汚部屋の片付けの手順を紹介! この通りにやれば片付きます!

「汚部屋(おべや)を何とかしたいが、方法が分からない」「汚部屋を片付けようと何度もがんばったが、いつも途中で挫折する」と悩んでいる人はいませんか? 床が見えないほどものやゴミが散らかった「汚部屋」を片付けるには、手順が大切です。今回は、汚部屋を片付ける手順や方法を紹介しましょう。

  1. 汚部屋を片付ける手順が重要な理由
  2. 汚部屋の片付けをする前の準備
  3. 汚部屋の片付け手順その1:明らかなゴミを捨てる
  4. 汚部屋の片付け手順その2:不用品と必要なものを仕分けする
  5. 汚部屋の片付け手順その3:必要なものだけ収納して掃除をする
  6. ゴミの捨て方で悩んだ場合は業者に依頼する
  7. 汚部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読めば、汚部屋をキレイにするやり方がよく分かります。汚部屋を何とかして片付けたいと思っている人は、ぜひ読んでみてください。

1.汚部屋を片付ける手順が重要な理由

汚部屋とは、ゴミと必要なものが入り混じり床が見えないほど散らかった状態の部屋のことです。家全体が同じような状態だと、「ゴミ屋敷」と呼ばれることもあるでしょう。汚部屋の掃除がうまくいかない理由の1つに、「どこから手をつけていいか分からない」というものがあります。つまり、どこから手をつけていいか分かれば、掃除がうまくいく可能性が高まるのです。掃除の手順を明確にすることで、汚部屋がぐっと片付けやすくなるでしょう。

2.汚部屋の片付けをする前の準備

この項では、自分たちで片付けられる汚部屋の例や必要な道具を紹介します。

2-1.個人で片付けられる汚部屋の一例

個人でも人数がいれば片付けられる汚部屋の特徴は、以下のようなものです。

  • 水回りは機能しており、日常生活は送れる部屋
  • ゴミに埋もれた部分が、1R~1LDK程度
  • ゴミの量がひざ下まで

水回りも完全にゴミに埋まって機能していない場合や、2LDK以上の部屋がすべてゴミで埋まっている場合は、業者に依頼した方がいいでしょう。

2-2.汚部屋掃除に準備するもの

汚部屋掃除には、以下のような道具を準備しましょう。

  • 45Lのゴミ袋(もしくは、自治体指定のゴミ袋)
  • マスク・手袋
  • 荷造り用のひもやガムテープ
  • 貴重品を入れる袋やダンボール

なお、ゴミ袋は1人あたり10枚ずつくらいの割合で用意しましょう。車を使えるならば、自治体のゴミ処理場にゴミを持ち込めるか問い合わせておいてください。また、自治体のゴミの分別表も用意しておくと便利です。

2-3.汚部屋の片付けに必要な人数

汚部屋は、手分けして片付けるのが効率的です。可能ならば、1Rならば2~3人、1LDKならば3~5人の人手を集めましょう。「自分だけでやりたい」という場合は、できるだけ早い時間から始めてください。また、1人だけでやる場合は狭い場所から始めるとモチベーションが続きやすくなります。

3.汚部屋の片付け手順その1:明らかなゴミを捨てる

この項では、ゴミの捨て方や分別方法を紹介します。

3-1.明らかなゴミをまず捨てる

空き箱・からの袋・ペットボトルなど、明らかなゴミは迷いがありません。ドンドン捨てていきましょう。明らかなゴミだけでも捨てることができれば、だいぶすっきりすることもあります。

3-2.ゴミを詰める人と運ぶ人に分ける

汚部屋の掃除の際悩みやすいのが、ゴミを詰めたゴミ袋の置き場です。いつでもゴミを捨てられるゴミ捨て場がある場合は、ゴミを詰める人とゴミ捨て場に運ぶ人に分かれて作業をしましょう。また、自治体のゴミ処理場に持ち込める場合は、ワゴンタイプの車にゴミ袋を積めるだけ積んで運んでください。

4.汚部屋の片付け手順その2:不用品と必要なものを仕分けする

この項では、不用品と必要なものの仕分け方を紹介しましょう。

4-1.迷ったら捨てるを徹底する

汚部屋を作ってしまう人は、必要なものと不用なものの区別がつきにくくなっています。ですから、迷ったら捨てるを徹底しましょう。さまざまなものが汚部屋にあった時点で、汚れたり傷んだりしています。洋服などは新しいものを買い替えればいいという気持ちで片付けましょう。

4-2.迷ったら保留箱を利用する

どうしても迷ったら、保留箱を利用しましょう。ダンボール箱などに迷ったものを入れておき、後で判断します。しかし、保留箱が増えすぎても困るので、ダンボール箱1つだけにするなど、数を決めておきましょう。

4-3.貴重品はチャック付きの袋に入れる

貯金通帳・カード類・印鑑などはチャック付きの袋に入れて保管しましょう。そうすれば、バタバタしていても再び所在が不明になる心配もなくなります。

4-4.不用品を仕分けする

不用品がある程度たまったら、粗大ゴミ・不燃ゴミ・燃えるゴミなどに分類しましょう。これも、手分けしてゴミ捨て場や処理場に運んでください。

5.汚部屋の片付け手順その3:必要なものだけ収納して掃除をする

この項では、整理整頓の方法を紹介します。

5-1.必要なものを収納する

必要なものがピックアップできたら、収納します。使うものは必ず使う場所にしまいましょう。また、よく使うものは胸から目線の高さに収納すると取り出しやすくなります。

5-2.使う本人が収納する

収納は、必ず使う本人が行いましょう。そうすれば、使い勝手がよいように収納できます。片付けが苦手なら、毎日使うものだけを取り出しやすいところに収納しましょう。適当に収納場所に突っ込んではいけません。なお、保留分は1か月ほどあえて放っておき、1か月後に必要ないと思ったら潔く処分してください。

5-3.掃除をする

ここまで来たら、床がキレイに見えているはずです。拭き掃除や掃除機がけを行いましょう。

6.ゴミの捨て方で悩んだ場合は業者に依頼する

自治体のゴミ処理場にゴミを持ち込めない場合、粗大ゴミだけでも不用品回収業者に依頼するといいでしょう。特に、デスクトップパソコン・冷蔵庫・テレビ・エアコン・冷蔵庫はどの自治体でも回収してもらえません。不用品回収業者に依頼すれば、早ければその日のうちに見積もりを出してくれるでしょう。燃えるゴミは、多くの自治体で週に2~3回回収日があります。ゴミ処理場に持ち込めない場合は、一か所にまとめておいてゴミの日に出してください。

7.汚部屋の片付けに関するよくある質問

この項では、汚部屋の片付けに関するよくある質問を紹介します。

Q.自分で汚部屋の手に負えない場合は、業者に依頼した方がいいでしょうか?
A.はい。2LDK以上の部屋がすべてゴミで埋まっている場合や、水回りが全く使えなくなっている場合は、業者に依頼しましょう。

Q.業者に依頼するとどのくらいの費用がかかりますか?
A.片付けるゴミの量によって決まりますが、数万円~数十万円ほどかかるでしょう。

Q.ゴミをまとめるまではできるのですが、ゴミ処理場に持っていくことだけを誰かに依頼したいのですが、可能ですか?
A.便利屋などに頼むといいでしょう。

Q.畳などが腐っている場合はどうしたらいいですか?
A.床や畳がひどく傷んでしまった場合は、ゴミを片付けたら早急に業者に連絡して修繕してもらってください。

Q.自分でゴミを処理場に持ち込む場合は、有料ですか?
A.自治体によっても異なりますが、1kgあたり数百円かかることもあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、汚部屋の片付けの手順を紹介しました。手順さえ守れば、汚部屋は片付けることができます。紹介した手順で、ぜひ片付けてみてください。また、故人の手に負えないと思ったら、業者を利用しましょう。業者は慣れていますので、汚部屋を片付けてもらうことに恥ずかしさなどを感じることはありません。