汚部屋の脱出方法を知りたい人必見! 汚部屋に逆戻りしない方法・脱出方法を解説

足の踏み場のないほど散らかった部屋や、生活に支障が出るほどゴミがあふれている部屋は、お部屋をもじって汚部屋(おべや)と呼ばれています。自分の家を汚部屋にしてしまい、片付けに悩んでいる人は決して珍しくありません。また、自分で努力したり業者に依頼したりして汚部屋を片付けたのに、再びものやゴミがあふれ、汚部屋にリバウンドして悩んでいる人もいるでしょう。今回は、汚部屋の脱出方法や片付けた後にリバウンドを防ぐ方法を紹介します。

  1. 汚部屋ができるメカニズム
  2. 汚部屋の脱出方法
  3. 片付けた部屋が汚部屋にリバウンドする理由
  4. 汚部屋にリバウンドしないための対策

この記事を読めば、汚部屋が誕生するメカニズムや片付けの手順も分かるでしょう。汚部屋から脱出したい人や、汚部屋になるのを防ぎたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.汚部屋ができるメカニズム

はじめに、部屋が足の踏み場もないほど散らかる原因やゴミが捨てられない理由などを紹介します。

1-1.ものが多すぎる

ものは、多いほど管理が大変になります。ものを買う一方で捨てることがないと、やがて収納スペースには収まりきらなくなるでしょう。収納家具を買い足すのも限界があり、床の上やテーブルの上にものが散乱するようになり、汚部屋になります。収集癖がある人や子どもが複数いる人、買い物でストレス発散することが多い人はものが多すぎて汚部屋になるケースが多いでしょう。

1-2.片付け方が分からない

整理整頓や片付けが苦手な人は、「ものを収納スペースに押し込める」ことで、片付けが完了したと思いがちです。しかし、やみくもに収納スペースにものを押し込むと、どこに何が入っているか分かりません。そのため、目当てのものが見つからないと、収納スペースをすべてひっくり返して探すことになります。ものを1つ探すのにいちいち収納スペースをひっくり返していれば、やがて片付けが面倒になり、頻繁に使うものは床やテーブルの上に出しっぱなしになるでしょう。こうして、部屋が散らかって収集がつかなくなります。

1-3.ゴミの分別が面倒

自治体のゴミステのルールは、一昔前に比べるとかなり厳しくなっています。自治体によっては、1つのゴミを2~3種類に分けて出さなければならないところもあり、仕事などで忙しいとゴミの分別が困難になっていくでしょう。その結果、ゴミを捨てることができず、部屋の中にためてしまうこともあります。

1-4.セルフネグレクトが汚部屋をつくることもある

親しい人との別離、ペットの死、仕事での挫折など大きなショックがあるとうつ状態に陥ることがあります。適切なケアを受けないと、無気力状態が長引いて自分の身の回りの世話も行き届かなくなることもあるでしょう。これをセルフネグレクトといいます。セルフネグレクトになるとゴミ捨てや片付けもままならず、部屋が汚部屋化することも珍しくありません

2.汚部屋の脱出方法

この項では、汚部屋を脱出する手順や方法、プロに頼んだ方がよいケースなどを紹介します。

2-1.汚部屋の片づけは時間をかけて行う

汚部屋の片付けには時間がかかります。1日ですべて片付けようと思ってはいけません。ゴミ回収日のことも考え、1か月でおおよそ片付くようにすると負担も少ないでしょう。

2-2.まずは小さい場所から片付ける

「汚部屋を片付けたいが、どこから手をつけていいか分からない」と悩んでいる人は多いでしょう。汚部屋の片づけは、小さい場所から始めます。たとえば、ぐちゃぐちゃな引き出しの中にあるゴミを捨て、いるものをきちんと取捨選択できれば、達成感を得られます。また、小さい場所を何度も片付けることで、片付けのコツも掴めるでしょう。

2-3.明らかなゴミから捨てていく

服や趣味の品、思い出の品は捨てるか取っておくか迷って片付けが進みにくくなります。まずは、明らかなゴミから捨てましょう。賞味期限が切れた食品やダンボール箱、サイズアウトした洋服などは惜しげなく捨てられます。また、「1年間使わなかったものは捨てる」などのルールを決めれば、ふんぎりがつきやすくなります。なお、自治体によってはゴミを直接ゴミ処理施設に持ち込むことが可能です。ゴミを運搬する手段があれば、事前にゴミ処分場に連絡を入れてゴミを持ち込みましょう。

2-4.ふんぎりがつかないものを取っておくスペースは限定する

しばらく使っていないけれど、どうしても捨てられないものがある人もいるでしょう。そのようなものは1か所にまとめておきます。ただし、ダンボール箱1箱分など、量を決めましょう。無制限にとっておいてはいけません。スペースをあえて厳選することで、捨てる決心がつきます。

2-5.使うものは使う場所にしまう

不用品を捨て終わったら、片付けに移りましょう。基本は、使うものは使う場所にしまうことです。たとえば、キッチン用品はキッチンにしまってください。また、よく使うものはワンステップで取りだしやすい場所にしまいます。収納スペースの中にある収納家具の中にしまってある箱の中、などをしまい場所にすると、片付けるのが大変面倒です。収納スペースを開いたら、そこにしまい場所がある、くらいがちょうどいいでしょう。また、広い収納スペースは、収納グッズなどで区切って使います。よく使うものは腰から胸までの高さにしまい、それ以外のものは、軽いものは上、重いものは下にしまいましょう。

2-6.日常生活に支障が出る汚部屋の片付けはプロに依頼する

「ゴミが天井までたまっていて、寝るスペースしかない」「水回りがゴミのせいで使えなくなっている」といった生活に支障が出るほどゴミがたまっている汚部屋は、プロに片付けを依頼しましょう。個人ではゴミを集めても捨てることができません。また、粗大ゴミが大量に出た場合は、不用品回収業者に回収を依頼するのがおすすめです。不用品回収業者は、大型家具や家電など、粗大ゴミに該当するものを有料で家まで回収に来てくれます。

3.片付けた部屋が汚部屋にリバウンドする理由

この項では、せっかくキレイに片付けたのに、また部屋が散らかってしまう理由を紹介します。

3-1.片付けの習慣がついていない

ものを使ったら片付ける習慣が身についていないと、部屋はいつの間にか散らかってしまいます。たとえば、よく使うものはどうしても、「また使うからしまうのが面倒」とそこらへんに放置しがちです。それが続くと片付けるのが億劫になります。

3-2.散らかっていると掃除が面倒になる

キレイな部屋を掃除するのは簡単です。必要最低限のものをどかし、ホコリを払って掃除機がけをすれば終わります。しかし、部屋が散らかっていると、まず片付けから始めなければなりません。床やテーブルの上にものがたくさん散らかっていると、片付けだけで1時間以上かかり、掃除が億劫になりがちです。

3-3.汚れている状態に慣れる

掃除が億劫になり片付けを行わないと、汚れている状態に慣れます。そうなると、ますます部屋が散らかりやすくなるでしょう。さらに、買い物好きな人や収集癖がある人は、ものを安易に増やす傾向があります。部屋が散らかると、収納スペースにあとどのくらいものが入るのかも気にならなくなり、汚部屋に逆戻りするのです。

4.汚部屋にリバウンドしないための対策

この項では、再び部屋が汚部屋化しないよう、対策方法を紹介します。

4-1.片付けの習慣をつける

夜寝る前や出かける前に、片付けの習慣をつけましょう。「1日何度も使うものをいちいち片付けてられない」場合は、一時置き場を作ります。使ったら一時置き場に置いておけば、寝る前にそこを片付けるだけです。テーブルの上や床の上にものを置かないことを徹底しましょう。また、一度ものの置き場所を決めたら、あちこち移動してはいけません。必ず決めた場所に戻しましょう。そうすれば、ものが行方不明になることもありません。

4-2.ものを増やしたら不用品を処分することを徹底する

どんなに広い部屋も収納スペースには限りがあります。ものを増やしたい場合は、不用品を処分しましょう。特に、服や趣味の品などは際限なく増えてしまいがちなので、収納スペースを限り、「これがいっぱいになったら持ち物を見直す」といったルールを決めてください。

4-3.ハウスキーパーを依頼する

仕事が忙しくてゴミ捨てや片付けが十分にできない場合は、ハウスキーパーなどの家事代行サービスを依頼しましょう。今は、1時間2千円前後で一般的な掃除やゴミ捨てといった家事を依頼できる会社も増えています。週に1度、2時間掃除を依頼するだけで、汚部屋化はかなり防げるでしょう。

まとめ

今回は、汚部屋の脱出方法やキレイな部屋をキープする方法を紹介しました。片付けは掃除の基本です。汚部屋の脱出は、ゴミ捨てから始めましょう。また、個人の手に余る場合は、早めに業者を利用してください。今はゴミ屋敷や汚部屋の清掃業者も増え、スマホから簡単に依頼もできます。