自宅の床をきれいにする方法は? 4つのポイントを紹介!

夏になって自宅の床の汚れが気になってきたということはありませんか? 特に、スリッパを使わずに裸足で過ごしている場合、足裏の汗や皮脂が床についてしまい、他の季節よりも汚れやすいのです。あなたは自宅の床をどのように掃除していますか? 「床」とひとくちに言ってもタイプは様々。フローリングや畳・カーペットの床もありますし、お風呂場の床も材質が異なりますよね。

床を常にきれいにしておくためには、それぞれの床に合った方法で掃除をする必要があるのです。 どんな方法があるのか知りたいと思いませんか? そこで本日は、床の掃除方法を4つご紹介します。

  1. フローリングは掃除機と固めに絞った雑巾で!
  2. 畳は布団たたきと掃除機で!
  3. カーペットは目と逆方向に掃除機を!
  4. お風呂場の床はお風呂に入ったついでに掃除!

1.フローリングは掃除機と固めに絞った雑巾で!

フローリングがベタベタする時には水拭きをする必要があります。とはいえ、やりすぎるとフローリングのコーティングが剥がれてしまうので注意しましょう。

  1. フローリングに掃除機をかけ汚れを取る。
  2. 固くしぼった雑巾で素早くフローリングを拭く。
  3. 乾拭きする。

フローリングの床はこのような方法できれいにすることができますよ。

フローリングは拭き掃除すればキレイになるんですね。
はい。特に皮脂汚れなどは拭き掃除でキレイになるでしょう。

2.畳は布団たたきと掃除機で!

畳の床には知らない間にホコリが入り込んでしまいます。畳の床をきれいにするためにはまずそのホコリをたたき出す必要があるのです。

  1. 畳の隙間に入り込んだホコリを叩き出す。
  2. 畳の目に沿って掃除機をかける。
  3. 固く絞った雑巾で水拭き。

このような方法で畳を掃除することができます。水に少しだけ酢を加えて水拭きすると除菌効果があります。試してみてください。

畳のホコリを叩きだせば、キレイになるんですね。
はい。ぜひ試してみましょう。

3.カーペットは目と逆方向に掃除機を!

あなたの自宅ではカーペットを敷いていますか? カーペットの中にはホコリがたまりやすいですよね。 カーペット掃除は掃除機で行うのが基本です。汚れやニオイが気になる時にはカーペットに重曹をまいてしばらく放置しましょう。そのあとゴム手袋をはめた手で良くこすると残ったホコリや嫌な臭いを取り除くことができます。

  1. 目と逆に掃除機をかける。
  2. 汚れがひどい時には重曹をまく。
  3. ゴム手袋をした手でよくこする。

カーペットの床はこのような方法できれいにすることができますよ。

カーペットは目と逆に掃除機をかけるといいんですね。
はい。そのほうがキレイにゴミを取ることができます。

4.お風呂場の床はお風呂に入ったついでに掃除!

お風呂場の床が汚れていると気持ち良いお風呂の時間も台無しですよね。お風呂場の床汚れはカビや石鹸カスが原因です。 お風呂に入った後で床をきれいに洗い流し、乾いたタオルで拭いておきましょう。

  1. お風呂に入ったついでに床の汚れを洗い流す。
  2. 湿気がたまらないように換気する。
  3. 頑固な汚れには重曹やお酢をふりかけて磨く。

これらのポイントを意識すればお風呂場の床を常に綺麗な状態にしておくことができるでしょう。

お風呂に入ったついでに掃除するといいんですね。
はい。そうすれば汚れがこびりつく前に掃除することができます。

まとめ

この記事では、家の床をきれいにする方法を4つご紹介しました。ポイントをまとめると、

  • フローリング床の掃除は掃除機と固めに絞った雑巾を使う。
  • 畳の掃除は布団たたきと掃除機を使って行なう。
  • カーペットの床は目と逆に掃除機をかける。
  • お風呂場の床掃除はお風呂に入ったついでに行なう。

これらのポイントを意識しておけば、あなたの自宅の床をきれいな状態にしておくことができますよ。 フローリングをさらにピカピカにしたいなら、業者に頼むというのも一つの手です。