ユニットバスの収納術を解説! 細々したものをスッキリ片づけるコツは?

「進学や就職で1人暮らしを始めたが、ユニットバスの収納方法に悩んでいる」という人はいませんか? ユニットバスは風呂と洗面所、物件によってはトイレが一体化した場所です。コンパクトで機能的ではありますが、狭くて収納に苦労している人も多いことでしょう。

今回は、すぐに実践できるユニットバスの収納術を紹介します。

  1. ユニットバスがごちゃつきやすい理由
  2. すぐに実践できるユニットバスの収納術
  3. ユニットバスの収納に役立つグッズは使いやすさで選ぶ
  4. ユニットバスの収納で注意するポイント
  5. ユニットバスの収納に関するよくある質問

この記事を読めば、ユニットバスの収納に悩むことはありません。ユニットバスがごちゃついて困っている人は、この記事を参考にユニットバスを片づけてみてください。

1.ユニットバスがごちゃつきやすい理由

収納術を紹介する前に、ユニットバスがごちゃつきやすい理由を紹介します。理由が分かれば解決方法も見えてくるでしょう。

1-1.ユニットバスで使うものが多い

お風呂と洗面所、トイレが一緒になったユニットバスには使うものがたくさんあります。一例をあげると、お風呂で使うシャンプーやリンス・ボディーソープなど、洗面所で使うメイク道具や洗面用具、トイレで使うトイレットペーパーなどです。1つ1つは小さなものかもしれませんが、量があれば収納場所に困ることでしょう。また、使うもののストックの場所に悩む人も珍しくありません。

1-2.ユニットバスには収納が少ない

ユニットバスは収納が少ないか、全くない物件がほとんどです。ですから、収納場所を定められず、あいている場所にとりあえずものを置いてしまいごちゃつくことも多いでしょう。

2.すぐに実践できるユニットバスの収納術

この項では、すぐに実践できるユニットバスの収納術や収納に役立つアイテムを紹介します。

2-1.壁面を利用して収納する

ユニットバスは壁面を収納場所として利用するのがおすすめです。吸盤のついたラックやフックを利用し、収納場所を作りましょう。吸盤つきのラックやフックはそれほど重いものはかけられませんが、ユニットバスで使う小物くらいならば十分に収納できます。

2-2.小物はケースにまとめる

メイク道具などこまごましたものは、ケースにまとめたうえでラックに収納しましょう。そうすれば、ケースごと取り出せますし、散らかることもありません。

2-3.突っ張り棒を利用する

ユニットバスはコンパクトな空間なので、突っ張り棒を壁と壁の間に渡すと収納場所が増えます。そこにフックつきのラックなどをかけましょう。また、洗濯物を干すのにも使えます。

3.ユニットバスの収納に役立つグッズは使いやすさで選ぶ

前項でご紹介した収納に役立つ吸盤つきラックやフックは、いろいろな形のものが市販されています。オシャレなものも多く、見た目で選びたくなりますが、収納グッズは使いやすさで選びましょう。見た目だけで選んでしまうと、使わなくなってしまうこともあります。また、最近は吸盤だけでなく磁石で壁面につけられるグッズも出てきました。賃貸物件の場合は、できるだけ壁面を傷つけないものを選びましょう。

4.ユニットバスの収納で注意するポイント

この項では、ユニットバスの収納を工夫する際、注意するべきポイントを紹介します。ぜひ参考にしてください。

4-1.湿気がたまりにくいものを選ぶ

ユニットバスはお風呂からの湿気がたまりやすい場所です。特に、ラックの底には湿気がたまりやすいので、底や側面が大きくあいたワイヤー製のものなどを選びましょう。また、取り外しが可能で掃除しやすいものを選ぶことも大切です。

4-2.ストックは別の場所に置けないか検討する

1人暮らしの場合、ストックがなかなか減らないこともあります。湿気がこもりがちなユニットバスにストックを長期間置いておくと品質が劣化することもあるでしょう。ストックは最低限にするか、ユニットバスに極力置かないようにしましょう。

4-3.収納グッズの色や素材を統一する

ユニットバスで使える収納グッズはいろいろな素材のものがあります。ユニットバスをスッキリ見せたいのなら、色や素材を統一しましょう。

4-4.装飾は程々にする

ユニットバスをオシャレにしたいと考えている人もいるでしょう。ユニットバスをデコレーションするグッズもたくさん市販されています。しかし、装飾をするほど掃除がしにくくなるでしょう。湿気がこもりがちなユニットバスはカビも生えやすいので、装飾は程々にしてください。

5.ユニットバスの収納に関するよくある質問

この項では、ユニットバスの収納に関する質問を紹介します。

Q.ユニットバスにくぎやネジは使えるのでしょうか?
A.ユニットバスは壁とも一体化しているので、使えないケースが大半です。

Q.吸盤はどんな壁でもつきますか?
A.はい。ユニットバスであれば大抵の場所は大丈夫です。

Q.見せる収納をユニットバスでできるでしょうか?
A.はい。可能です。シャンプーやボディーソープのボトルをオシャレなものに統一するだけでも、見せる収納ができるでしょう。

Q.ユニットバスに置いてはいけないものはありますか?
A.トイレットペーパーは湿気を吸いやすいので、使うもの以外は極力置かないようにしましょう。

Q.ユニットバスの湿気がたまらないようにする工夫はありますか?
A.24時間換気扇をつける、入浴したら可能な限り水滴を拭き取るといった工夫をしましょう。

まとめ

今回は、ユニットバスの収納術について解説しました。ユニットバスはコンパクトで収納する場所がとても少ない空間です。ですから、壁面を上手に使って収納場所を増やしましょう。また、ユニットバスの中に置くのはできる限り必要最小限のものにすることが大切です。