ラグの日常ケア方法を知りたい方へ! 効果的な2つの掃除方法と注意点

普通の絨毯よりもフワフワとして触り心地の良いラグ。愛用している人は多いですよね。
「ラグに座ってテレビを観ていると気持ちよくてそのまま寝てしまう」という人も多いのではないでしょうか?
そんな愛用者の多いラグ。実は普通の絨毯よりも毛が長い分、汚れがたまりやすいという特徴もあるのです。ラグに汚れがたまると雑菌やダニなどの温床になってしまいますよ。
ラグを使っているなら汚れがたまらないよう定期的にケアをすることが大切なのです。
あなたもラグ愛用者ですか? もしそうなら、ラグのケア方法を知りたいと思いますよね?
そこで本日は、日常的に行えるラグのケア方法を2つご紹介しましょう。また、ラグのケアを楽にするための注意点もご紹介します。
正しい方法でケアを行うならラグを清潔な状態で使うことができるでしょう。是非お役立てくださいね。

1.掃除機を掛ける

ラグをケアするために掃除機がけは欠かせません。あなたは自宅のラグに毎日掃除機を掛けていますか?
ラグの掃除機がけをサボっていると、あっという間にラグは汚れて雑菌の温床になってしまいます。ですから毎日しっかり掃除機を掛けましょう。
とはいえ、適当に掃除機をかけてもラグをキレイにすることはできません。コツがあるのです。

  • 毛並みに沿って掃除機を掛ける
  • 毛を逆立てて掃除機を掛ける
  • 1平方メートル辺り20秒間掃除機を掛ける

これら3つのコツを意識して掃除機をかけるならラグに溜まったホコリや食べ物のカス、ダニなどをしっかり取り除くことができます。
毎日ゆっくり掃除機を掛けてラグの汚れを取り除いてください。

2.ラグを洗濯する

時々ラグを丸洗いするのも効果的な掃除方法です。ラグを丸洗いすればラグの中に潜んでいるダニを完全死滅させることが出来きますよ。数ヶ月に一回はラグを洗濯するように心がけてください。
ラグは毛が長い分、乾くのに時間がかかります。なるべく晴天の日が続く日を見計らって洗濯してくださいね。
ここで少し、ラグの洗濯手順をご紹介します。

  • ラグについたラベルを確認
  • 洗濯機で洗っても大丈夫な場合:折りたたんで紐で縛り、そのまま丸洗いする
  • 洗濯機が使えない場合:浴槽に重曹を入れてしばらく浸け置き、その後足で踏みながら押し洗いする

浴槽でラグを洗濯する場合は毛を逆立てながら洗うとさらに効果的です。しっかり洗ったら浴槽の水を取り替えて汚れが出なくなるまですすぎましょう。

3.日常清掃の注意点

ラグを定期的に掃除するのはとても大切です。しかしながら、あまり手間をかけずにラグをキレイにできたらいいと思いませんか?
そのためにはいくつか注意点を守ってラグを使う必要があるのです。

  • ラグを湿気の少ない場所に置く
  • ラグの上で食事をしたならなるべく早く掃除機を掛ける
  • ラグにシミがついた場合はなるべく早く洗濯する

このような点に注意してラグを使うなら、ラグに汚れが溜まるのを防ぐことができます。ラグのケアを手間をかけずに行うことができますよ。

まとめ

この記事ではラグの掃除方法を2つご紹介しました。

  • ラグの掃除機がけはゆっくり行う
  • 数ヶ月に一回はラグを洗濯する

ラグの日常ケアとしてこれらの方法は効果的ですよ。さらに、いくつかの注意点を守ればラグの日常ケアを簡単にすることができます。

  • ラグを湿気の少ない場所に置く
  • ラグの上で食事をしたならなるべく早く掃除機を掛ける
  • ラグにシミがついた場合はなるべく早く洗濯する

このような注意点を守れば、ラグを簡単にケアすることができるようになりますよ。ラグを快適・清潔に使うために是非お役立てくださいね。