湿気が多い時期は特に注意! 布団のカビはクリーニングが効果的

何日も布団を干すことができない天気が続いてしまったり、そもそも滅多に布団をたたまないという人の場合、布団が恐ろしい状態になってしまうことがあります。

それは、カビが生えた状態です。少しでも布団にカビが生えてしまうとどんどん増殖し、外に干すのも恥ずかしい状態になってしまうので、カビを見つけたらすぐに対策を取りましょう。

今回は布団のカビを取り除くための方法を紹介します。

解決策はクリーニングのみ!?

既にカビが生えてしまった布団があるという場合、唯一の解決策はクリーニングに出すということです。

というのも、素人が自宅で布団のカビを取るというのは非常に難しいからです。カビが生えてしまう前であれば何らかの対策を取ることができますが、カビが生えてしまってからでは干したり洗ったりしてもほとんど効果が得られません。

この場合は、やはりプロであるクリーニング業者に任せたほうがいいでしょう。カビを取ろうと何度も自宅で洗ったりすると、それが原因で布団が傷んでしまい、使い物にならなくなってしまう可能性も考えられます。

カビ取り用の洗剤などを使って表面上カビがなくなったように見えたとしても、目に見えないカビの成分が残っている可能性は十分にありますよね。

洗濯すれば確実にカビは取れる?

自宅で洗濯をしても、100%布団についたカビが取れるとは限りません。というのも、カビが発生してから時間が経てば経つほど取るのが難しくなってしまうからです。もし布団にカビが発生してしまい洗濯を検討しているのであれば、早めに行動したほうがいいでしょう。

カビの予防法は簡単

布団のカビを発生させないための予防法についても理解しておきましょう。まず、できれば週に1度は天日干ししたいところです。

布団は寝ている間に発生した大量の汗を吸っているわけなので、これをよく乾かしてカビが発生しにくい状態を作る必要があります。寝汗や湿気は天井側ではなく床側に溜まってしまうので、寝る時に触れる面がキレイな状態でも、布団をめくってみると裏側にカビが生えていたということは珍しくありません。

起きたらすぐに布団をたたんで押し入れにしまっているという人もいるようですが、これも湿気が酷くなる原因のひとつです。敷きっぱなしにするのはもちろんよくありませんが、朝起きたらしばらく布団をそのままにしてから畳んだほうがいいでしょう。

布団を椅子などにかけて通気性をよくすると更に効果的です。この間は窓も開けて室内の換気も同時に行ってしまうといいですね。

まとめ

いかがでしたか? カビ取りの対策として効果的なクリーニングに関することと、布団のカビを予防する方法について紹介しました。忙しくてなかなか布団を干す時間が取れないという人は、布団乾燥機などを活用するのもいいですね。毎日ぐっすり眠るためにも、常に清潔な布団で眠りたいところです。普段から布団にカビが発生しないように注意し、万が一カビが発生してしまった場合は早めにクリーニングに出すなどの対策を取り入れていきましょう。

当サイトのおすすめは全国を対象に宅配で布団クリーニングサービスを提供しているLenetです。

申し込み後、届いた宅配キットにつめて送るだけ! 汚れ落ち率98%・ダニ死亡率100%・抗菌防臭加工で、赤ちゃんのいるご家庭も安心です。98%が満足のふとん丸洗いサービスはこちらから!