床の汚れや黒ずみを掃除したい! フローリングをキレイに保つポイントは?

せっかく掃除したのに、すぐに汚れてベタベタに…。フローリングは掃除したては気持ちいものの、素足で歩き回るとすぐに汚れてしまいます。特に、子供たちがいるご家庭ではフローリング掃除が大変なのではないでしょうか。

キレイに見えても足裏には皮脂汚れがいっぱい。黒ずみの原因となり、そのままにしておくと黒ずみが取りづらくなります。

フローリングの掃除に困っている方は、ぜひこの記事の方法で掃除してみてください。簡単に汚れが落ちて、より長くフローリングをキレイに保てますよ。

  1. 床の汚れをキレイに掃除する方法
  2. 重曹を使って掃除するのは?
  3. ピカピカなフローリングをキープするには?

 床の汚れや黒ずみを掃除したい!

1.床の汚れをキレイに掃除する方法

床の汚れをキレイに掃除する方法

はじめに、床の汚れをキレイにする方法を紹介します。

1-1.皮脂による黒ずみ汚れ

ここでは、皮脂による黒ずみ汚れの掃除方法を紹介します。

1-1-1.用意する道具

  • 住まい用洗剤
  • ぞうきん
  • フローリングワイパー

1-1-2.掃除方法

皮脂による黒ずみ汚れは、住まい用の洗剤で落ちます。掃除機をかけた後、住まい用洗剤を汚れにかけてぞうきんやフローリングワイパーでこすってみてください。住まいの洗剤は二度ぶきがいらないものも多いので、洗剤を落とす必要がないものを選びましょう。時間の節約になります。

1-2.油汚れ

この項では、フローリングの床についた油汚れを掃除する方法を紹介します。

1-2-1.必要な道具

  • 中性洗剤
  • ぞうきん
  • フローリングワイパー

1-2-2.掃除方法

油汚れは、中性洗剤で落としましょう。中性洗剤を溶いたお湯でぞうきんを固く絞ってフローリングを拭きます。油汚れが落ちたら、フローリングワイパーに水拭きシートをつけ、洗剤を拭き取っていきましょう。

1-3.カビ

この項では、フローリングのカビ汚れを掃除する方法を紹介します。

1-3-1.用意する道具

  • 掃除用アルコールスプレー
  • ぞうきん

1-3-2.掃除方法

カビには、掃除用のアルコールスプレーを吹きかけてぞうきんでこすり落としましょう。カビを落とす漂白剤を用いると、フローリングが色落ちしてしまうので、気をつけてください。カビがおちたら乾拭きしてアルコールを拭き取ります。

1-4.ワックスの劣化

この項では、ワックスが劣化した場合の対処方法を紹介します。

1-4-1.用意する道具

  • ワックス剝離剤
  • ゴム手袋
  • ワックス
  • ぞうきん
  • フローリングワイパー

1-4-2.ワックスの塗り直し方法

ワックスが劣化した場合は、一度古いワックスを落として塗り直していきましょう。掃除機をかけたら古いワックスは、ワックス剝離剤で落とします。ワックス剝離剤は丁寧にかけてください。ワックスを落とし終わったら、完全に乾燥させてから新たにワックスを塗りましょう。部屋の遠いところから入り口に向かってかけていくのがおすすめです。ワックスをかけ終わったら、完全に乾燥させましょう。

フローリングの掃除方法は、汚れの種類によって異なるんですね。
はい。汚れに合わせて適切な方法で掃除していきましょう。

2.重曹を使って掃除するのは?

重曹を使って掃除するのは?

お掃除で定番の洗剤と言えば「重曹」がありますね。年末の大掃除でも大活躍する重曹は、フローリング掃除に使えないのでしょうか? 実は重曹も皮脂汚れを落とすのに効果的な洗剤です。ですが、フローリングを傷める可能性がありますし、ワックスをはがしてしまう可能性があるのでおすすめできません。 固まった汚れを重曹で無理やり落そうとすると、傷がついてしまいますので避けましょう。

中性洗剤で何度か拭き掃除をすれば、必ず黒ずみを落とすことができます。 大掃除の際は中性洗剤で拭き掃除を!ぜひ家族全員で協力して掃除してみてください。

フローリングの場合は重曹を使って掃除できないんですね。
はい。万能洗剤というイメージがありますが、フローリングには使えません。

3.ピカピカなフローリングをキープするには?

ピカピカなフローリングをキープするには?

フローリングをピカピカに保つには、こまめな掃除が大切です。しかし、経年(けいねん)と共にどうしてもフローリングは劣化しやすくなってしまいます。そこで、定期的に業者にフローリングの掃除・ワックスがけ・コーティングなどを依頼しましょう。個人では落としきれなかった汚れも、業者ならばキレイにしてくれます。

また、ワックスがけだけでなくコーティングを行ってもらえば、フローリングに傷がつきにくくなるでしょう。そうすれば、フローリングをより長くピカピカに保つことができます。

まとめ

フローリングをピカピカに保つ方法についてのまとめ

床の黒ずみは皮脂汚れが主な原因ですから、中性洗剤を使えば必ず落とせます。重曹など粉を使った洗剤は傷をつけるので避けましょう。丁寧な拭き掃除で床の汚れを取り除いてください。