押し入れやクローゼットにカビが生える原因は? 対策や予防法と共に紹介

押し入れやクローゼット内部にいつの間にかカビが生えてしまい、困っている人はいませんか? 実は、収納スペースは洗面所や浴室などの水回りと同じくらいカビが生えやすい場所です。押し入れやクローゼットにカビが生えると、中にしまってある服などにもカビが生え、最悪の場合使いものにならなくなります。

そこで今回は、押し入れやクローゼットの中にカビが生えてしまった場合の対処法や予防方法を紹介しましょう。

  1. 押し入れやクローゼットにカビが生える原因
  2. 押し入れやクローゼットにカビが生えた場合の対処方法
  3. 押し入れやクローゼットにカビが生えるのを予防する方法 

この記事を読めば、クローゼットや押入れにカビが生えやすい時期も分かります。収納スペースのカビ対策に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.押し入れやクローゼットにカビが生える原因

はじめに、カビが生えやすい収納スペースの特徴や原因、カビが生えやすい時期を紹介します。

1-1. 風通しの悪いクローゼットや押入れはカビが生えやすい

押し入れやクローゼットは、扉やふすまがついており、中に入っているものを見せないようにできます。押し入れやクローゼットにたくさんものをつめこんで、使うときしか開けない人は珍しくないでしょう。しかし、たくさんものがつまってしめきった場所はどうしても風通しが悪くなります。風通しが悪くなれば湿度が高くなり、カビが生えやすくなるのです。

1-2. 服の汚れやホコリはカビの栄養源

押し入れやクローゼット内部は、なかなか掃除が行き届かない場所です。服などから出るホコリ、服についた汚れはカビの栄養源となります。また、服にしみこんだ汗は、収納スペース内の湿度を高めるでしょう。生乾きの洗濯物をしまった場合も同様です。

1-3.湿度が高い時期は要注意

 梅雨時など湿度が高いときは、押し入れやクローゼット内の湿度も高くなります。また、家の立地環境によっては、押し入れやクローゼットの中だけ湿度が高めになることもあるでしょう。カビ予防のためには、部屋だけでなく押し入れやクローゼット内にも湿度計をつけるのがおすすめです。

2.押し入れやクローゼットにカビが生えた場合の対処方法

この項では、収納スペースにカビが生えた場合の掃除方法を紹介します。

2-1.市販のカビ取り剤やエタノールを用いる

 クローゼットや押入れの中に生えたカビは、市販のカビ取り剤やエタノールを用いて掃除します。カビに直接カビ取り剤やエタノールを吹きかけ、カビを中心に寄せ集めるように外から内側へと拭いていきましょう。その後、固く絞ったぞうきんでエタノールやカビ取り剤を拭き取り、完璧に水分を乾かします。なお、カビ取り剤は木材やプラスチックに使えるものを利用してください。浴室用の強力カビ取り剤を用いると木材などが傷んでしまいます。

2-2.服のカビは漂白剤で洗濯する

 服やカバン・靴までカビが広まった場合、衣類用漂白剤に浸けてから洗濯します。黒カビは、洗濯機で洗濯する前につまみ洗いしておくとより落ちやすくなるでしょう。ただし、服に一面カビが生えてしまった場合などは、処分したほうがおすすめです。

2-3.広範囲にカビが生えている場合は業者に依頼する

押し入れやクローゼット全面にカビが生えている場合は、個人では落としきれません。プロの清掃業者に依頼しましょう。カビは、一か所でも取り残しがある場合、そこから胞子が飛んで増えます。完璧に掃除をするためには、プロの手を借りましょう。

3.押し入れやクローゼットにカビが生えるのを予防する方法

この項では、自分でできる収納スペースのカビ予防対策を紹介します。

3-1.クローゼットや押入れにはあきを作る

隙間がないほどぎっしりとものをつめこむと、どうしてもその場所にはカビが生えやすくなります。可能ならば2~3割のあきを作りましょう。たとえば、クローゼットに服をかける場合、1着1着の間に指2本分くらいのあきを作ってください。

3-2.服は陰干ししてからしまう

 着た服を洗濯せずにしまう場合、半日ほど陰干ししてからしまいましょう。布団も定期的に干し、湿気を飛ばしてください。生乾きのものは絶対にしまわないようにしましょう。

3-3.押し入れやクローゼットを換気する

 梅雨時など湿気が多い時期は、定期的に収納スペースの扉を開け、扇風機で風を送ったり、エアコンのドライ機能を使って部屋の湿度を下げたりしましょう。湿度が低くなり風が通れば、カビも生えにくくなります。ついでに、収納スペースの中のものを出し、床を掃除機かけすればなおいいでしょう。

3-4.除湿グッズやホコリ除けグッズを使う

 市販の除湿グッズや、服にかけるカバーなどを用いれば、カビが生えにくくなります。なお、湿気取りグッズは定期的に交換してください。

まとめ 

今回は、クローゼットや押し入れのカビ取り対策やカビ予防法について解説しました。風通しが悪くものがぎっしりつまった収納スペースは、室内の湿度が低くても、そこだけ湿度が高くなり、カビが生える恐れがあります。定期的に押し入れやクローゼットの内部をチェックし、カビ予防対策をしましょう。