外壁のコケ掃除の必要性ややり方を解説!業者に頼む目安は?

「外壁にコケが生えて悩んでいる」という人は意外と多いのです。コケはカビと同じくらい外壁につきやすい汚れの一種で、放っておくと外壁の見た目が悪くなるだけでなく、外壁の寿命が短くなる可能性もあります。ですから、外壁にコケがついた場合はできるだけこまめにコケ掃除を行いましょう。

今回は、外壁にコケが生える理由やコケ掃除の方法などについて解説します。

  1. 外壁にコケが発生する原因と発生しやすい場所
  2. コケを放置すると外壁の寿命が短くなる
  3. 外壁のコケ掃除をする方法
  4. コケの発生を防ぐ方法
  5. 外壁のコケ掃除に関するよくある質問

この記事を読めば、外壁のコケ掃除を業者に依頼する目安も分かります。外壁に発生するコケに悩まされている人は、ぜひこの記事を読んで対処の参考にしてください。

ハウスクリーニング業者をお探しの方は下記の記事もチェック!

1.外壁にコケが発生する原因と発生しやすい場所

はじめに、外壁にコケが発生する理由や、コケが発生しやすい条件などを解説します。どのような外壁にコケが生えるのでしょうか?

1-1.外壁にコケがつく原因

コケは、風に乗って胞子が壁に付着し、湿気を吸って成長します。コケは生命力が強く、栄養と水分があればどこでも成長するものです。外壁にはホコリなどの栄養源や水分があるので、コケにとっては繁殖しやすい場所といえるでしょう。

1-2.コケがつきやすい外壁の特徴

コケは、水分や栄養がある場所で繁殖します。ですから、日があまり当たらず適度に汚れている外壁はコケが繁殖しやすい場所です。また、街中よりも郊外、家の周りに自然が豊かなどの立地条件でもコケが生えやすくなります。また、近隣の家にコケが生えている場合、胞子が風に乗って自宅の壁までくることもあるでしょう。この場合、住宅地で周りに緑が少ない環境でもコケが生えやすい場合があります。

1-3.コケは自然に枯れることが少ない

コケは繁殖力と生命力が強く、放っておくとどんどん繁殖して壁を覆っていきます。一般的な植物のように「気温の変化で枯れる」ということも少なく、駆除が必要です。

2.コケを放置すると外壁の寿命が短くなる

コケは湿り気がある場所を好み、コケ自体にも水分を蓄えています。つまり、コケが生えているということは、濡(ぬ)れたものをずっと外壁に押しつけているのと同じです。景観が損なわれるだけでなく、水分によって外壁の劣化が進んでいきます。そのため、コケを放置していると、外壁自体の寿命が短くなる可能性が高くなるのです。

3.外壁のコケ掃除をする方法

この項では、外壁のコケ掃除をする方法や業者に依頼する目安などを解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.自分でコケ掃除をする方法

外壁のコケ掃除を自分でする場合は、ホームセンターなどで販売されているコケ洗浄剤を用い、デッキブラシなどでこすってみてください。また、外壁にも使える高圧洗浄クリーナーを使ってもコケはきれいに落とせます。

3-2.コケ予防には薄めた漂白剤を用いる

コケを掃除したら、コケが再び生えるのを予防するために、コケが生えていた場所にキッチン用の漂白剤を薄めたものをかけましょう。そうすれば、コケの胞子をある程度駆除できます。なお、外壁の色が濃い場合、色落ちの可能性もあるのでまずは目立たない場所に少量かけてみてください。

3-3.手の届かない場所までコケが広がっている場合は業者を利用する

外壁全体にコケが繁殖し、個人では掃除しきれない場合は業者を利用しましょう。中途半端に掃除しても、すぐに残ったコケが繁殖してしまいます。コケ掃除をしてくれるのは、外壁塗装やリフォームを行っている会社です。コケ掃除だけでなく、外壁の再塗装なども合わせて依頼することができます。

3-4.外壁が傷んでいるといわれたら

外壁は塗装によって防水機能を維持しています。つまり、外壁塗装が劣化してくるとコケが生えやすくなるのです。業者に「コケ掃除をしたら外壁塗装が劣化していました」と言われたら、外壁塗装の塗り直しを検討しましょう。特に、10年以上外壁塗装のやり直しをしていない場合は、外壁塗装を塗り直すタイミングだといえます。

4.コケの発生を防ぐ方法

コケが最も嫌うのは乾燥です。ですから、常に湿度が高い地域に家を建てる場合、撥水(はっすい)性の高い塗料で外壁塗装をすれば、コケの発生を防ぐことができます。また、10年に1度の割合で外壁塗装の塗り直しを検討しましょう。そうすれば、コケの発生を可能な限り抑えることができます。家を建てるときに外壁塗装業者に相談すれば、よいアイデアを教えてくれるはずです。

5.外壁のコケ掃除に関するよくある質問

この項では、外壁のコケ掃除に関するよくある質問を紹介します。

Q.脚立などを使えば個人でも壁一面のコケ掃除ができるでしょうか?
A.可能ですが、壁全体にコケが繁殖するのは外壁塗装が劣化している証拠でもあります。業者に外壁塗装の状態を確認してもらいましょう。

Q.外壁塗装がまだ劣化していないのに苔が生えました。
A.この場合、早めに掃除すれば個人でもコケを除去できます。できるだけ早くコケ掃除をしましょう。

Q.同じ壁だけにコケが何回も生えてきます。
A.北側の壁はコケが生えやすいものです。この場合、一度業者に徹底して掃除をしてもらい、漂白剤を薄めたものなどをまくようにしましょう。

Q.コケはどのくらいで成長しますか?
A.環境によって差がありますが、1か月も放置しておくとかなり広がってしまうこともありますので、できるだけ早く掃除しましょう。

Q.コケを防ぐような塗料はありませんか?
A.コケ自体を防ぐものはありませんが、撥水性の高いものはコケを防ぐ効果が高いでしょう。

まとめ

今回は外壁のコケ掃除について解説しました。外壁にコケが生えるのを完璧に防ぐことはできません。しかし、コケを生えにくくすることはできます。また、コケを放置すれば外壁そのものが劣化するので、できるだけ早く掃除することが大切です。外壁全体にコケが生える場合は、外壁塗装の塗り直しを検討しましょう。