清潔な押し入れを作る4つのフローを解説!

押入れは頻繁に掃除ができないので、カビやホコリがたまり不衛生な空間になりがちです。大切なものを保管する場所だからこそ、しっかりと手入れしてきれいな空間にしてあげなければなりません。ここでは、そんな押入れを掃除する4つの工程についてご紹介したいと思います。

押入れ掃除方法1 取り出しやすい収納に

押入れを掃除する際は、中のものを一度取り出す必要があります。この時にものが乱雑に入っている場合、掃除の手間も増え、億劫になってしまいます。掃除の前に、押入れの中身を整然と、取り出しやすくしまいやすい空間にしておく必要があります。

コツとしては、クリアケースや段ボールなど、ひとまとめにして収納することです。もちろん空間として狭くなってしまいますが、箱状のものに入れておくだけで出し入れの作業が格段に楽になります。また、布団に関しても圧縮袋に入れておいたり、段ボールなどの板に挟んでおくと取り出しやすくしまいやすくなります。このように、出し入れを楽にする工夫をすることによって、中のお手入れが頻繁に、スムーズに行うことができるのです。

押入れ掃除方法2 掃除機を使ってホコリを取る

中に収納されているものを取り出せたら、掃除機を使って粗く掃除をします。全体にまんべんなく掃除機をかけ、目に見えるホコリや繊維くずを吸い取りましょう。この時、天井や側面も忘れず掃除機をかけてください、繊維くずは壁にくっついたまま取れないケースがあったり、天井や壁を掃除機がけすると押し入れ内で宙に舞うホコリなどまで吸い取ってくれます。

さらに、掃除機をかけ終えたら置き型の空気清浄機を置いておくのも効果的。目に見えないホコリや空気中のにおいの元なども吸引してくれるので、特に長期間手入れをしていない押入れにはおすすめです。

押入れ掃除方法3 カビをチェックする

布団や衣類をしまっていると、湿気がこもってしまいカビが繁殖しがちです。押入れは頻繁に開け閉めしないので、よりその可能性は高くなってしまうのです。全体をくまなくチェックし、カビの有無を確認しましょう。また、目に見えないカビに関しては臭いで判断することもできます。カビが確認できたら、カビ取り剤を使って押し入れ内のカビを除去します。その後、アルコールなどで完全に除去し、きれいな空間を作りましょう。

また、ポイントはその後の「乾燥」。カビは湿気によって繁殖しやすくなるので、アルコールなどで湿気が出てしまう場合はしっかりと乾かしましょう。乾燥剤や除湿器を使うと素早く湿気を取ることができます。

押入れ掃除方法4 整理整頓

押し入れ内がしっかり乾き、臭いや湿気がなくなったら、あとはもとの状態に戻すだけです。この場合も、次に押し入れ内を掃除することを考えて、取り出しやすい空間を作っておく必要があります。

収納のコツは、上記でご説明した「箱状」のものに入れることと、「重ねる量を減らすこと」にあります。小さな箱をいくつも段々に積み重ねてしまうと、箱に入れた意味がありませんよね。取り出しやすくするためには、一定の量が入る箱を数個入れるイメージで収納してください。また、できれば奥ゆきが長い方が、取り出しの際に便利です。ご家庭の押入れのサイズに沿ったケースで、取り出しやすい空間を作ってみてください。

まとめ

以上が押入れの掃除方法になります。頻繁に開け閉めしなくても汚れは溜まっていくものです。ものを大切に保管しておくためには、定期的に押し入れ内も手入れをして、清潔な空間においておく必要があります。時間がとれたら、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか?