。

バスタオルの臭いの取り方は、熱を加える方法が一般的なんですね。
はい。ぜひ実戦してみてください。

3.バスタオルの臭い予防

染み付いたバスタオルの臭いを取り除く方法を紹介しました。臭いが気になり始めてから、慌てて対策を講じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、日常のほんの少しの習慣を見直すだけで、臭い予防にもつながるのです。バスタオルの臭い予防についてご紹介します。

3-1.濡(ぬ)れたまま放置しない

忙しいとつい洗濯後に放置して忘れてしまうこともあるでしょう。使用後は洗濯槽に投げ込んでしまう方もいます。雑菌の繁殖が活発になるのは、湿気がこもった状態が招いているのです。使った後は風とおしのよい場所でバスタオルが重ならないようにすき間を開け、しっかり乾かすようにしてみましょう。

濡(ぬ)れたまま放置しておくと、あっという間に雑菌が増えて悪臭が発生してしまいます。小さな黒いカビが肉眼でもはっきり確認できるなど、細菌が猛威を振るうこともあるので、注意が必要です。

3-2.洗濯槽のこまめなお手入れ

洗濯の仕方を気にしていても、洗濯槽の汚れがたまっていると、洗濯槽内部にカビやしつこい汚れが知らず知らずに蓄積されていきます。洗濯槽専用クリーナーも販売されていますので、定期的な洗濯槽の清掃が必要です。目に見えない洗濯槽内部は、想像を超えた汚れや石鹸カスで溢(あふ)れています。衣類やタオルを清潔に保つために洗濯するので、見えない汚れもきちんとメンテナンスして汚れを除去するよう努力したいですね。

洗濯機の掃除も有効なんですね。
はい。定期的にやってみましょう。

まとめ

洗っても取れないバスタオルの臭い対策についてご紹介しました。

  • バスタオルの臭いの原因
  • バスタオルの臭いの取り方
  • バスタオルの臭い予防

濡(ぬ)れたままの状態で放置しておくこと、洗濯槽内部の汚れを放置することで、雑菌が繁殖するのが原因です。酸素系漂白剤・熱湯消毒などを上手に活用し、本来の柔らかなバスタオルを楽しんでみてください。