ながら掃除を習慣化するコツは? 場所別にポイントを徹底解説!

「時短で掃除できる方法はないか」「掃除がなかなか続けられない」など、掃除で悩んでいる方は多いでしょう。ながら掃除は、掃除が面倒に感じる方や時間がない方におすすめの方法です。何かを「しながら」掃除をする方法なので、手間と時間をかけず気軽さが大きなメリットとなります。では、具体的にどうすればいいのでしょうか。

本記事では、ながら掃除の方法やコツを解説します。

  1. ながら掃除はメリットがたくさん!
  2. ながら掃除の場所別方法
  3. ながら掃除を楽に続けるコツは?
  4. ながら掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、ながら掃除のコツやポイントなどが分かります。時間と手間をかけず気軽に掃除がしたい方は、ぜひチェックしてください。

1.ながら掃除はメリットがたくさん!

まずは、ながら掃除の主なメリットをいくつか紹介します。

1-1.掃除が苦手な人でも簡単にできる

ながら掃除とは、「何かをしながらついでに掃除すること」です。無理にやろうとしたり完璧にしたりする必要はありません。気軽な気持ちで簡単にキレイにできるからこそ、掃除に手間や時間をかけたくない方にもおすすめです。たとえば、歯磨きをしているときに洗面台を掃除する、テレビを見ているときに床掃除をするなどの方法があります。また、最近は掃除が楽になる便利グッズも多数発売されているので、それらを活用するのもながら掃除を楽にするポイントです。

1-2.忙しい人でも時短でできる

仕事や育児で忙しい人ほど、掃除するためのまとまった時間を取りにくいと思います。そんなときこそ、ながら掃除が最適です。テレビを見たり料理をしたりしているときに掃除をするので、時間にしばられることなく作業ができます。また、毎日続けることでながら掃除が習慣化できるのです。掃除を習慣化すれば、キレイな部屋が維持でき、大掃除も楽になるでしょう。

1-3.節約につながる

毎日こまめに掃除することで、時間やお金の節約につながることをご存じでしょうか。せっかくできた休みを1日中掃除に使うのはもったいないものです。しかし、ながら掃除で毎日少しずつキレイにしていけば、掃除の手間が省け時間の節約につながります。また、頑固な汚れを未然に防ぐこともできるため、お金の節約にもなるのです。頑固な汚れになると自分ではなかなか取り除くことができません。その結果、専門業者に依頼することになり無駄なお金がかかってしまいます。

1-4.メンタルヘルスが安定する

ながら掃除の大きなメリットは、メンタルヘルスが安定することです。「掃除をしてもすぐに汚くなる」「途中で諦めてしまいがち」など、掃除をするたびに失敗しては自分に自信がなくなる方もいるでしょう。また、汚い部屋のままでは精神状態も悪化してしまいます。しかし、ながら掃除は無理をして掃除する必要はありません。何かのついでに掃除をする方法なので、気軽な気持ち+楽しくキレイにできます。そして、毎日積み重ねることで自分に自信がつき、メンタルヘルスが安定するのです。

2.ながら掃除の場所別方法

では、キッチン、風呂・洗面、トイレ、玄関、リビング・寝室に分けて、場所別のながら方法とポイントを解説します。

2-1.キッチンの油汚れはセスキ炭酸ソーダでサッと拭き取る

キッチンは食材のクズや調理中に飛び散る油などで頑固な汚れができやすい場所です。だからこそ、ながら掃除で付着したばかりの油汚れをサッとすぐに拭き取ることが大切なポイントとなります。キッチンで調理しながらできる掃除は以下のとおりです

  • ガスレンジを軽くぬらしたスポンジやふきんで拭き取る
  • レンジを使用した後、その湯気で扉付近を拭く
  • キッチンまわりに出した道具を片付ける
  • シンクの中をスポンジでキレイにする

煮炊きをする間は時間ができるので、その間に台所の汚れ具合をチェックします。そして、気になる箇所を発見したら、スポンジやふきんなどを使って拭き取ってください。特に、油汚れはセスキ炭酸ソーダが大活躍します。油分を落とす効果があり、水500mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1を混ぜ合わせたものをスプレー容器に入れれば、気軽にシュッと吹きかけることができるでしょう。

2-2.使用中や後に掃除できる風呂・トイレ

風呂とトイレも毎日使う場所なので、すぐに汚れがちですが、使用するたびにながら掃除ができるので頑固な汚れを未然に防ぐことができます。たとえば、風呂からあがるときに、シャワーで風呂全体に冷水をかけてください。水まわりに発生しやすいカビは温かい温度を好むため、冷水をかけることで風呂場の温度を下げ、カビの繁殖を防ぎます。そして、換気も忘れずに心がけましょう。
トイレは、使用後に備えつけのブラシでサッと一拭きするだけでOKです。長くこもる場合は、トイレットペーパーホルダーに付いているホコリを拭き取るなどのながら掃除ができるでしょう。トイレ室内をチェックし、どんな汚れがついているのか把握するのも大切です。

2-3.使用済みのタオルで洗面を一拭きする

洗面も風呂やトイレと同じく、毎日ながら掃除ができる場所です。たとえば、最後に入浴した人が、風呂掃除のついでに洗面ボールや水栓金具を掃除します。使用済みのタオルで洗面カウンターを一拭きすれば、わざわざ掃除道具を取り出す必要はありません。また、入浴後の湿気で化粧鏡や小物棚などもサッと拭き取ることができるでしょう。風呂場と隣接している場所だからこそ、風呂掃除とあわせてキレイにできるのが大きなメリットです。

2-4.出入りのときに行う玄関掃除

わざわざ玄関に掃除をしに行くのはとても面倒なので、出入りする際に掃除を行うのがポイントです。お出かけ前や帰宅時に、ほうきとちり取りを使ってホコリや汚れを除去しましょう。気になったときにすぐ使えるよう、取り出しやすい場所に掃除道具を用意しておきます。また、靴箱の上などはホコリがたまりやすいので、羽根ばたきも準備するといいでしょう。お出かけ前や帰宅時のちょっとしたながら掃除が、キレイな玄関をキープするコツです。

2-5.テレビを見ながらリビング掃除

リビングはテレビを見ながら掃除ができる場所です。目はテレビに集中したままでも、粘着クリーナーを使って座った周辺や手の届く範囲をコロコロしてください。掃除機をわざわざ取り出す必要はありません。また、掃除機でも吸い落としがちなホコリや髪の毛も、粘着クリーナーを使えば簡単に取ることができます。フローリングワイパーを使って、テレビに集中しながら床掃除もできるでしょう。

2-6.掃除グッズでサッとホコリを拭き取る寝室

寝室は1日の3分の1を過ごす場所だと言われているため、常に清潔な状態を維持し続けたいものです。起床時に、掛け布団を整えながら粘着クリーナーでホコリを取ることができます。また、寝る前に顔パックをしたりするときは時間ができるため、その間に掃除もできるでしょう。時間ができたときや両手が空いたときに、サッと汚れを拭き取るのがポイントです。

3.ながら掃除を楽に続けるコツは?

では、ながら掃除を楽に続けるコツを解説します。

3-1.掃除グッズを使う場所の近くに置く

あなたは掃除に使う道具やグッズをどこに置いているでしょうか? もし、それぞれ使用する掃除道具を1箇所にまとめて置いているなら、使用する場所の近くに置くようにしてみてください。玄関は玄関、洗面は洗面台の下など、すぐに取り出せる場所に置くことで取り出す手間が省けます。わざわざ別の場所から道具を取り出す必要がないため、楽に掃除を続けることができるでしょう。

3-2.普段習慣としてやっている家事とセットにする

ながら掃除を楽にするポイントは、普段習慣としてやっている家事とセットにすることです。たとえば、キッチンのシンクとコンロ掃除は、食器を食洗機に入れた後の流れで行うなど、自分が毎日行っている家事の流れでキレイにしましょう。ここで大切なのは、無意識でできるくらい自然の流れに組み込むことです。掃除が苦手な方でも、普段の習慣とあわせて行えば楽に感じるようになります。

3-3.完璧にしようとは思わない

掃除が長続きしない人の多くが、「完璧にやろう」「一気にキレイにしよう」と思っています。その気合いは確かに必要ですが、ながら掃除を楽にするポイントは完璧にしようとは思わないことです。10~15分だけと自分で時間を決めて、経過したら掃除をやめます。無理に掃除をしようと思わないことが、楽にできる・長続きするポイントなのです。

3-4.忙しい平日は掃除場所をしぼる

基本的に、ながら掃除は家中すべてを掃除するのが目的ではありません。掃除嫌いで苦手意識を持っている方ほど、「あっちもこっちも掃除しなきゃ」と思うでしょう。しかし、そのままではストレスの原因になってしまうので、忙しい平日は掃除場所をしぼってください。たとえば、汚れがたまりやすいキッチンやトイレ・風呂などの水まわりを中心に掃除するといいでしょう。汚れがたまりやすい場所を集中的にしぼることで、気分が大きく変わります。

3-5.便利グッズをご紹介!

自分好みのデザイン掃除グッズを使ったり、ながら掃除に便利なアイテムを活用するのも、楽になるポイントの1つです。ホームセンターだけでなく、100円均一にもたくさんの便利グッズが発売されています。ながら掃除でおすすめしたいのが、フローリングワイパー・粘着クリーナー・メラミンスポンジ・マイクロファイバータオルです。何かをしながらサッと汚れがふき取れるアイテムなので、ぜひ活用してください。

4.ながら掃除に関してよくある質問

ながら掃除に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ながら掃除の基本ルールは?
A.何かのついでに、何かをしながら行うのがながら掃除ですが、1か所は1分以内、1度に掃除するのは5箇所までが基本ルールです。使ったときに使った場所をサッと拭き取るだけで十分なので、無理に時間をかけて行う必要はありません。1度にたくさんの場所を掃除しようとすれば、逆にそれが負担となり、やる気をなくしてしまいます。1度に掃除するのは5箇所まで1分以内と決めておけば、掃除時間も5分と続けやすくなるのです。

Q.習慣づけるコツは?
A.前述したように、普段からやっていることの流れに掃除を組み入れることがポイントですが、1日の決まった時間帯を掃除タイムにすることもコツです。たとえば、帰宅後・料理中・番組開始前の5分間など、自分が掃除しやすい時間帯を決めて、毎日その時間帯にながら掃除をします。すると、より習慣化しやすくなるのでおすすめです。

Q.キレイな状態をキープするポイントは?
A.ながら掃除を毎日続けることはもちろん、なるべくものを置かないことも大切なポイントです。ものがたくさんあるほどホコリがたまりやすくなり、掃除もしにくくなります。リビング・トイレ・洗面・キッチンは毎日使用する場所で汚れが蓄積されやすいため、なるべく不要なものを置かないようにしてください。必要最低限のものだけを置くことで、スッキリとした空間になります。

Q.掃除に役立つ洗剤は?
A.セスキ炭酸ソーダのほかにも、重曹・クエン酸といったナチュラル洗剤がおすすめです。これらの洗剤は自然由来の成分でできているため、小さい子どもがいる家庭でも安心して使うことができます。セスキ炭酸ソーダはアルカリ性の汚れ、重曹・クエン酸は酸性の汚れに効果的です。水に溶かしてスプレー容器に入れれば、気になった汚れ箇所にすぐ吹きかけて拭き取ることができます。重曹は水100mlと小さじ1杯、クエン酸は水200mlと小さじ1杯を混ぜ合わせてください。

Q.汚れが取れない場合の対処法は?
A.なかなか汚れが取れない場合は、まとまった時間が空いたときに入念な掃除をしましょう。ながら掃除で戸惑っていると、どんどんやる気が下がり、習慣化できなくなってしまうので要注意です。軽く汚れを拭き取り、大掃除の際に汚れを徹底的に落としましょう。自分で落とせなかった汚れは、専門業者に依頼するのも方法の1つです。

まとめ

ながら掃除のコツは、習慣化することです。「掃除しなくては」「キレイにしなくちゃ」と焦らず、何かをするついでに掃除します。少しずつ習慣化していき、掃除が生活の一部になるでしょう。また、最近は便利な掃除グッズが発売されているので、活用するのも方法の1つです。自分が楽しくなるようなグッズを活用すれば、掃除も楽しくなります。「掃除しなきゃ」と思うのではなく、「掃除するのが楽しい」という気持ちで取り組めるように工夫していきましょう。