靴はアイデアしだいで収納しやすくなる! グッズなどの活用法を紹介

靴箱が雑然とした状態で悩んでいませんか? 靴は数が増えると場所を取るため、使いやすくしまいやすい収納を考える必要があります。ブーツやスニーカーなど種類別の収納方法が知りたい、なるべくスリムに収納したいなど、いろいろな要望があるでしょう。

本記事では、靴の収納アイデアについてご紹介します。

  1. 靴の収納で悩むのはどんなこと?
  2. 靴の収納に適した環境や保管前の手入れについて
  3. 具体的な靴の収納アイデア
  4. 靴の収納でよくある質問

この記事を読むことで、靴の収納についてよく分かります。靴は、カビや臭いを予防するため、通気の維持なども重要です。靴を収納するときのポイントなども併せて覚えておきましょう。

1.靴の収納で悩むのはどんなこと?

靴の収納ではどのような悩みが多いのでしょうか? よくある悩みをご紹介します。

1-1.数が多くてしまいきれない

よくある悩みは、靴の数が多くてしまいきれないというものです。家族の人数が多い家庭では、靴箱に収まりきらず、玄関にあふれているというケースもあるでしょう。ブーツなど季節ものの靴がある場合、しまう場所で困ることがあります。

1-2.靴をしまうスペースがない

靴箱に余裕がなく、収納スペースが限られてしまうことがあります。対策としては、靴の数を減らす・DIYで収納を増やす・新たな靴箱を購入するなどです。しかし、スリムに収納をするコツを覚えれば、新たな収納を購入する必要はありません。

1-3.靴のカビが気になる

靴のカビは、通気不足によるものです。カビは、靴箱に靴がぎっしり詰まっている場合や、こまめな換気をしていない場合に起こりやすくなっています。環境改善を第一に考え、靴の収納を見直してください。

1-4.傷をつけたくない

ヒールや革靴など、傷をつけたくないものがありますよね。靴箱に押し込んで傷や型崩れなどが起きては、高価な靴も台無しです。収納の仕方を見直し、靴にダメージを与えない収納を目指しましょう。

2.靴の収納に適した環境や保管前の手入れについて

靴は、保管環境や保管前のお手入れがとても大切です。

2-1.通気をよくしてカビや臭いを予防する

靴のカビや臭いを抑制するコツは、通気を維持することです。こまめに靴箱の換気をするとともに、詰め込みすぎない環境を意識しましょう。靴を脱いだ直後は、靴の中に汗や湿気がこもっている状態です。しっかり乾かしてからしまいましょう。特に梅雨は湿気が高く、カビが生えやすいので注意してください。

2-2.保管する前は汚れやホコリを取り除こう

保管前は、靴に付着した汚れやホコリを取り除き、きれいな状態にしましょう。なぜなら、汚れやホコリは、カビの栄養源となるからです。汚れたまま靴箱にしまうと、靴箱の中に砂やホコリが蓄積していきます。保管環境が悪化してしまう原因であるため、保管前のメンテナンスがとても大切なのです。

3.具体的な靴の収納アイデア

靴箱の収納アイデアをご紹介します。靴の種類別収納方法も併せて覚えておきましょう。

3-1.靴箱の選び方

靴箱は、所有している靴の種類に見合うものを選びましょう。ブーツなど背の高い靴がある場合、折り曲げて型崩れやシワができないよう、立てて収納できる空間が確保されていることが大切です。高さ調整ができるタイプの棚なら、靴の高さや大きさに合わせて棚の高さもフレキシブルに変えることができます。とはいえ、靴箱をむやみに大容量なサイズのものにしてしまうと、玄関に圧迫感が生まれてしまうのに加え、無駄な靴が増えてしまうというデメリットがあるでしょう。靴の数を絞り込んでから収納を考えることも大切です。

3-2.空間を利用して収納する

靴箱は、靴をそのまま並べて置くと、上に空間ができるようになっているものもあります。100円ショップなどで販売されているグッズを使い、余分な空間を無駄なく利用しましょう。靴を上下に重ねて収納できるシューズスペーサーは、靴同士があたらないように設計されています。1足を重ね置きすることで、靴箱の中にゆとりが生まれて収納できる靴の数が増えるため、玄関にあふれていた靴もきちんとしまうことができるようになるのがメリットです。

3-3.DIYで靴の収納を作ろう

100円ショップのプラスチックケースや箱などを利用し、靴の収納を作る方法もあります。DIYが得意な方におすすめです。ケースの形や色味は、なるべく統一したほうがすっきりした印象になるでしょう。設置場所に応じて大きさや高さなどを決めてください。市販のラックを自分で組み立て、靴の収納にする方法もあります。使い勝手のいい収納を作りましょう。

3-4.シューズボックスやラックを設置して新たなスペースを確保する

靴箱が小さくて収まりきらない場合は、シューズボックスやラックを新たに設置しましょう。シューズボックスやラックは、高さや形状がさまざまなので、玄関の状況に合うものを選ぶことが大切です。棚に傾斜があり、靴を斜めにして収納するタイプは、薄型でスリムな収納であるため、玄関でも圧迫感なく設置することができるでしょう。

3-5.100円ショップのグッズは存分に活用しよう

3-2や3-3でご紹介した100円ショップのグッズは、アイデアしだいでいろいろな使い方ができるので便利です。安価で入手できるのも魅力でしょう。いろいろなタイプのグッズを併用しても問題ありません。靴箱や玄関の環境に応じて、見合うものを取り入れてみてください。

3-6.つっぱり棒を使うと収納力が2倍になる

つっぱり棒を2本使えば、靴箱の収納力が2倍になります。棚の上部にゆとりがある場合、つっぱり棒を手前と奥に2本渡して1つの棚を2段に増やしましょう。つっぱり棒は、100円ショップのものでも十分活用できます。棚の幅に合うサイズを購入してください。

3-7.ブーツは季節ごとに収納方法を変えるのが基本

ブーツは秋冬に使うものであるため、季節ごとに収納方法を変えるのがおすすめです。オンシーズンは、靴箱の中で立てて収納し、折りジワや劣化を防止するようにしましょう。ブーツキーパーなどを使えば、型崩れすることなく保管できます。オフシーズンでしまう場合は、しっかり内部まで乾かし、表面の汚れを取り除いてから、クローゼットなど通気のいい場所で吊(つる)して保管してください。

3-8.日常使いの靴は出し入れしやすい位置に置く

日常使いする靴は、靴箱の手前やラックなどに収納し、なるべくすぐに取り出すことができるようにしておきましょう。ただし、脱いだ直後にそのまましまわず、一晩乾かしてから収納することをおすすめします。

3-9.オフシーズンの靴はボックスに入れて保管する

オフシーズンの靴は、靴箱に入れず、メンテナンスをしてからプラスチックケースや箱などで保管しましょう。プラスチックケースなら中身が一目で分かり、保管状況も常にチェックできます。ただし、湿気がこもらないよう、シリカゲルなど吸湿効果があるものを添えておくことが大切です。

3-10.子ども靴は牛乳パックを使った収納がおすすめ

子ども靴は、牛乳パックを靴のサイズに合う大きさにカットし、片足分ずつ一列につなげて入れることができる保管箱を作る方法がおすすめです。子ども靴はサイズアウトが早いため、成長に合わせて牛乳パックの保管箱を作り直すようにしましょう。牛乳パックをつなげたものを2段にして作ったら、2足を上下2段にして収納することができます。子どもにとっても出し入れしやすく、定位置を把握しやすい方法なので、玄関が散らかる心配もありません。

4.靴の収納でよくある質問

靴の収納に関する質問を集めました。おしゃれできれいな収納を目指している方は、参考にしてください。

Q.スニーカーの上にスニーカーを乗せると、型崩れが起きるもの?
A.はい、スニーカーも型崩れが起きます。スニーカーは柔らかい素材であるのに加え、汚れが付着しやすい素材でできているため、乱雑に重ねず、シューズスペーサーなどを利用し、1足ずつ収納するようにしましょう。

Q.靴箱の中でも消臭グッズを使ったほうがいいのか?
A.靴箱の中は臭いがこもりやすいため、消臭グッズで臭い対策をきちんとしたほうがいいでしょう。重曹をガーゼで包んで靴箱に置く・丸めた新聞紙やレッドシダーなどの消臭グッズを靴に入れる・市販の靴箱用消臭剤を使うなどの方法があります。

Q.工夫しても靴が収まりきらない場合はどうすべきか?
A.靴は知らぬ間に増えてしまうものです。ある程度数を絞り、不要なものは処分しましょう。数が減れば、収納に関する悩みも少なくなるものです。靴をたくさん所有している方は、まず靴の数量を見直してください。

Q.つっぱり棒で棚を作るときのコツは?
A.安定した状態で靴を保管するため、つっぱり棒の上にすのこや網棚などを置く方法がおすすめです。つっぱり棒を使った収納は、DIYでとても簡単にできる方法なので、ぜひ実践してみてください。

Q.靴箱以外に収納を設ける場合、どこに設置したらいいのか?
A.壁面に設置する方法がおすすめです。足元に棚を設置すると、玄関が狭く感じる場合があります。壁面のなるべく高い位置に設置すれば、動線を遮ることなく、シンプルですっきりした収納にすることができるでしょう。ただし、棚板の耐荷重には注意してください。

まとめ

靴箱は、ごちゃごちゃした環境になりがちです。靴の種類別収納方法やグッズを使った整理整頓の仕方などを覚えておき、靴の収納で困ることがないようにしましょう。100円ショップのグッズでもうまく活用すれば、既存の靴箱できちんとしまうことができます。靴はカビが生えやすく、臭いも残りやすいものです。靴箱にしまう前は、しっかり湿気を発散し、汚れを取り除くようにしましょう。