誰でも汚部屋の住人になる可能性がある? 汚部屋になる原因・予防法を紹介

ゴミで部屋が埋まり、日常生活もままならないほど散らかった部屋を汚部屋(おべや)と言います。テレビなどで見たことのある人もいるでしょう。「とてもだらしのない人が、汚部屋を作る」「自分は、毎日掃除をしているから汚部屋とは無関係」と思ってはいませんか? しかし、ちょっとしたきっかけで誰もが汚部屋の住人になってしまう可能性があります。

今回は、汚部屋ができる原因や汚部屋を作らないために気をつけるポイントを紹介しましょう。

  1. 汚部屋を作る原因
  2. 部屋のデメリット

  3. 汚部屋を作らないようにするコツ

  4. 汚部屋を作ってしまった場合の対処方法

この記事を読めば、汚部屋になってしまった場合の片づけ方も分かります。掃除が苦手な人や部屋が散らかりがちな人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.汚部屋を作る原因

はじめに、汚部屋を作ってしまう人の特徴やきっかけを紹介します。

1-1.床やテーブルの上にものを置くのが習慣になっている人は汚部屋を作りやすい

床やテーブルは、本来ものを置きっぱなしにするところではありません。また、床やテーブルが常時ものに占領されていれば、生活に支障が出ます。この状態が「普通」になってしまうと、ものが少し増えたりゴミを出し忘れたりしたとたん一気に汚部屋化が進んでしまうでしょう。

1-2.ものを捨てるのが下手な人は汚部屋を作りやすい

不要になったものでも、「いつか使うかもしれない」「これは高かった」と理由をつけて取っておく人は、決して珍しくありません。しかし、どんなに広い家でも収納スペースに限度があります。ものを捨てるペースよりも増やすペースが早ければ、ものはやがて収納スペースをはみ出し、居住スペースを圧迫していくでしょう。年月をかけて汚部屋を作っているようなものです。

1-3.強いストレスは汚部屋の原因となる

仕事などが忙しかったりとてもショックなことがあったりすると、いろいろなことが億劫になりがちです。特に、ゴミの分別が厳しい自治体に住んでいると、ゴミを捨てることが面倒くさくなることもあるでしょう。この状態が続くと、ゴミが部屋の中にたまって汚部屋になります。また、やる気の出ない状態が長期間続いているときはうつ病の可能性もあるでしょう。

1-4.高齢になると汚部屋を作りやすくなる

高齢になると、健康な人でも認知能力がだんだんと低下していきます。自治体のゴミ捨てルールが理解できずにゴミを捨てられなくなる人もいるでしょう。また、体が思うように動かなくなってもゴミを捨てるのが億劫になり、汚部屋になってしまうこともあります。

2.汚部屋のデメリット

汚部屋を作ってしまうと、以下のような弊害があります。

  • 衛生状態が悪化し、健康被害が出やすくなる
  • 賃貸物件の場合は、即刻退去を求められる。その際、高額な修繕費を要求される可能性も高い
  • 悪臭や害虫・ねずみなどが発生し、近所迷惑になる
  • 放火される危険度が高まる
  • 高齢の親が汚部屋を残して亡くなった場合、子どもが片づけなければならない

このように、よいことは1つもありません。

3.汚部屋を作らないようにするコツ

汚部屋は一度作ると、片づけが大変です。この項では、汚部屋を作らないようにするコツを紹介します。

3-1.不用品を捨てるルールを決める

ものを捨てられない人は、「1年使わなかったものを捨てる」などのルールを決めて厳守しましょう。1年使わなかった日用品は、これからもほぼ使うことはありません。自分ではどうしても捨てられない場合は、家族や友人に依頼して捨ててもらってもいいでしょう。

3-2.大きなゴミ箱を複数用意する

ペットボトルやお弁当・惣菜(そうざい)の空き容器などが散らかりがちな場合は、ゴミの種類ごとにゴミ箱を用意しておきましょう。ワンステップでゴミを捨てられるようにすれば、「分別が億劫」と思うこともなくなります。ゴミ箱にゴミ袋をセットしておけば、回収日にゴミ袋を引き抜くだけで始末することができるでしょう。

3-3.24時間ゴミを捨てられる物件に住む

仕事が忙しく、ゴミの回収日にゴミを捨てられない場合は、24時間いつでもゴミが捨てられる物件に引っ越すのもおすすめです。いつでもゴミを捨てることができれば、前項でご紹介したような方法で集めておいたゴミをスムーズに捨てられます。

3-4.家事代行サービスを依頼する

家事代行サービスとは、掃除・洗濯・ゴミ捨てなどを依頼できるサービスです。1時間単位で依頼できるところもあり、料金も数千円~と手ごろになっています。仕事が忙しい、高齢で体の自由がききにくくなったというときは依頼してみましょう。汚部屋を作ってから片づけを依頼するよりは安く済みます。ダスキンのような全国に支店がある業者の場合、子どもが親の家に依頼することもできるので便利です。

3-5.50歳以上になったら断捨離を試みる

高齢になるほど、ものの管理は難しくなります。50歳以上になったら、不要なものを処分する断捨離を行いましょう。管理するものが少ないほど、家をキレイに保ちやすくなります。

3-6.床やテーブルの上にものを置かないことを徹底する

床やテーブルの上にものを置き始めてしまうと、あっという間に足の踏み場がなくなってしまいます。床・テーブル・イスの上にはものを置かないことを徹底しましょう。

4.汚部屋を作ってしまった場合の対処方法

この項では、すでに汚部屋を作ってしまった場合の対処方法を紹介します。

4-1.個人で片づけられる汚部屋の特徴

汚部屋でも、自分で片づけられるものと業者に依頼しなければ、片づけが難しいものがあります。個人で片づけられる汚部屋の特徴は、以下のとおりです。

  • ゴミで足の踏み場のない場所が、1~2部屋だけ
  • ゴミはくるぶしのあたりまでで、害虫やネズミがあまり発生していない
  • 水回りは機能しており、風呂・トイレは使える
  • ゴミはほとんどが自治体で回収できるゴミ

汚部屋の片づけ方は意外と単純で、ゴミ袋に貴重品以外のものを分別して詰めていくだけです。人手があればあるほど早く片づくので、協力者を募りましょう。

4-2.汚部屋を片づけてくれる業者について

汚部屋の掃除は、汚部屋を片づける専門の業者に依頼しましょう。一般的なハウスクリーニングや家事代行サービスの会社では、引き受けてもらえません。インターネットを利用すればすぐに最寄りの業者が見つかるでしょう。

汚部屋の片づけは、ゴミが多く汚れがひどいほど費用と時間がかかります。前項でご紹介したような状態でも、「自分では片づけられない」と思ったら、可能な限り早く業者に依頼してください。業者は仕事ですから、恥ずかしがる必要はありません。

まとめ

今回は汚部屋ができる原因や、汚部屋化を予防する方法などを解説しました。誰でも汚部屋の住人になる可能性があります。また、汚部屋になってから時間がたつほど片づけが大変になるでしょう。ゴミ捨てが億劫になったら、この記事を参考にできるだけ部屋にものを持ち込まないようにするか、家事代行サービスなどを依頼するのがおすすめです。