はじめは片付けから! 大掃除を効率的に行うコツ

「大掃除がどうして中途半端に終わってしまう」「大掃除をしても、すぐに散らかってしまう」という人はいませんか? このような悩みを持つ方は、大掃除の手順が間違っていることがあります。大掃除は、まず片付けから始めましょう。収納スペースを使いやすいように整理できれば、大掃除後もあっという間に散らかってしまうこともありません。

今回は、大掃除を片付けから始めるメリットや手順を紹介します。

  1. 大掃除は片付けから始めよう
  2. 収納スペースを片付ける方法

  3. 片付けが終わった後の掃除の手順

  4. 不用品の処分方法

この記事を読めば、大掃除のスケジュールの立て方も分かるでしょう。大掃除がいつも今一つうまくいかずに悩んでいる人や、片付いた状態をキープしたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.大掃除は片付けから始めよう

はじめに、大掃除を片付けから始める理由やメリットを紹介します。

1-1.片付けないと大掃除がはかどらない

大掃除は、普段手が回りにくい場所まで掃除をしてすっきりとした気持ちで新年を迎えるために行うものです。しかし、部屋にものがあふれていたり散らかったりしていたら、掃除ははかどりません。

1-2.収納スペースにものを押し込んでも片付けではない

収納スペースに散らかっているものを押し込んで、片付けた気分になっていませんか? 片付けとは、ものの置き場所を決めて出しやすいように整理整頓することです。また、何も考えずにものを押し込んだだけでは、すぐに元通りに散らかってしまうでしょう。

1-3.収納スペースをすっきりさせれば散らかった部屋が片付く

押し入れやクローゼットなど大きな収納スペースだけでなく、引き出しのような小さな収納スペースもいつの間にか不要なものがたまりがちです。これらを捨てることができれば、収納スペースに余裕ができます。そうすれば、テーブルや棚・椅子の上などに置きっぱなしのものが、収納スペースに収まるでしょう。大掃除はその後で行ったほうがやりやすいはずです。

2.収納スペースを片付ける方法

この項では、収納スペースの片付けを上手に行う方法を紹介します。

2-1.小さい収納スペースから片付けていく

クローゼットや押入れなど、大きな収納スペースを片付けるのは時間がかかります。また、片付けや整理整頓になれていないと、途中で嫌になってしまうでしょう。まずは机や食器棚の引き出しから片付けをしましょう。小さな場所でも不用品を捨て、整理整頓ができると達成感が覚えられ、やる気が出ます。また、小さい引き出しなら整理整頓も簡単です。なお、収納スペースの片付け方は大きさに関係なく、ものを全部出す、不用品と必要なものに分ける、不要なものを捨てて必要なものをしまうという手順で進めましょう。

2-2.自分で捨てる基準をルール化する

ものをなかなか捨てられない人は、珍しくありません。捨てるつもりでも、いざ現物を目の前にすると「高かったから」「いつか使うかも」と思ってしまうこともあるでしょう。そこで、自分の中で捨てる基準を作りましょう。たとえば、1年使わなかったものは捨てる、年齢的に似合わなくなったものは捨てるなどです。そうすれば、迷いを断ち切ることができます。どうしても決心がつかないものは、ダンボールなどにつめて、1か月封をしておきましょう。1か月後、何を入れたか思い出せないようならば、それは必要のないものです。なお、処分保留にするものは、ダンボール一箱までなど数を決めておきましょう。

2-3.クローゼットや押入れなど大きな収納スペースは収納グッズを活用する

クローゼットや押入れなど大きな収納スペースは、衣装ケースなど収納グッズを活用しましょう。収納グッズはものを整理整頓するだけでなく、ものがどのくらいあるのか把握するのにも使えます。たとえば、服は衣装ケース2つまでと決めておくと、ものが増えすぎるのを防ぎます。

2-4.よく使うものは、胸から目線の高さにしまう

普段使いの洋服やよく使うものは、胸から目線の高さにしまいます。クローゼットなど洋服をつるす場所では、真ん中あたりによく使うものをかけておきましょう。また、こまごまとした文房具などは小さな箱に入れておき、それごと引き出しの中に入れるようにすれば、引き出しの中で行方不明になることもないでしょう。

2-5.使ったらしまうを徹底する

整理整頓をした状態を長くキープするには、使ったら元の場所に戻すことを徹底しましょう。そのために、出しやすくしまいやすい収納の仕方を考える必要があります。よく使うものは引き出しを開けるだけで取りだせる場所に置いておく、一時置き場を作り、日中はそこによく使うものを収納し、寝る前に片付けるなど、自分なりの工夫をしましょう。そうすれば、整理整頓した状態をキープできます。

3.片付けが終わった後の掃除の手順

この項では、片付けが終わった後、どこを重点的に掃除するかなどを解説します。

3-1.普段は手が回りにくい場所を重点的に掃除する

大掃除は、普段手が回りにくい場所を重点的に掃除しましょう。一例をあげると、換気扇・コンロ回り・窓・ベランダなどです。片付けが終わり、すっきりとした室内は汚れもよく見えるようになっていることでしょう。汚れているところから優先的に掃除しましょう。

3-2.キッチン・窓・外回りとカテゴリーごとに分けて掃除する

汚れている場所が何か所もあると、あちこち目移りしがちです。そこで、「何時~何時まではキッチン、何時~何時までは窓」とカテゴリー別に分けて掃除しましょう。掃除は上から下、奥から手前と行っていくのが基本です。キッチンならば、まずは換気扇とレンジフードを掃除し、次にコンロ回り、シンクの中などを掃除していくのがおすすめです。1戸建てやファミリータイプの3LDK以上のマンションならば、何日かに分けて掃除をしましょう。1日で全部やろうと思ってはいけません。

3-3.外回りの掃除は天気優先

ベランダや庭など外回りの掃除は、天気と気温を見て掃除の日を決めましょう。晴れて風がない日が掃除日和です。

3-4.プロに依頼することも考える

年末は仕事が忙しい時期でもあります。共働きの家庭ならば「掃除をしている時間がない」という人もいるでしょう。そのような場合は、プロに掃除を依頼するのもおすすめです。キッチン・バス・トイレなど1か所当たり数千円~1万円代が相場なので、気になる箇所だけ依頼してもいいでしょう。複数個所の掃除をまとめて頼むと割引などの特典がつくこともあります。ただし、年末は混みあうので、早めに依頼するか年が明けてからゆっくり依頼するのもいいでしょう。

4.不用品の処分方法

この項では、不用品の処分方法を紹介します。

4-1.中古でも需要があり、売却できる可能性のあるもの

まだ使えるものが不要になったので売却したいと考えている人もいるでしょう。売却できる可能性があるのは、以下のようなものです。

  • 製造後5年以内の家電
  • 衣装ケース
  • 色あせや破れなどがない子ども服
  • 子ども用の礼服
  • 本・CD・DVD
  • ゲーム機とゲームソフト

服や家電・ゲーム機・ゲームソフトは新しいもの、本・CD・DVDはキレイなものほど高値がつきやすくなります。不要になったらすぐに売却しましょう。

4-2.粗大ゴミは出し方をよく確認する

粗大ゴミは、自治体によって回収方法が違います。無料なところもあれば、有料なところもあるので事前に市役所のサイトなどで確認しておきましょう。また、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビは家電リサイクル券を購入し、家電量販店に引き取りを依頼するか、自分で自治体で定められた回収場所に持っていく必要があります。パソコンは、基本的にはメーカー回収です。2003年以降に製造され、PCリサイクルマークが貼ってある製品は無料回収してくれます。まずはメーカーのサイトを確認してみましょう。

4-3.不用品回収業者を利用してみる

不用品回収業者は、有料で不用品を回収してくれる業者です。早ければ依頼した日に見積もりを作製してくれるので、「不用品を一度にすぐ回収してほしい」場合は、利用してみましょう。なお、不用品回収業者によっては買取も行っているので、家電など買取希望の場合は、買取もしている業者を利用しましょう。

まとめ

今回は大掃除を片付けからやるメリットや方法を紹介しました。掃除をする前にまず掃除しやすい部屋を作ることが大切です。特に、部屋が散らかって足の踏み場がない人は、片付け8、掃除2くらいの気持ちで徹底して片付けを行いましょう。