これでもう失敗知らず! 知って得するキッチン片付けのコツ!

主婦・主夫が最も気になる場所の1つがキッチンではないでしょうか。キッチンは調理をする場所ですから、何よりも衛生が重要となります。汚れたり散らかったりしたままにしておくと、細菌の温床と化したり害虫のすみかになったりしてしまうかもしれません。

そこで今回は、キッチンをキレイに保つための片付け方をご紹介します。

  1. キッチンの片付けの基本
  2. キッチンワークトップ(調理台)の片付けについて
  3. キッチン収納の片付け方
  4. キッチンをキレイに保つ方法
  5. キッチンの片付けに関するQ&A

この記事を読むことで、キッチンをキレイに保つためのコツも分かります。ぜひ目を通してください。

1.キッチンの片付けの基本

まずは、キッチンの片付けにおける基本を学びましょう。

1-1.キッチンの片付けの悩み

キッチンの片付けをする際の悩みと言えば、以下のようなものが挙げられます。

  • すぐに汚れてしまう
  • 道具がたくさんある
  • すぐにごちゃごちゃになる

1-2.キッチンの片付けの基本

基本を学べばより効率的に片付けられるようになります。スムーズに片付けられるように、しっかりと基本を押さえておきましょう。

1-2-1.掃除しやすいレイアウトを心がける

前述したように、キッチンは油やソース跳ねなどによってすぐに汚れてしまいます。ですから、掃除がしやすいレイアウトを心がけてものを置くことで、掃除の負担を軽減することが可能です。なるべくコンロの周りにはものを置かないようにしましょう。

1-2-2.収納位置を決める

ものの住所を決め、使ったら元の場所に戻すようにしましょう。こうすることで、いざ使いたいときに簡単に道具を見つけることができます。何より、ごちゃごちゃになってしまうのを避けることができるので、キッチンをキレイな状態で使うことが可能です。

2.キッチンワークトップ(調理台)の片付けについて

この項目では、ワークトップの片付け方についてご紹介します。

2-1.ラックを使って縦のスペースを有効活用する

ワークトップは調理をする際の作業スペースです。ですから、ワークトップをうまく整理整頓することは、料理の効率を向上させてくれます。しかし、多くの家庭では雑多に調味料などが置かれており、作業スペースが圧迫されてしまっているのが現状です。ワークトップの片付けのポイントは、縦のスペースを有効に活用することにあります。おすすめが、2段・3段構成のラックを使うことです。こうすることで、ワークトップ上のデッドスペースを収納場所に活用できるため、作業スペースを広くすることができます。また、使用頻度の少ないものをシンク下や引き出しに収納するように心がけるとより効果的です。

2-2.ワークトップを片付ける際の注意点

調理中に調味料が見つからないと、料理時間が長引くだけだなく、料理そのものが台無しになってしまうこともあります。せっかくラックを使ってたくさん収納できても、使いづらくては意味がありません。
そこで、小さいものは手前に置き、そうでないものは奥側に置くようにしましょう。こうすることで、どこに何があるのかが一目で分かりやすくなるからです。ただし、醤油や油などといった使用頻度の高いものに関しては、それだと使いづらい場合もあるでしょう。その場合は、別にカゴなどを用意して、使用頻度の高いものだけをまとめて入れておくようにすると効果的です。

3.キッチン収納の片付け方

この項目では、キッチンに備え付けられた収納部を片付ける方法についてご紹介します。

3-1.コンロ下は調味料を収納するのがおすすめ

コンロ下の収納は2種類の収納方法があります。1つは調味料の収納場所として使う方法、もう1つは鍋やフライパンの収納場所として使う方法です。おすすめは調味料の収納場所として使う方法となります。たとえば、料理酒・みりん・醤油(しょうゆ)・油などといったものは大きなボトルに入っていることが多いので、調理台に常設しておくのは邪魔です。しかし、使用頻度が高いものなので、できるだけ使いやすい場所に置くことが重要となります。その条件を満たしているのが、まさにコンロ下の収納なのです。

3-2.シンク下収納の片付け方

シンク下はコンロ下に比べてスペースが広いので、どんなものの収納にも活用できます。しかし、それがあだとなって、ものを詰め込みがちです。道具の出し入れの際に、関係のないものまでいったん出さなければいけないことも多いのではないでしょうか。ですから、シンクの下の収納部分を片付けるためにまず必要なことは、ものを減らすこととなります。代用可能なものや使用頻度の低いものから順に処分してください。
また、収納するときは大きいものほど下、小さいものほど上を意識して収納することがコツです。こうすることで収納スペースを最大限に生かせるだけでなく、出し入れもしやすくなります。

3-3.シンク上のつり戸棚

つり戸棚も散らかりやすい場所です。つり戸棚は取り出しが大変なので、重いものは収納しないようにしましょう。キッチンペーパー・乾物(かんぶつ)・缶詰・乾麺・粉ものなどが主な収納物としてあげられます。また、種類別に取っ手付きの収納カゴに入れておくと、カゴごと取り出せるので便利です。また、戸棚の下に差し込むタイプのラックやワイングラスハンガーを活用すれば、より片付けがしやすくなるでしょう。

4.キッチンをキレイに保つ方法

この項目ではキッチンをキレイに保つ方法をご紹介します。

4-1.毎日のこまめな掃除が最重要!

キッチンの掃除は大変なイメージがあると思いますが、実は毎日5分程度のこまめな掃除をしてさえいればキレイに保つことができます。特に、重視したいのがコンロの周りの掃除です。料理をすると油やソースがコンロの周りに付着します。付着した汚れを長く放置していると熱で固着してしまい、容易に落とすことができなくなってしまうのです。付着してすぐなら、洗剤と布巾でキレイにすることができます。料理が終わったら掃除をする癖を身につけましょう。

4-2.ワークトップやシンク周りに置くものは最小限に

ワークトップやシンク周りは特に汚れやすい場所です。そのため、ものが多すぎると掃除が面倒に感じてしまいます。また、掃除する際にものを移動しなければならず、手間もかかるでしょう。なるべくものを置かないようにすることが大切です。また、ものが表に出ていないと、非常にすっきりした見た目になります。人を呼んでも恥ずかしくありませんよ。
もしも、ものを置く際には、前述したようにラックなどでまとめておくようにしてください。こうすれば、ラックをどかすだけでいいので掃除しやすくなります。

5.キッチンの片付けに関するQ&A

Q.キッチンの掃除に役立つ道具を教えてください
A.おすすめはマイクロファイバークロスとメラミンスポンジです。マイクロファイバークロスは、非常に細かな繊維の束でできた布で、通常の布巾などと違って水でぬらすだけで頑固な汚れを拭き取ることができます。しかも、クロスに付着した汚れは水洗いで簡単に落ちるので、何回でも使える優れものです。メラミンスポンジは硬い樹脂をミクロン単位で細かく発泡させたスポンジで、水だけで汚れを落としてくれます。ただし、硬い樹脂でできているため、素材によっては傷が付いてしまうことがあるので注意してください。

Q.収納しきれない場合はどうすればいいですか?
A.収納グッズなどを最大限に活用しても収納できないのであれば、ものを減らすしかありません。使用頻度の低いものや古いもの、汚れがひどいものなどから順に減らして、スペースを確保してください。

Q.どこに何を片付けたか分からなくなります
A.あまり使用頻度の高くないものは、どこにしまったのか忘れがちでしょう。そこで、効果的なのが分類とラベリングです。まずは、道具の種類ごとに分類し、分類したものをまとめて同じ場所に収納するようにしましょう。その上で、収納箇所にラベリングを施すことで、一目でどこに何があるのかを把握しやすくなります。

Q.何度やってもキッチンをうまく片付けられません
A.工夫を凝らしてもうまくいかないようであれば、プロに依頼するのも1つの手ですよ。最近は定期清掃をしてくれる業者もあります。キッチンの定期清掃を契約しておけば、キッチンをキレイに保つことができるでしょう。

Q.不要になったものはどうやって処分すればいいですか?
A.量が少ない・費用を節約したいときなどは、自治体を利用するとよいでしょう。量があまりに多くてゴミの分別が大変な場合は不用品回収業者が便利です。不用品回収業者ならいっぺんにゴミを引き取ってくれるので面倒がありません。

まとめ

今回はキッチンの片付け方にまつわる情報をご紹介しました。キッチンは毎日使う場所ですから、ついつい散らかりがちです。しかし、散らかったままにしておくと使い勝手が悪くなります。何よりも不衛生ですよね。今回ご紹介した情報を参考にして、ぜひキッチンをキレイにしてくださいね。