ゴミ箱についた臭いをなんとかしたい! 臭いを取る方法・生ゴミ臭の対策方法は?

ゴミ箱の臭いがきつくて早く何とかしたい! このようなお悩みを抱えていませんか?

中でも臭いが気になるのが生ゴミの独特な臭いです。生ゴミの臭いは気温が上がるほど、かなりきつくなります。特に夏は、数日でゴミ箱にまで臭いがつくことも珍しくありません。そして、一度ゴミ箱に臭いがつくとなかなか落ちなくなります。

そこで今回は、ゴミ箱についた生ゴミの臭いを取る方法や生ゴミの臭い対策を解説しましょう。この記事を読めば、生ゴミの臭いを落とす方法がよく分かります。生ゴミの臭い対策を探している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. ゴミ箱の生ゴミ臭の原因
  2. ゴミ箱についた生ゴミ臭を取る方法
  3. 生ゴミ臭を予防する方法

1.ゴミ箱の生ゴミ臭の原因

1‐1.ほとんどの臭いは「腐敗臭」

生ゴミの臭いは何が原因なのでしょう。食材や食べかすなどの生ゴミには、たくさんの雑菌が入っています。ほとんどの生ゴミの臭いは雑菌が繁殖したせいで起こる臭いです。雑菌の増加によって発生する「腐敗臭」が原因になっています。食べものは基本的に「冷蔵庫」や「冷凍庫」で保存するでしょう。

しかし、ゴミ箱にいれるときは「常温」です。食材は常温で保存すると腐りやすくなります。生ゴミは野菜や食べかすなどが入っているため、通常よりも腐りやすい環境なのです。よって、雑菌の繁殖がすすみ、腐敗臭がひどくなります。特に、夏場は気温が上昇するため腐敗臭がすさまじいです。少しでも臭いが気になり始めたらすぐに対策・解消しなければなりません。

1‐2.ゴミ箱に付着している生ゴミの汁

生ゴミ専用のゴミ箱を洗うとき、中から汁が出てくることはありませんか? 生ゴミの水分をきちんと切っておかなければ生ゴミの汁が出ます。汁がゴミ箱に付着することで、独特の嫌な臭いが発生するのです。生ゴミの汁は時間が経過するほど発酵します。発酵した臭いはとても強烈です。すぐにゴミ箱を掃除しなければ、臭いを取ることはできないでしょう。

また、発酵を放置するほどゴミ箱の中にカビが生えてしまいます。発生したカビも臭いの原因になるので注意しなければなりません。普通のゴミ箱よりも繁殖スピードが速い生ゴミは入念な掃除が必要になります。

臭いのほとんどは腐敗臭なんですね。
少しでも臭いが気になり始めたらすぐに対策をしなければいけません。

2.ゴミ箱についた生ゴミ臭を取る方法

生ゴミをいれるゴミ箱は臭いがつきやすくなります。できれば事前に臭い対策をしておきたいものです。もし臭いがついた場合、すぐに取らなければなりません。そこで、ゴミ箱についた生ゴミの臭いを取る方法をご紹介しましょう。

2‐1.臭いが消える重曹や酢を活用する

気軽に誰もができる臭い消し方法があります。重曹や酢を利用する方法です。重曹や酢はさまざまな臭い消しや掃除に大活躍するものでもあります。もし、ゴミ箱から生ゴミの臭いが出てきたら重曹または酢をかけてください。たくさん振りかけてしまうと水が入るので気をつけましょう。臭いのもととなる雑菌が繁殖してしまうため、少し振りかけるだけでOKです。

2-2.ゴミ箱専用の消臭剤を使う

重曹や酢でも臭いが消えない場合は、ゴミ箱専用の消臭剤を使ってください。ホームセンターやスーパー、ドラッグストアなどにはゴミ箱専用の消臭剤を販売しています。ゴミ箱独特の臭いを消す成分が入っているので効率的です。

2‐3.キッチン用漂白剤やアルコールを使う

ゴミ箱から生ゴミを捨てても臭いがしみついていることがあるでしょう。しみついている臭いはできるだけ早めに取りのぞかなければなりません。臭いのもととなっている雑菌はゴミ箱のフタ裏やゴミ箱の底についています。フタ裏・ゴミ箱の底を中心にキッチン用漂白剤、アルコールを振りかけてください。アルコールやキッチン用漂白剤は、除菌効果があります。

振りかけたままでも良いですが、キッチンペーパーなどで軽くふき取るとさらにキレイになるでしょう。しかし、ゴミ箱の種類によってはキッチン用漂白剤で傷むものもあるので注意してください。

2‐4.ゴミ箱を定期的に掃除する

消臭剤や重曹・酢、キッチン用漂白剤、アルコールなどさまざまな消し方があります。さまざまな方法を試してみてわかるように、やっかいな生ゴミの臭いはなかなか消すことができません。実際、いろいろな方法を試してみたところ、「ゴミ箱を掃除する」ことが最も効果的だったという人は非常に多いです。ゴミ箱からすべての生ゴミを取り出し、1度全体を掃除してください。

風呂場でも良いですが、臭いが強烈なのでベランダや庭で洗ったほうが良いでしょう。洗剤を利用して洗い流し、しっかり水分をふき取ってください。そして、完全に乾くまでそとに干しておきましょう。太陽の光には消臭効果があります。ただし、直射日光が苦手なゴミ箱もあるので要注意です。

重曹や酢を活用するといいんですね。
また、キッチン用漂白剤やアルコールを使えば除菌効果があり、臭いが取れるでしょう。

3.生ゴミ臭を予防する方法

3‐1.ゴミ箱の中に消臭効果があるものをいれる

ゴミ箱の生ゴミ臭を防ぐには、「対策」が何よりも大切です。生ゴミ臭を防ぐため、あらかじめゴミ箱の中に消臭効果があるものをいれておきましょう。使用できる消臭効果アイテムはたくさんあります。

たとえば、掃除の便利グッズでもある重曹です。臭いが発生している生ゴミのうえに振りかけるのも良いですが、ゴミ箱の底に振りかけておきましょう。事前に振りかけておけば、生ゴミの臭いを抑えることができます。

また、重曹には腐敗臭を生み出す湿気を取る効果もあるのでおすすめです。さらに、徹底的に臭いを防ぎたい人は新聞紙を使ってください。新聞紙は生ゴミの水分を吸ってくれると同時に、臭いの発生を抑えることができます。

3-2.臭いを防ぐ効果のあるゴミ箱に交換する

最近では、生ゴミの臭いを防止できるゴミ箱が出てきているのでぜひチェックしてください。もともと臭いが発生しないタイプであれば、手入れも簡単です。時間と手間をかけたくない人にはおすすめの方法になるでしょう。

3‐3.ゴミ箱を密封する

生ゴミ臭で悩んでいる人は、思いきってゴミ箱本体を買い替えてください。特に、フタがついていないゴミ箱は臭いが発生しやすくなっています。生ゴミの臭いがそとに逃げてしまうため、生活環境にも悪影響をもたらすでしょう。

3-4.生ゴミはすぐに捨てる

そして、生ゴミはすぐに捨ててください。生ゴミを放置すればするほど、嫌な臭いが発生するものです。臭いを防ぐためには、すぐに処分しなければなりません。

3-5.定期的にゴミ箱を掃除する

ゴミ箱を定期的に掃除してください。本体についている汚れは掃除しなければ落ちません。定期的にゴミ箱をキレイにすることで、臭いがつきにくくなります。

ゴミ箱の中に消臭効果があるものをいれるといいんですね。
重曹は腐敗臭を生み出す湿気を取る効果もあるのでおすすめです。

まとめ

ゴミ箱についた生ゴミの臭いを取る方法や生ゴミの臭いの原因、生ゴミ臭を予防する方法について説明しました。いかがでしたでしょうか。生ゴミの臭いを防ぐには「対策」が最も大切になります。嫌な臭いで悩まないためにも、自分でできる対策を実践してください。掃除グッズとしても活用できる重曹は、臭い対策と同時についてしまった生ゴミの臭いも取ることができます。ダブル効果が期待できるのでおすすめです。

また、調味料として使う酢、キッチン用漂白剤でも臭いを取りのぞくことができます。自分のライフスタイルに合ったやり方で臭い対策をしていきましょう。

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。