改めて知りたい!! 重曹の特徴と使い方、使うときの注意点を解説

現在、重曹は食品としてだけでなく、エコで経済的な洗剤として使えることは広く知られています。その一方で、「重曹を使ってみたけれど、今一つ汚れが落ちなかった」「クエン酸やセスキ炭酸ソーダなど、ほかのナチュラル系洗剤との違いを知りたい」と思っている人もいるでしょう。そこで今回は、重曹の特徴・汚れの落とし方、使う際の注意点、ほかのナチュラル系洗剤との違いを紹介します。

  1. 重曹の特徴と使い方
  2. 重曹の使い方と注意点
  3. 重曹とほかのナチュラル洗剤との違い

この記事を読めば、重曹のより効果的な使い方やほかのナチュラル系洗剤と併せて使う方法もよく分かるでしょう。重曹を洗剤として使いこなしたい方、使い方をより深く理解してみたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.重曹の特徴と使い方

はじめに、重曹が汚れを落とすメカニズムや使い方の種類を紹介します。

1-1.重曹は酸性の汚れを落とす効果がある

重曹は、炭酸水素ナトリウムの別名でアルカリ性の化学物質です。山菜のあく抜き、食品の膨張剤など、食品添加物として古くから使われてきました。アルカリ性の物質は、酸性の物質と合わせると中和します。そのため、酸性の汚れにアルカリ性の物質をつけると、中和して汚れが汚ちるのです。石けんをはじめとするアルカリ性洗剤は、このメカニズムを利用して汚れを落とします。つまり、重曹もアルカリ性ですから、酸性の汚れを落とす効果があるのです。ちなみに、酸性の汚れには以下のようなものがあります。

  • 皮脂汚れ
  • 油汚れ
  • 湯あか
  • 食べこぼし

また、生ゴミ・洋服や靴の臭いも酸性なので、重曹で中和が可能です。

1-2.重曹は水に溶けにくく研磨効果がある

重曹は粒子が大きく、水に溶けにくいという特徴があります。そのため、少量の水で練ると皮脂汚れや油汚れを落としやすい研磨剤ができるのです。五徳や鉄製の鍋など、今までクレンザーを使って磨いていたものに、重曹を使うとより汚れが落ちやすくなるでしょう。

1-3.熱すると二酸化炭素が発生する

重曹を加熱すると二酸化炭素が発生します。この性質を利用すると、汚れやコゲを温めて浮かすことが可能です。焦げてしまった鍋などは、重曹を入れて煮立ててみると汚れが落ちます。また、50℃以上のお湯に重曹を入れて油汚れがついたものを入れ、つけ置きしても、同様の効果が得られるでしょう。さらに、重曹水をレンジで温めると、発生した二酸化炭素がレンジ内の汚れを落としてくれます。

1-4.安全性も高い

前述したように、重曹は食品添加物としても使われています。ですから、洗剤のように入念に洗い落とす必要はありません。キッチンなど食材を扱う場所の掃除には適しています。ただし、掃除用として売られている重曹は、食品用の重曹より管理が甘く、製造過程で不純物が混入している可能性があるので、口に入れるのは避けましょう。一方、料理用の重曹を掃除に使ってもかまいません。

1-5.値段が安い

重曹は、アルカリ性の洗剤に比べると安価です。掃除用の重曹は1kg300円ほどで購入できるので、惜しげなく使うことができます。

2.重曹の使い方と注意点

この項では、重曹の特徴を活用した使い方と重曹が使用できないものを紹介します。

2-1.粉のまま使う

重曹を油汚れに粉のまま振りかけ、30分ほど置いてからこすると汚れが落ちやすくなります。付着してから時間がたった油汚れに効果的です。また、重曹を生ゴミに降りかけたり、粉末を下駄箱やクローゼットに入れておいたりすると消臭効果があります。

2-2.水に溶かして使う

重曹を水に溶かして使うと、液体洗剤と同じように使えます。ただし、重曹は大変水に溶けにくく、溶かしきらないまま使うと乾いたときに白い跡が残るので、気をつけましょう。この白い跡はお酢を少々入れた水やクエン酸を溶かした水で落とすことができます。重曹水を使いたい場合は、市販されているものを使ってもいいでしょう。そのほうが手間もかかりません。

2-3.ペースト状にして使う

重曹を少量の水で練って研磨剤として使います。シンクや浴槽のざらざらとした汚れや、熱せられてこびりついた油汚れ・コゲなどをこすり落とすときに使いましょう。また、重曹ペーストを汚れに塗り、30分ほど置いてからこすっても効果があります。皮脂汚れがこびりついた洋服の襟元などにも使ってみてください。

2-4.煮洗いに用いる

重曹を入れた水を煮立て、その中に油汚れやコゲがついた調理器具を入れて30分ほど置きましょう。そうすれば、油汚れがするりと落ちます。

2-5.重曹が使えないもの

重曹は、アルミや銅を変色させてしまいます。また、畳や白木に重曹を用いても変色するので注意しましょう。さらに、プラスチック、金などの柔らかい貴金属などは、重曹の粒子で傷がつきます。研磨剤が使えないところは、重曹ペーストも使えないと考えてください。

2-6.肌荒れに注意する

重曹はアルカリ性なので、肌が弱い人は肌荒れする可能性があります。重曹は入浴剤としても使えますが、大量に入れすぎるとアルカリ性がつよくなり、肌荒れしやすくなるでしょう。肌の弱い人は、重曹を使って掃除するときは手袋をしてください。

3.重曹とほかのナチュラル洗剤との違い

この項では、クエン酸やセスキ炭酸ソーダと重曹の違いや、組み合わせた使い方などを紹介します。

3-1.クエン酸は酸性洗剤

クエン酸はレモンなどかんきつ類の酸味成分でもあり、酸性の化学物質です。そのため、水あかをはじめとするアルカリ性の汚れを落とす効果があります。重曹の白い跡は、クエン酸を少量とかした水でも落とすことが可能です。クエン酸と重曹を混ぜ合わせても、二酸化炭素が発生し、発泡します。この泡は無害で汚れを落とす効果があるので、酸性の汚れとアルカリ性の汚れが両方ついている場所(風呂場の排水口など)の掃除に用いると便利です。なお、クエン酸は塩素系の洗剤、漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生するので注意しましょう。

3-2.セスキ炭酸ソーダは重曹よりも強アルカリ性

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ性の強い化学物質です。ですから、重曹が落としきれなかった酸性の汚れも落とすことができます。また、セスキ炭酸ソーダは重曹よりも水に溶けやすいので、水溶液にして液体洗剤と同様の使い方をするときに便利です。「重曹では今一つ効果が実感できないし、白い跡が残るのが嫌」という人は、セスキ炭酸ソーダを利用してみましょう。重曹と同じような消臭効果もあります。ただし、ペーストで使うには重曹のほうが適しているでしょう。

まとめ

さて、どうでしたか? 重曹は万能洗剤のように紹介されることもありますが、酸性の汚れを落とすのが得意な化学物質であるとご理解いただけたと思います。油汚れや皮脂汚れは主に、キッチンや洋服・浴槽・ドアノブなどにつきやすいので、そのあたりを掃除するときに使ってみましょう。クエン酸と組み合わせることで、中性洗剤を使わなくても家中の普段の掃除ができるようになります。