トイレの尿石落としたい!確実に尿石を取る3つの方法

「毎日掃除してるのに汚い・・・」
トイレ掃除でこんな風に思ったことはありませんか?
長年の汚れが少しずつ蓄積すると、普段の掃除だけでは取りきれない汚れが出始めます。
便器の底にある「尿石」もその一つ。
黄ばみとも呼ばれますが、ひどいものになるとへばりついた石のような状態になり、トイレ用洗剤だけでは取りきれません。
尿石はどうやったら取り除けるのか、調査してみました。
いろいろな方法がありますが、確実に取り除けそうな方法を厳選しています。
トイレ掃除のご参考にぜひどうぞ!

1.業務用の強力洗剤を使う

よくある掃除用の「トイレクリーナー」だけでは取りきれないのが尿石の特徴です。
黄ばみやかたまりが残っている場合は業務用の強力洗剤を使ってみましょう。
業務用と言っても最近では家庭で使えるサイズのものも売っています。
300ml程度のお手軽な大きさのものがおすすめです。
使い方は便器の水をスポンジなどで取り除き、ティッシュを置いて業務用強力洗剤をしみこませて数十分~数時間おき、洗い流すだけ。
尿石がそこまでひどくない場合はこれで十分洗い流すことができます。
普段の掃除もこのやり方でかなりすみずみまで掃除することができます。
忙しい人でもつけ置き出来るので便利です。
ただし、強力な洗剤は臭いがきつい(つんとした臭い)の場合もあるのでご注意を。
業務用は劇薬のものもありますから、あくまでも一般人が扱いやすい範囲のもので試してくださいね。

2.固いものでこそげ落とす

強力洗剤でも落としきれない、かたまりになった頑固な尿石におすすめなのがこの方法です。
こそげ落とす道具は工具(マイナスドライバーなど)が大活躍してくれます。
固い尿石に沿うようにして少しずつこそげ落としていくとキレイになります!
実際やってみましたが、この方法は本当に頑固な尿石にはイチバン効きますね。
注意点はこそげ落とす時に便器を傷つけないこと。
便器は意外と簡単に傷がつきますし、賃貸の場合は問題になりかねません。
こそげ落とすときは尿石に沿って丁寧に、慎重に行ってください。

3.専門業者に依頼する

強力洗剤でも落ちない、便器を傷つけるのが恐い、という方は一度専門業者に依頼してみましょう。
家事や子育てで忙しい方、夫婦共働きの方は特におすすめ。
尿石は本来、素人が落とすのは非常に難しいものです。
掃除してもすぐに汚れてしまう場合は長年の汚れがたまりきっている証拠でもあります。
一度本格的にキレイにしてもらうとスッキリしますし、すみずみまで掃除してもらえて一石二鳥です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
トイレに付いた尿石はなかなか頑固ですが、あきらめずにクリーンなトイレを目指して!
どうしても取れない・時間がなくてとてもできないという方はプロにお願いするのも一つの方法として覚えておきましょう。