タッパー収納のアイデア4選! タッパーを活用した収納方法も紹介!

「タッパーを上手に収納できない」「余っているタッパーは捨てるしかないのか?」とお悩みではありませんか? タッパーの収納に頭を抱えている人は多いでしょう。収納スペースに大量のタッパーがたまってしまっている人のために、タッパーの収納アイデアや、タッパーを活用した収納方法などをご紹介しましょう。

  1. おすすめのタッパー3選
  2. タッパーの収納アイデアを紹介
  3. タッパーを収納アイテムとして活用しよう
  4. タッパーの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、かさばるタッパーを収納する方法や、今話題のタッパーなどが分かるはずです。

1.おすすめのタッパー3選

まずは、収納にしやすさでもおすすめのタッパーをご紹介しましょう。

1-1.IKEA フードキーパーセット「プルータ」

さまざまな大きさや深さのタッパーが17個セットになっており、コストパフォーマンスの良さが人気を集めています。使わないときは重ねてすっきり収納できるのも魅力です。

1-2.無印良品「パルプ付き密閉保存容器」

シンプルなデザインが魅力の無印良品のタッパーです。クリアな見た目はまるでガラス容器のようなので、見せる収納にもぴったりでしょう。ふたにバルブが付いているため、ふたをしたまま電子レンジで使用できます。

1-3.旭化成 ジップロック コンテナー保存容器

旭化成のジップロック コンテナーは、使い勝手の良さで大人気のタッパーとなっています。異なるサイズでも重ねやすいため、ひとまとめにしてすっきり収納することが可能です。サイズのバリエーションが豊富なので、さまざまな使い道ができます。

2.タッパーの収納アイデアを紹介

ストック用タッパーの収納アイデアをいくつかご紹介しましょう。

2-1.ふたを外して重ねる

タッパーのふたを外して、ふたと容器を別々に重ねて収納しましょう。ふたをしたまま重ねるより場所を取らないため、収納スペースが狭い場合におすすめです。

2-2.分別用の容器に入れる

少し大きめのプラスチックケースやカゴなどを使って大きさ別に分けておけば、取り出しやすくておすすめです。容器にまとめておけばタッパーがバラバラになりにくいため、収納スペースが整理整頓された状態を維持できます。容器を二段重ねにする・取っ手付きの容器に入れるなど、使いやすい方法を考えてみるとよいでしょう。

2-3.ふたをして立てて収納する

収納スペースに余裕がある場合は、ふたをしたままの状態でタッパーを立てて収納するとよいでしょう。ふたと容器が一緒になっているほうがすぐに使えて便利です。ファイルボックスや仕切りスタンドを使うと立てて収納しやすくなります。

2-4.タッパー収納専用の引き出しを作る

可能であれば、タッパーだけを収納するスペースを作りましょう。ほかのものが入っていないため、ごちゃごちゃになりにくいのがメリットです。使いたいタッパーがどこにあるか、すぐ分かるでしょう。

3.タッパーを収納アイテムとして活用しよう

余っているタッパーを活用した収納アイデアをご紹介しましょう。

3-1.タッパーで冷蔵庫内も整理

冷蔵庫や冷凍庫に入れる食材をタッパーで小分けしましょう。中身が分かりやすいよう、ラベルに書いて貼っておくことをおすすめします。冷凍庫には食材を入れたタッパーを立てて収納すると取り出しやすくて便利です。開封後の小麦粉や片栗粉なども、タッパーに移し替えて冷蔵庫で保管するとよいでしょう。

3-2.調味料や洗剤入れとして

タッパーは、砂糖や味噌(みそ)などの調味料や洗剤入れとしても活用できます。ふたをすれば湿気やホコリが入らないため、安心して保管できるでしょう。見える場所に置く場合は、お気に入りのラッピングシートなどを貼っておしゃれにリメイクするのがおすすめです。

3-3.子どものおもちゃや文房具入れに

子どものおもちゃや文房具なども、タッパーに入れて収納するとよいでしょう。大きさ別・種類別に分けて入れておけば、子どもも使いやすくておすすめです。ラベルに中身を書いて貼っておくのもよいでしょう。使わないタッパーを有効活用することで、部屋全体がすっきり片付くはずです。

4.タッパーの収納に関するよくある質問

「タッパーの収納について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.タッパーを選ぶポイントは何でしょうか?
A.しっかり密閉できるか・耐久性が高いか・電子レンジに使えるか・収納しやすい形状かをポイントにして選ぶことをおすすめします。

Q.タッパーの寿命は何で判断すればよいですか?
A.食品の臭いが落ちないものやふたがなくなってしまったものなどは、処分するか別の使い道を考えたほうがよいでしょう。

Q.  増えすぎたタッパーを処分したいのですが、何ゴミになりますか?
A.自治体によって異なりますが、燃えるゴミやプラスチックゴミに分類される場合が多いでしょう。

Q.タッパーをすっきり収納するメリットを教えてください。
A.収納スペースに余裕ができ、キッチン回りが全体的にすっきりするでしょう。

Q.タッパーの収納がうまくいかない理由にはどのようなものがありますか?
A.形や大きさがバラバラなこと・かさばりやすいことなどが理由でしょう。

まとめ

タッパーを収納するコツや、タッパーを使った収納アイデアをご紹介しました。どの家庭にもあるタッパーですが、収納のしにくさに困っている人も多いと思います。少しの工夫で使いやすく収納することができるため、ぜひこの記事を参考にしてください。