シーリングファンの掃除方法が知りたい! 掃除のポイントと注意点!

「シーリングファンにたまっているホコリを何とかしたい」「どうすればキレイに掃除ができるのか」など、シーリングファンの掃除で悩んでいる方は多いでしょう。シーリングファンはずっと回したままのケースが多いため、汚れがつきやすく、ホコリもたまっています。また、適切な掃除を定期的に行うことで、シーリングファンを長く使い続けることもできるのです。

そこで、本記事では、シーリングファンの掃除方法について解説します。

  1. シーリングファンの汚れを放置する問題点
  2. シーリングファンの掃除に必要な道具
  3. シーリングファンを掃除する方法
  4. シーリングファンの掃除をプロに依頼する
  5. シーリングファンの掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、シーリングファンの正しい掃除方法とポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.シーリングファンの汚れを放置する問題点

シーリングファンの汚れを放置すると、どのような問題点が起こるのでしょうか。掃除を始める前に、しっかりとチェックしておくことが大切です。

1-1.常に天井からホコリが落ちてくることに

天井に取りつけるシーリングファンは、オシャレな雰囲気になるメリットがありますが、掃除がしにくいというデメリットがあります。掃除する頻度が少ないこともあり、いつの間にかシーリングファンにたくさんのホコリがたまってしまっているのです。もし、そのままシーリングファンを回してしまうと、ついているホコリが常に舞い落ちてくるかもしれません。1度、自分の目で付着しているホコリや汚れを確かめると、シーリングファンを回そうとは思わないでしょう。天井に取りつけるものだからこそ、回すたびにホコリが空気中を舞ってしまうことになります。

1-2.空気中のホコリを吸い込むとアレルギーや喘息の原因にも

シーリングファンをつけたままにしている家庭がほとんどだと思いますが、掃除せずに稼働させればホコリが空気中を漂い、私たちの体に悪影響を及ぼす可能性が出てきます。特に、小さな子どもは免疫力が弱いので、毎日ホコリを吸い込んでしまうとアレルギーや喘息の原因になってしまうこともあるのです。家族の健康を守るためにも、定期滴にシーリングファンを掃除する必要があります。

1-3.すぐに壊れやすくなる

シーリングファンの汚れを放置していると、すぐに壊れやすいもろい状態になってしまう恐れがあります。ホコリがたまり、モーター部分にまで入り込んでしまうのです。スイッチを押しても動かなかったり、途中で止まってしまったりすることが増えるでしょう。壊れてしまえば、新しいものに付け替えなければなりません。そのほうが費用も高くなってしまうため、長く使い続けるためにも掃除が必要となります。

2.シーリングファンの掃除に必要な道具

始める前に、シーリングファンの掃除に必要な道具をひととおり用意しておきましょう。

2-1.伸び縮みができるハンディワイパー

シーリングファンは天井についていることが多いため、そのままでは手が届きません。ハシゴや脚立を使う方法もありますが、不安定なので転倒する恐れがあるのと、吹き抜けなど高い場所についている場合はなかなか難しいでしょう。そんなときに便利なのが、伸び縮みができるハンディワイパーです。ハンディワイパーを使えば、高い場所でも楽に掃除できます。高い位置にシーリングファンがある家は、できるだけ長く伸びるタイプを用意しておくと安心です。

2-2.お掃除用シートも準備しよう

ハンディワイパーの代わりに、フロアワイパーを使う方法がありますが、その場合はお掃除用シートも一緒に準備しておきましょう。フロアワイパーにお掃除用シートを取りつけて、後はシーリングファンを拭き取るだけでOKです。お掃除用シートは、フローリング用のものでも構いません。シートがなければ、固くしぼったぞうきんをガムテープなどで巻きつけることもできます。家にあるものでも工夫次第で掃除道具になれるのです。

2-3.おすすめはアズマ工業のエレキャッチ

床から天井まで上に高く伸びている建物は、シーリングファン以外にも照明器具などを掃除する必要があります。その場合は、アズマ工業から発売されている「エレキャッチ」がおすすめです。2.2~4.9mまで伸ばすことができるため、天井が広い家庭でも楽に掃除できます。エレキャッチは先端の穂の部分の角度が6段階に調節できるようになっているのが特徴です。そのため、いろいろなところにフィットでき、ホコリを徹底的に落とすことができるでしょう。天窓の掃除にも大活躍します。

3.シーリングファンを掃除する方法

それでは、シーリングファンを掃除する方法とポイントについて解説します。

3-1.掃除道具が届く場合は掃除機とハンディモップを使う

2階の廊下や踊り場などから掃除道具が届く場合は、通常の照明の掃除とほとんど同じ方法で構いません。ただし、吹き抜けにあるシーリングファンの場合は、たまったホコリが下に落ちると1階の広範囲にホコリが散らばってしまいます。そのため、なるべくホコリを落とさないようにキャッチすることが大切です。掃除機を使う場合は、まずプロペラの上に積もっているところをノズルなどで吸い取ります。掃除機で吸い取った後は、こびりついている汚れをハンディモップなどで絡ませるようにしながらホコリを拭き取ってください。

3-2.長く伸びるフロアワイパーや専用ワイパーを活用する

前述したように、掃除道具の中には、5mの天井でも楽に掃除できるワイパーがあります。掃除道具が届かない場合は、長く伸びる専用ワイパーなどを使って掃除してください。ホコリをキャッチするように絡ませることが大切ですが、ホコリが落ちてくる可能性もあります。ホコリが目や口に入らないようにマスクをしたり、ゴーグルで目を保護したりしておいたほうがいいでしょう。シーリングファンの真下から作業する場合は、落ちてくるホコリに注意してください。また、周囲に何もない状態で掃除を始めましょう。

3-3.掃除道具が届かない場合は業者に依頼する

掃除道具が届かない場合は無理をせずに、専門業者に任せたほうが安心です。過去、ハシゴを使って無理に掃除しようとして転落事故を起こした事例がありました。逆に、自分がケガをする恐れがありますし、シーリングファンが傷つく可能性もあるので注意してください。お金はかかるかもしれませんが、掃除業者に依頼したほうが1番安全でキレイになる方法です。

4.シーリングファンの掃除をプロに依頼する

ここでは、シーリングファンの掃除をプロに依頼する方法とポイントを解説します。

4-1.ハウスクリーニングや清掃業者に依頼する

シーリングファンの掃除を受けつけている業者は、ハウスクリーニングや清掃作業を行っているところです。さまざまなサービスを行っている業者ほど、実績があり、経験豊富なので安心して依頼できるでしょう。同じサービス名であっても、どこからどこまで掃除をしてくれるか、どのような方法で清掃を行うのか、具体的な内容が異なります。依頼前に、しっかりサービスの内容を確認することが大切です。たとえ、友人や知人から紹介された業者だとしても、自分できちんと調べることがポイントとなります。

4-2.プロならではの掃除方法

プロの清掃業者は、汚れの具合や種類に合った方法で掃除を行います。そのため、なかなか落ちない長年の汚れでも、適切かつ迅速にキレイにすることができるのです。自分で掃除するには時間と手間がかかりますが、業者に依頼すれば素早く掃除できます。後はキレイな状態をキープし続けるだけで良いのです。専門業者に依頼するメリットはとても大きいと言えるでしょう。

4-3.平均費用は約5,000円~1万円

シーリングファンの大きさや種類・位置などによって異なりますが、大まかな費用は約5,000円~1万円でしょう。ただし、あくまで目安となるため、具体的な費用が知りたい方は業者に無料見積もりを依頼してください。複数の業者を比較することで最も安い費用で依頼できる業者が見つかりやすくなります。けれども、あまりに安すぎる業者には注意が必要です。お金だけ取り、適当な作業を行う傾向があるので業者は慎重に選びましょう。

4-4.業者選びのポイント

どの業者に依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけている
  • サービス内容が充実している
  • 見積書の内容が具体的に記載されている
  • シーリングファンの清掃に長(た)けている
  • 口コミや評判がいい

逆に、見積書の内容が乱雑になっていたり、スタッフの対応が悪かったりする業者には要注意です。インターネットで口コミを調べると、何らかの悪評が書かれたりしていることがあります。事前に口コミや評判を調べるのも、悪徳業者と優良業者を見極めるポイントです。

5.シーリングファンの掃除に関してよくある質問

シーリングファンの掃除に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.掃除する際のポイントは?
A.羽がくるくると動かないように固定しながら掃除することです。掃除道具が届く範囲なら、手で羽を1枚ずつ止めて掃除できるでしょう。ただし、掃除道具が届かない位置にある場合はなかなか難しいので、無理をしないようにしてください。また、シーリングファンの掃除は、ホコリを取り除くことが基本です。予算が十分にあるなら、電動昇降式を選んだほうが電動でファンを下げることができ、掃除も楽にできるでしょう。毎回掃除のために専門業者を呼ぶ方は、電動昇降機を後づけする選択肢もあります。

Q.シーリングファンの近くにある窓も掃除したほうがいい?
A.できれば、近くにある窓も一緒に掃除したほうが効率的です。室内の窓でも、静電気によってホコリが付着しているため、伸縮式のフロアワイパーや専用ワイパーを使って窓をキレイにしましょう。シーリングファンだけでなく、窓も汚い状態のままでは室内が暗くなってしまいます。不衛生な環境を避けるためにも、天井付近の掃除は定期的に行うことが大切なのです。自分でできない場合は、業者に窓掃除もお願いするといいでしょう。

Q.シーリングファンを新しくする際の費用はいくらぐらい?
A.シーリングファンは初期費用の高さとランニングコストがかかる点がデメリットでもあります。シーリングファンを新しくする場合は、種類によって異なりますが10万円ほどかかるでしょう。なお、天井に十分な強度がない場合、10万~15万円の補強工事費用がかかる可能性もあります。本体価格を合わせると、約20万円~はかかることになるのです。長く使い続けている場合は、この機会に新しくするのも方法の1つですが、費用が高くなるので見積書でしっかりと確認したほうがいいでしょう。

Q.業者に依頼したほうがいいケースは?
A.高齢の方で掃除が大変な方や、仕事や育児で忙しい方などは、自分でするよりも業者に依頼したほうがいいでしょう。シーリングファンの清掃を業者に依頼している人の中には、安全点検を兼ねて依頼している人もいます。シーリングファンを長く使い続けるためにも、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

Q.シーリングファンの掃除でお金がかかるケースは?
A.思っているよりも高い位置にシーリングファンが備え付けられていたり、汚れがひどかったり、掃除しにくい場所にあったりする場合は、追加費用がかかる可能性があります。ただし、業者によって異なるため、事前に追加費用が発生するケースをチェックしておくと安心です。見積書で気になるところがあれば、必ず尋ねて解消するようにしてください。そのまま放置していると、後々業者とのトラブルに発展する恐れがあります。

まとめ

シーリングファンの掃除を怠ると、まわすたびに汚れやホコリが空気中を舞うことになってしまいます。不衛生な環境になるのを防ぐため、定期的に掃除を行うのが理想です。シーリングファンは高い場所にあるので掃除が困難ですが、長く伸びるフロアワイパーなどを活用すれば、上手に掃除できます。ポイントは、さまざまな便利グッズを使うことです。どうしても自分で除去できない頑固な汚れがあれば、そのときはプロの業者に依頼するのも方法の1つでしょう。