壁紙に落書きをされた場合の対処方法を紹介!キレイに落とすコレ!

「子どもが壁紙に落書きをしてしまい、困っている」という人は多いことでしょう。壁紙への落書きはなかなか消えないことも多く、賃貸物件の場合は退去する際に修繕費用を請求されることもあります。持ち家の場合も、見た目が悪くなり気になる人もいるでしょう。

そこで今回は、壁紙の落書きを落とす方法を紹介します。

  1. 壁紙の落書きは消せる?消せない?
  2. 落書きを消すのに必要な道具と落とし方
  3. 落書きが消えない場合は壁紙の張り替えを検討する
  4. 壁紙の落書きを落とす方法に関するよくある質問

この記事を読めば、落書きを落とす効果的な方法がよく分かるでしょう。壁紙の落書きに悩んでいる人は、この記事を読んで落書きを落とすときの参考にしてください。

1.壁紙の落書きは消せる?消せない?

はじめに、落書きをしたもの別に消すのが容易なもの、難しいものについて解説します。どのようなものなら壁紙に落書きをされても容易に消しやすいのでしょうか?

1-1.鉛筆や水性ペンでの落書きは消しやすい

鉛筆で落書きされた場合は、消しゴムで消すことができます。また、水性ペンでの落書きも中性洗剤や住居用の洗剤などで落とすことが可能です。一般家庭で多く使われている壁紙はある程度水に強いものが多いので、中性洗剤や住居用洗剤を使ってもそれほどダメージはないでしょう。ただし、水に弱い壁紙などは注意が必要です。

1-2.油性ペンやクレヨンの落書きは壁紙を傷めずに慎重に落とす

油性ペンやクレヨンなど、で落書きされた場合、シンナーや除光液など「有機溶剤」で落書きを落とす必要があります。有機溶剤は水に溶けないものを溶かす性質がありますが、壁紙を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。特に、色の濃い壁紙の場合は色落ちするかもしれないので、事前に目立たない場所で試しましょう。

1-3.絵の具は水性か油性かで難易度が異なる

絵の具は、水性か油性かで落とす難易度が異なります。水性絵の具ならば固く絞った雑巾で落とすことができるでしょう。油性絵の具の場合は、有機溶剤などを使う必要があるので、壁紙を傷めないような注意が必要です。

2.落書きを消すのに必要な道具と落とし方

この項では、落書きを消すのに必要な道具と落とす際の注意点を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.水性の汚れを落とす際に必要な道具

水性の汚れを落とす際に必要な道具には、以下のようなものがあります。

  • 中性洗剤や住居用洗剤
  • 固く絞った雑巾
  • 乾いた雑巾
  • メラミンスポンジ
  • 消しゴム

2-2.油性の汚れを落とす道具

油性の汚れを落とす道具には、以下のようなものがあります。

  • 有機溶剤:マニキュアの除光液・油性汚れ専用洗剤・エタノールなど
  • 住居用漂白剤
  • 古歯ブラシやメラミンスポンジ
  • 雑巾

2-3.壁紙の落書きは叩(たた)いて落とす

油性でも水性でも、壁紙の落書きはこすり落とすと壁紙自体を傷めてしまいます。消しゴムで鉛筆の落書きを落とす際は、力を入れ過ぎないようにしましょう。洗剤や有機溶剤を用いて落書きを落とす場合は、トントンと叩いて落としてください。落書きが落ちない場合は性洗剤や有機溶剤をキッチンペーパーなどに染みこませて落書きの上にかぶせ、しばらく放置してから再び叩いてみるのがおすすめです。なお、有機溶剤は最後に固く絞った雑巾で拭き取り、その後、乾いた雑巾で再度拭いて落としましょう。

2-4.メラミンスポンジや消しゴムは優しく使う

メラミンスポンジは汚れを削り落としてくれます。前項で紹介したように、洗剤や有機溶剤を使ってトントン叩いて汚れを落としたが、わずかに汚れが残った場合、メラミンスポンジで削り落としてみましょう。優しくこすれば浮き上がっている汚れを削り落とすことができます。消しゴムも同様に優しく使ってください。力任せにこすると壁紙自体を傷つけます。

2-5.色落ちに気をつける

有機溶剤は壁紙を色落ちさせる可能性があります。色や模様のついた壁紙に落書きされた場合、まずは目立たない場所で有機溶剤を使ってみてください。

2-6.壁紙の素材によっては落とせないこともある

壁紙には、ビニールクロス・布クロス・紙クロス・木製クロスなどがあります。ビニールクロスは水に強く、水拭きをしても大丈夫なものが大半です。一方、紙クロスや布クロスは水に弱かったり、有機溶剤で傷みやすかったりします。紙クロスや布クロスに油性ペンやクレヨンで落書きをされた場合、程度によっては落とすよりも張り替えを検討した方がいいかもしれません。

3.落書きが消えない場合は壁紙の張り替えを検討する

落書きが消えない場合は、壁紙の張り替えを検討しましょう。壁紙の張り替えの目安は、通常10~15年に一度です。ですから、そのくらいの時期に落ちない落書きをされたら、張り替えてもいいでしょう。壁紙の張り替え作業は、早ければ1日、部屋中の壁紙を張り替える場合は、2~3日あれば可能です。

4.壁紙の落書きを落とす方法に関するよくある質問

この項では、壁紙の落書きを落とす方法に関する質問を紹介します。

Q.油性ペンやクレヨンの落書きは除光液など家庭にある有機溶剤と専用洗剤、どちらがおすすめですか?
A.専用洗剤の方が壁紙を傷めずに落とせる可能性があります。特に、紙クロスや布クロスは専用洗剤を使いましょう。

Q.色鉛筆の落書きは消しゴムで落とすことが可能ですか?
A.専用の消しゴムがついている場合は、それで落としましょう。なお、油性の成分が含まれている色鉛筆は、有機溶剤で落としてください。

Q.漂白剤は落書きを落とせますか?
A.インクなどの色素を薄くして目立たなくする効果は期待できるでしょう。ただし、ひどい落書きを真っ白にするのは難しいと思います。

Q.水生と油性が混合した汚れはどうしたらいいでしょうか?
A.まずは油性の汚れを落とし、次に固く絞った雑巾で水性の汚れを落としてください。

Q.賃貸で落ちない落書きをされてしまった場合、どうすればいいですか?
A.まずは、大家さんや管理会社に連絡し、相談しましょう。

まとめ

今回は、壁紙に落書きされた場合の落とし方を紹介しました。落書きはできる限りすぐに落とすことが大切です。また、落書きの予防対策を考えておきましょう。水性の汚れでも広範囲に落書きされた場合、キレイに落とすのが難しいケースもあります。また、有機溶剤を使ったらしっかりそれも落としてください。