時短収納のメリットやアイデアを紹介! 片づけが苦手な人にもおすすめ!

片づけやすく、出しやすい収納方法を実践したいと思っている人は多いことでしょう。このような収納を実現するには、「時短」を念頭において片づけをするのがおすすめです。できるだけ短い時間と最小のステップでものを収納できる方法が分かれば、自然と片づけやすく出しやすい収納が完成します。

そこで今回は、時短収納のコツや方法を紹介しましょう。

  1. 時短収納のメリットや特徴
  2. 時短収納の実践方法
  3. 家族全員で時短収納をうまく行うコツ

この記事を読めば、片づけが苦手な人でも、収納上手になるコツがつかめますよ。片付けが苦手な人や収納方法のコツを知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.時短収納のメリットや特徴

はじめに、時短収納のメリットや特徴を紹介します。

1-1.時短収納とは見栄えより手間と時間を優先した収納方法

収納方法やアイデアには、たくさんの種類があります。時短収納は、見栄えよりも収納・取り出しにかかる手間と時間を優先する収納方法です。そのため、片づけが苦手な人でも「がんばって片づけたけれど、いつの間にまた散らかってしまう」ということが起こりにくい収納方法です。

1-2.時短収納をすると掃除も時短できる

時短収納を意識して収納場所を決めると、片づけが楽になります。時短収納を意識すると、ワンステップで片づけられるように工夫するので、片づけが苦手な人や子どもでも苦にならなくなるでしょう。片づけが楽になれば、ものが床やテーブルの上に出しっぱなしになることもなくなり、掃除もすぐに終わるようになるはずです。

1-3.時短収納をすれば断捨離もはかどる

時短収納を行うには、自分が毎日使うものや必要なものをしっかりと把握しておく必要があります。ですから、同時に自分にとって必要ないものや、使わないものも自然と分かってくるでしょう。不要なものを断捨離すれば、家の中がすっきり片づいて家事全体が時短できます。

2.時短収納の実践方法

この項では、時短収納のアイデアや便利グッズを紹介します。

2-1.いつも使うものをピックアップしてみる

時短収納を行う第一歩は、いつも使うものをピックアップすることです。たとえば、キッチンならば毎日使う調理道具・食器・調味料などが該当します。洋服の場合は、1週間のローテーションを考えてみてもいいですね。

2-2.収納・取りだしをワンステップで行えるように工夫する

時短収納は、収納と取りだしをワンステップで行えるように工夫することが大切です。たとえば、毎日使うフライパンを扉つきの収納棚に入れておくと、扉を開ける、収納棚から取り出すという2つのステップが必要になります。それを、ガスコンロの隅を利用した収納ラックに入れておけば、使いたいときにラックから取り出すだけです。このように、できるだけ手間をかけずに収納する方法を考えましょう。

2-3.使いやすい収納場所は腰から目線の高さまで

最も使いやすい収納場所は、腰から目線の高さまでです。背の高い収納スペースや収納家具にものを収納する場合、時短収納したいものを腰から目線の高さまでにしまいましょう。

2-4.使う場所の近くに収納する

時短収納は、使う場所の近くに使うものを収納するのが鉄則です。たとえば、調味料類はガス台の下、ザル・ボウル・食器類はシンクや作業台近くに収納するように心がけましょう。それだけで、かなり使いやすくなります。また、スマホ置き場は一番過ごす時間が長い場所に作っておき、充電器もそこに置いておきましょう。

2-5.衣類はハンガーで収納する

クローゼットがある場合は、衣類はハンガーで収納するとたたむ手間が省けます。また、衣装ケースなどにしまうときは上着・下着・ズボンと種類別に分類するより、仕事で着る服・休日に着る服・パジャマなどシチュエーション別に分けると、着る服を迷いにくくなるでしょう。

2-6.大きな収納は100円ショップのグッズで区切る

大きな引き出しなどたっぷり入る収納は、100円ショップで購入できる小物入れなどで区切って使いましょう。小物入れを使えば、同じ種類のものをまとめておけるうえ、引き出しを開ければどこに何が入っているか一目で分かります。

3.家族全員で時短収納をうまく行うコツ

この項では、家族全員で時短収納を行うコツや維持する工夫を紹介します。

3-1.家族共有のスペースは全員で収納方法を考える

リビングなど家族共有スペースにあるものは、家族全員が使うものが多いでしょう。この片づけは可能な限り家族全員で行いましょう。そうすれば、どこに何が入っているか家族全員で共有することができます。また、時短収納のアイデアも出し合えるでしょう。不用品も捨てることができます。

3-2.ラベリングをする

ものを入れるケースや収納場所に何を入れるのかラベリングをしてもいいですね。ラベリングをすれば、しまう場所に迷うことはありません。ラベルを作るのが面倒な場合は、シールを利用してもいいでしょう。

3-3.個人の持ちものを入れる収納ボックスを用意する

家族全員で使う場所に置く個人のものは、専用のボックスに入れてもらいましょう。家族全員の分をそろえて置き、ボックスに入りきらないものは、自室に置いておくようにします。そうすれば、いつの間にかリビングが個人のものであふれていたということはありません。

まとめ

今回は時短収納のアイデアやメリットを紹介しました。時短収納はオシャレではありませんが、使いやすく片付けが苦手な人も維持しやすいメリットがあります。片づけが苦手な人は、まず時短を意識して片づけ方法を考えてみてください。