より安全に乗るために! 自転車汚れ洗浄のポイントまとめ 

自転車の汚れは、つい面倒で掃除を後回しにしまったことはありませんか? 中には今まで一度も自転車を洗浄したことがない方もいらっしゃるでしょう。しかし、自転車を洗浄することでさまざまなメリットがあります。また、ポイントをおさえれば意外に簡単に自転車をきれいにできるのです。

そこで今回は、自転車の洗浄方法についてご紹介します。

  1. 自転車は洗う必要があるの?
  2. 自転車の洗浄に必要なもの
  3. 自転車の洗浄方法について
  4. 自転車洗浄についてよくある質問

自転車の洗浄方法を知りたい方・汚れの落とし方を知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.自転車は洗う必要があるの?

まずは、自転車の汚れや洗浄の必要性についてご紹介します。

1-1.自転車の汚れはどこにつく?

屋外を走る自転車は、泥やホコリなどの汚れが多く付着します。中でも、タイヤ・タイヤ裏のボディー部分・泥よけカバーは、泥が特に付着しやすいでしょう。また、自転車のオイルがボディー部分に付着することもあります。

1-2.自転車の洗浄の必要性は?

どうせすぐ汚れるから……と、自転車の洗浄を一度もしたことがない方もいらっしゃるでしょう。しかし、自転車の洗浄には以下のようなメリットがあるのです。

  • チェーンの摩擦抵抗が低くなることで早く走れる・寿命が延びる
  • 自転車がきれいだと、不具合の発生(ヒビ割れやゴム割れ)にすぐ気付ける
  • 盗難防止に役立つ(汚れた自転車は盗まれやすい)

1-3.自転車洗浄の頻度は?

できれば月に1回は洗浄するようにしましょう。また、雨天時の走行後や、泥道を走った後は洗浄・掃除をしてください。自転車についた汚れが固まらないうちに掃除するほうが楽です。

2.自転車の洗浄に必要なもの

次に、自転車洗浄で必要なものなどをご紹介します。

2-1.自転車洗浄に使うもの

2-1-1.ウェス・雑巾など

自転車を掃除するには、使い捨ての布類がおすすめです。自転車を拭いた後の雑巾はかなり汚れるので、洗ってから使い回すのは非効率でしょう。古着を切ったものでもOK。Tシャツのような生地は、掃除しやすくおすすめです。マイクロファイバークロスや、固めの布類を使うときは、一度目立たないところを拭いてみて、自転車に傷がつかないかをチェックしましょう。

2-1-2.軍手・グローブなど

自転車掃除の際は、手がかなり汚れます。汚れてもいい軍手などを用意しておきましょう。軍手も基本的には使い捨てです。汚れた軍手で掃除をすると、汚れを広げてしまうことにもなるでしょう。

2-1-3.チェーンクリーナー・マルチクリーナー

自転車の洗浄剤は泡タイプのものが使いやすいでしょう。ボディー用(マルチ)とチェーン用があるので、セットでそろえてみてください。マルチクリーナーは、「水なし」「拭き上げタイプ」「自転車クリーナー」という種類のものがおすすめです。

2-1-4.チェーンオイル

チェーンを洗浄した後、チェーンオイルをさすと寿命が延びます。チェーンオイルは、基本的には市販のもので大丈夫です。1,000円前後で購入することができます。

2-2.掃除する場所は?

自転車についた泥や葉っぱなどを落とす際は屋外で行うとよいでしょう。ただし、周囲の方に迷惑にならないように注意してください。屋内で行う場合は、玄関やお風呂場などが便利ですが、難しければフローリングなどに新聞紙を敷いてもOKです。洗浄剤などが想像以上に垂れるため、タイヤやチェーンの下にはタオルを敷くと安心でしょう。

3.自転車の洗浄方法について

次に、自転車の洗浄方法を具体的にご紹介します。

3-1.自転車は水洗いNG

自転車は、拭き掃除が基本です。「自転車は雨にぬれることもあるのだから、水をかけて掃除してもいいのでは?」と思われる方もいますが、自転車はぬらさないに越したことはありません。自転車掃除には、固く絞った水拭きや、泡タイプの洗浄剤の利用がおすすめです。

3-2.自転車掃除の手順

次に、自転車洗浄の手順をご説明します。

3-2-1.必要なものを準備する

上記でご紹介したものを先に準備します。自転車の掃除中は手(軍手)が汚れるので、後から道具を用意しようとすると、効率が悪くなってしまうでしょう。

3-2-2.チェーンを拭く

チェーン用洗浄フォームを使って、ウェスなどでチェーンの汚れを拭き取ります。自宅で掃除する際は、チェーンは外さなくてOKです。拭ける範囲で掃除しましょう。

3-2-3.ボディー・ホイールを拭く

固く絞った水拭きで、ボディーとホイールを拭いていきます。汚れがひどい場合は洗浄フォームを使いましょう。自転車専用の洗剤以外は使わないでください。また、布類はこまめに交換し、常にきれいな面で拭き取るようにします。

3-3.自転車掃除のポイント

3-3-1.汚れがついたらすぐに掃除

自転車についた泥汚れは、時間が経過すると固化して落としにくくなってしまいます。そのため、なるべく早く掃除するのが大切です。汚れに気付いたときにティッシュなどで軽く拭き取るだけでも効果があるでしょう。

3-3-2.見えない部分の汚れにも注意

可能であれば、自転車を逆さにおいて掃除しましょう。見えない部分にも泥がはねていることがあります。

3-3-3.専用洗剤以外や研磨剤は使わない

自転車のボディーやホイールは比較的丈夫ですが、研磨剤は使用しないほうがよいでしょう。ツヤや塗装がはがれてしまう可能性があります。また、家庭用洗剤や漂白剤など、自転車専用でない洗剤の利用も控えてください。

3-3-4.プロに依頼する

自転車屋さんや、清掃業者に依頼するという方法もあります。チェーンをとりはずして洗ってくれたり、ギアやディレイラーなど素人では手をつけられない部分も洗浄してくれたりするでしょう。また、洗浄と併せて定期的にメンテナンス・点検に出すことも大切です。自転車の傷みを早いうちにチェックすることができるでしょう。

4.自転車洗浄についてよくある質問

自転車洗浄についてよくある質問にお答えします

Q.細かい部分の掃除は?
A.手が届かないような隙間の掃除は、綿棒や割り箸が便利です。割り箸に薄めの布を巻きつけて輪ゴムなどでとめて拭き掃除に使えば、細かい場所まで届くでしょう。

Q.チェーンの注油はどのくらいの頻度でするの?
A.3か月に1回くらいが目安です。自転車屋さんでも500円くらいでやってもらえるので、自分でやるのが面倒という方は依頼してもよいでしょう。

Q.自転車の掃除をこまめに行うコツは?
A.リュックなどにあらかじめウェスなどを入れておき、帰宅したらすぐに拭く習慣をつけるとよいでしょう。ウェスなどでこまめにから拭きすることを優先してください。

Q.ホイールは拭く必要があるの?
A.ホイールはもともと黒く、またすぐに汚れるため、掃除をしないという方も多いでしょう。しかし、ホイールも掃除することによって、タイヤ部分のガタツキやゴムの劣化に気付くことができます。

Q.メンテナンスはどのくらいの頻度で行ったらいいですか?
A.自転車屋さんによる点検は、年に1度は行えるとよいでしょう。店舗によってはサービスで自転車を軽く掃除してくれるところもあります。プロに見てもらうことで自転車を美しくより安全に保つことができるでしょう。

まとめ

自転車の洗浄や掃除方法についてご紹介しました。自転車をきれいに保つことは、自転車の寿命を延ばすことにもつながります。また、自転車がピカピカだと、サイクリングや通勤がより快適になるでしょう。今回ご紹介した内容を参考にして、自転車をこまめに掃除することを習慣にしてみてください!