トイレふち汚れを効果的に落とす方法は? 予防ポイントも解説!

「トイレのふち汚れがなかなか落ちない」「楽に落とせる方法が分からない」など、トイレのふち汚れで悩んでいる方が多いでしょう。トイレのふちは掃除しにくく、頑固な汚れがつきやすい箇所です。特に、蓄積しやすい尿石の汚れの場合は、一般的な中性洗剤ではなく酸性洗剤で落とすなど、汚れに応じて洗剤を使い分けることを考えなければなりません。

本記事では、トイレのふち汚れを落とす方法について詳しく解説しましょう。

  1. トイレのふちが汚れやすい理由
  2. トイレのふち汚れを掃除する方法
  3. トイレのふち汚れ掃除のコツとポイント
  4. トイレのふち汚れに関してよくある質問

この記事を読むことで、トイレのふち汚れを簡単に落とすコツが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.トイレのふちが汚れやすい理由

最初に、トイレのふちが汚れやすい理由と、汚れの原因をチェックしておきましょう。

1-1.汚れやすい理由は構造

トイレのふちは、奥まった構造をしているため、気づいたときには頑固な汚れが付着しているということがあります。トイレブラシで丁寧に掃除したつもりでも、ブラシの毛先が届かないふちの裏では汚れが取れずにそのまま残ってしまうでしょう。

自分の目で汚れを確かめることができず、普段から汚れ具合を確認できない点も、頑固な汚れになりやすい原因です。汚れやすい構造であること・汚れが見えにくいことを踏まえて普段の掃除に注意すれば、頑固な汚れを未然に防ぐことができるでしょう。

1-2.汚れの原因・成分をチェックしよう

では、具体的に便器のふちの裏には、どのような汚れが付着しやすいのでしょうか。

1-2-1.黒ずみ

便器をチェックしてみると、ふち辺りから黒ずみが発生していないでしょうか。これらの黒ずみは、ふちの裏にたまっている汚れが原因の可能性があります。黒ずみを放置すると、普段の掃除では簡単に落ちにくくなってしまうので注意が必要です。

1-2-2.尿石

黒ずみと同じく、トイレのふち裏に発生しやすいのが尿石です。尿石は飛び散った尿が蒸発をくり返すことで発生する頑固な汚れで、地層のように積み重なった状態のことを指しています。まるで石のように固くなるため、ブラシで少しこするくらいでは簡単に落ちません。また、尿石は悪臭の原因になるので、その部分をキレイに掃除しなければ悪臭は除去できないでしょう。

1-3.放置すると悪臭が続き、住環境の悪化につながる

トイレのふち裏についた汚れを放置すると、どんどん尿石や黒ずみがひどくなり、常に悪臭が漂う状況になってしまいます。トイレのドアを開けるたびに悪臭が放たれ、部屋中が臭くなってしまうでしょう。住環境の悪化につながるのはもちろん、体にも悪影響をおよぼしてしまいます。

また、頑固な汚れになるほど落ちにくくなるため、専門業者にクリーニングを依頼しなければならなくなるのです。自分で掃除するよりも費用が高くなってしまうでしょう。

2.トイレのふち汚れを掃除する方法

それでは、トイレのふち汚れを掃除する方法を紹介します。

2-1.洗剤は汚れの種類や目的で選ぶ

一般的に、トイレ掃除に使用する洗剤は、中性洗剤・アルカリ性洗剤・酸性洗剤の3種類があります。これらの3種類を汚れの種類や目的で使い分けることがポイントです。

日ごろのお手入れなら、トイレマジックリンなどの中性洗剤で十分にキレイにすることができます。

尿石の汚れはアルカリ性なので、キレイに落としたいときは中和してふやけさせて落とすことができる酸性洗剤がおすすめです。酸性洗剤は尿石のほか、水道水に含まれているカルキ成分による汚れや水垢にも効果が期待できるでしょう。

除菌目的や、カビ・微生物等による汚れを除去したいときは、アルカリ性洗剤を使用してください。

2-2.必要なものを準備しよう

トイレのふち掃除を始める前に、必要なものを用意しておきましょう。最低限、用意しておきたい道具は以下のとおりです。

  • 中性洗剤(トイレマジックリンなど)
  • 酸性洗剤(サンポールなど)
  • アルカリ性洗剤(ハイターなど)
  • ビニール手袋
  • トイレ専用のブラシ
  • キッチンペーパー

上記の道具は、必ず用意しておきたいアイテムですが、サンドペーパーやメラミンスポンジも用意しておくと便利です。サンドペーパーは頑固な汚れを除去する際に使用しますが、便器を傷つける恐れがあるため、プラスチックで艶あり素材には使わないようにしましょう。

一方、メラミンスポンジはサンドペーパーよりも研磨粒子が細かいので、やさしく汚れを落とすグッズとして役立ちます。

2-3.掃除手順をご紹介!

ふち裏を掃除する一般的な方法は、以下に記した手順どおりに行ってください。

  1. ふち裏部分にサンポールなどの洗剤を吹きつける
  2. トイレットペーパーを便器に垂らすように詰めた後、さらにその上から洗剤を吹きつける
  3. 1時間程度放置した後、ビニール手袋をつけた手でメラミンスポンジを使い汚れを落とす

上記の方法である程度キレイになりますが、念のため、最後にビニール手袋をつけた手で直接汚れが落ちたかどうか確認してください。トイレットペーパーを使うとそのままトイレに流せるので楽ですが、キッチンペーパーのような厚手の素材にサンポールを塗って、ふち裏に貼ったほうが、より成分が汚れに染み込み、落ちやすくなる可能性があります。トイレに流せない不便さはありますが、キッチンペーパーを活用するのも方法の1つです。

2-4.時短の掃除方法もご紹介!

時間がないときには、トイレットペーパーやキッチンペーパーを使わずにふち裏を掃除します。その手順は以下のとおりです。

  1. ふち裏を狙って、トイレ用洗剤をぐるっと1周かける
  2. 洗剤をかけてから2~3分放置する
  3. 便器の汚れ全体に洗剤が広がるのを確認した後、ふち裏をブラシでこする
  4. ふち裏の次に、便器の水面付近や全体をこする
  5. 水を流し、汚れと洗剤を洗い流す
  6. ふち裏周辺は、ブラシでこすりながらキレイに洗い流す

ぜひ以上の方法を試してみてください。ポイントは、ふち裏を中心に便器全体を掃除することです。

3.トイレのふち汚れ掃除のコツとポイント

トイレのふち汚れをより効率的に落とすコツとポイントを解説します。

3-1.強い洗剤を使いたくないときは、クエン酸を使用する

トイレ用の洗剤は刺激が強い成分が含まれているものもあり、子どもに悪影響をおよぼすのではと不安になるでしょう。そんなときは、自然由来の成分でできているクエン酸を活用してください。クエン酸は酸性の性質を持っているため、アルカリ性の尿石汚れを落とすことができます。

使い方のポイントは、水200mlに対し小さじ1杯程度のクエン酸を混ぜたクエン酸水を作ることです。このクエン酸水をスプレーボトルに入れて、酸性洗剤の代わりにふち裏に吹きつけます。後は同じ流れでブラシを使って掃除するだけでOKです。自然由来なので安心して使用できますが、作用が穏やかなので酸性洗剤のように頑固な汚れを1度で落とすことはできません。何度も繰り返して落とす必要があります。

3-2.研磨作用が強い洗剤を使ってゴシゴシこすらない

トイレ用洗剤の中には、研磨作用が強い成分が含まれているタイプがあります。研磨作用が強い成分を便器に吹きつけ、ブラシでゴシゴシ力を入れこすりすぎると、逆に便器を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。便器に傷がついてしまうと表面が凸凹になり、そこに細菌や水垢などが蓄積される可能性が高くなります。できれば、研磨作用が強い成分が含まれていない洗剤を使ってください。

3-3.キレイに保つコツは毎日の掃除

キレイな便器を保ち続けるコツは、毎日の掃除がポイントです。特に、ふち裏は目に見えない場所に汚れがたまりやすくなるため、日ごろから丁寧な掃除を心がけることが重要でしょう。尿が飛び散ったときは、サッと拭き取れるように、近くにウェットタイプのシートを用意しておきましょう。気づいたとき、気になったときにすぐ拭き取ることが、頑固な汚れの防止につながります。

3-4.なかなか取れない場合は専門業者に依頼する

自分で掃除をしてもなかなか汚れを取り除くことができない場合は、専門業者に依頼するのも方法の1つです。トイレクリーニングを行っている業者は、ふち裏やタンクの中など普段丁寧な掃除ができない場所まで徹底的にキレイにします。

費用は約1万円~とお金はかかりますが、頑固な汚れをキレイにした後はその状態を維持するだけでよいのです。具体的な費用は汚れ具合やオプションの追加などで異なるため、業者に見積もりを依頼してください。また、どのようなクリーニングをするのか、内容を確認することも大切です。

4.トイレのふち汚れに関してよくある質問

トイレのふち汚れに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ふち裏の理想の掃除頻度は?
A.毎日使うトイレはできるだけ毎日掃除してほしいものですが、ふち裏を毎日行うのは結構大変な作業ですよね。面倒に感じる方は、1週間に1回の掃除を心がけましょう。ふち裏はいつの間にか汚れが蓄積されやすいため、こまめな掃除が1番の予防となります。毎日の掃除ではウェットシートなどでふち裏を拭き取り、1週間に1回はブラシや酸性洗剤・トイレットペーパーなどで入念な掃除を続けていきましょう。最初は習慣化するまで大変ですが、生活の一部になれば楽な気持ちで掃除を終わらせることができます。

Q.落ちにくい黒い輪状の水垢汚れを落とす方法は?
A.ふち裏が気になると同時に、水たまり回りにできている黒い輪状の水垢汚れも気になりますよね。そんなときは、たまっている水の水位を下げてください。洗面器1杯分ほどの水をトイレに勢いよく流し込むと水位が下がり、掃除がしやすくなります。水位が下がったら、研磨粒子の細かいクレンザーとスポンジを使って、汚れが目立つ輪状の水垢を丁寧にこすりましょう。その際に、一緒にふち裏も軽くこすると汚れが落ちるはずです。

Q.ふち裏まで掃除できる便利なトイレ用ブラシは?
A.フチ裏みえーる トイレブラシ(レック)がおすすめです。ブラシの先端近くに鏡がついているタイプなので、直に確認しづらいふち裏でも汚れの位置を確認しながら除去できます。吸着シートがついているので、タンクなどにつければケースが固定でき置き場所にも困りません。また、スコッチブライト トイレクリーナー(3M)もおすすめのアイテムです。ふち裏にフィットするような形状に加工されているため、汚れが落としやすくなるでしょう。スポンジは取り替え式となっているので衛生面も問題ありません。

Q.ステンレスタワシで掃除してもいいの?
A.頑固な汚れを落とすために、ステンレスタワシを使う方がいますが、金属タワシは便器を傷つける恐れがあるので使用しないほうがいいでしょう。金属タワシで陶器などを強く擦ったりすると、メタルマークが便器に付着する危険性があります。ステンレスタワシではなく、細かい汚れを絡み取るメラミンスポンジを活用しましょう。また、サンドペーパーを使用する際も、できるだけ傷がつきにくい細かい目を使うのがポイントです。トイレの場合は、目の粗さを表す番手が1,000~1,500程度のサンドペーパーが最適でしょう。

Q.ふち裏の汚れを防止するコツは?
A.コーティングを施すことです。便器のコーティングは汚れ防止に効果を発揮し、いつまでも新品な状態を維持し続けることができます。ただし、自分でふち裏までコーティングをするのは難しい点があるため、専門業者に依頼するといいでしょう。専門業者に依頼することで、素材に合ったコーティング剤を使用でき、より効果が発揮できます。自分でコーティングをするよりも、安心かつ安全にトイレが使用できるでしょう。

まとめ

トイレのふちは、丁寧に掃除したつもりでもブラシがあたりにくく、目で見ることができない場所なので頑固な汚れが付着しやすい箇所です。蓄積された汚れを落とすためには、酸性洗剤が効果的でしょう。トイレットペーパーをふち裏に詰めた後、洗剤をかけて2〜3分ほど放置し水で洗い流してください。ふち裏に付着しやすい尿石が蓄積した汚れは、酸性洗剤でふやけるので除去しやすくなるでしょう。

また、頑固な汚れを予防するために、普段の掃除からトイレクリーナーなどでふち裏を拭き取ってください。日々の心がけが頑固な汚れを未然に防ぎ、キレイな便器を保ち続けることができます。